公式 @ignobel-fuk をフォロー&リツイートで
チケットの購入はこちらから

2021年イグ・ノーベル賞授賞式開催を記念して、9/9は入場無料!

2021年のイグ・ノーベル賞授賞式は、アメリカ・ボストン時間9/9(木)18:00~〔日本時間9/10(金)7:00~〕、アメリカよりオンライン配信で行われます。

授賞式の中で恒例となっているのは、観衆全員が紙飛行機を作り、舞台に立った的(人)にめがけて投げるセレモニー。受賞者の旅費・滞在費は自己負担で、スピーチでは「笑いをとること」が要求されます。本家ノーベル賞の受賞者たちも参加して表彰を手伝ったりしています。

今年の受賞研究はどんな研究なのか!?そして15年連続の日本人受賞者が生まれるのか!?本展ではいち早く2021年度の受賞結果を発表いたします!そしてなんと、9/9(木)は2021年授賞式開催記念無料入場DAY!(展覧会公式Twitter @ignobel_fuk をフォロー&リツイートしていただいた方の限定入場となります)

※キャンペーン期間 2021/9/8 23:59まで

「イグ・ノーベル賞の世界展」とは?

「イグ・ノーベル賞」とは、1991年に創設された「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に与えられる賞で、"表のノーベル賞"に対して"裏ノーベル賞"とも言われています。授賞式は毎年秋に開催され世界的な話題となっています。これまでに日本人研究者も多数受賞し、大きな話題となりました。

本展覧会は、「イグ・ノーベル賞」を企画運営するアメリカの科学雑誌「IMPROBABLE RESEARCH(風変わりな科学雑誌)」の編集長マーク・エイブラハムズ氏の協力を得て制作される、「イグ・ノーベル賞」公式展覧会です。
受賞研究の紹介や体験コーナーなど「イグ・ノーベル賞」の軌跡を追いながら、笑って、考えさせられるユニークな研究の数々をお楽しみいただけます。
さらに、展示会に即したユーモア満載の物販販売の実施も予定しています。大きな話題を呼んだ、2018年の東京展に続き福岡での開催となります。

世界にはこんなトガった研究があったなんて!?ぜひあなたの目でお確かめ下さい。

本展の見どころ1

{イグ・ノーベル賞紹介エリア}

初めての人でも分かる「これがイグ・ノーベル賞!」社会的評価を気に止めず、情熱を傾けた風変わりな研究の数々。
与えられるトロフィーもとにかくユニーク!そして極めつけは授賞式!ハーバード大学内で行われる式典は、ハーバード大学の教授やノーベル賞受賞者も参加しハチャメチャで、座席の確保にプレミアムがつくと言われています。
このエリアでは「イグ・ノーベル賞」について分かりやすく解説し、受賞者に与えられるユニークなトロフィーの展示や、盛り上がる授賞式の様子を映像で紹介します。

本展の見どころ2

{受賞研究パネル・実物展示}

受賞者の出身国はなぜか日本とイギリスが最多。
過去の日本人受賞者の展示や、これまでの受賞のうち特にユニークな研究について、受賞者から借りた実物展示やパネルを展示します。
まさに目からうろこの展示から抱腹絶倒のものまで、研究と笑いのそのギャップの面白さ。
受賞分野は生物賞・化学賞・数学賞・経済学賞・平和賞・食物賞など8~9分野に亘り紹介します。

  • [実物展示例] ブラジャーの変身→ガスマスク

    ブラジャーがガスマスクに変身する。ガスマスクの一方はブラジャーの使用者が使い、他方は別の人に渡すことができる。
    一つで自分だけでなく、二人で使用することができるアイテムを発明。

  • バッタが映画「スター・ウォーズ」を見ている時に興奮することに対しての研究。


  • {受賞研究体験ブース}

    見るだけでなく体験もしたい、そうした希望にこたえるコーナー。
    中にはあっと驚くような体験も!?カップルからファミリーまで思わず笑いが出ること間違いなしです。

  • {物販エリア}

    展示会に即したユーモア満載の物販販売の実施も予定しております。

本展の見どころ3

  • {マーク・エイブラハムズについて}

    1991年に「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して賞を与えるイグ・ノーベル賞を創設、毎年ハーバード大学で開催される授賞式ではMCも務める。ユーモア系科学雑誌「IMPROBABLE RESEARCH(風変わりな科学雑誌)の共同設立者であり編集長。
    著書に「This is Improbable」と「The Ig Nobel Prizes」他があり、ブログ(https://www.improbable.com/)や科学・科学技術・医学を含む出版物及びウェブサイトの執筆活動も行う。

  • [マーク・エイブラハムズ氏からのメッセージ]

    まず笑い、それから考えるというイグ・ノーベル賞の受賞者数で、日本はトップクラスです。
    その理由として私は、日本の伝統にあると思います。
    この風変わりな地球と向かい合い融和する類まれな心根を持っているからです。

  • {サー・ドクター中松義郎より} 2005年「イグ・ノーベル賞」栄養学部門受賞

    「困難な道を選び、それを打ち破りつつ、それを楽しみながら進む」これを私は「撰難楽(せんなんらく)」と呼んでいます。紹介されている研究は、多くの研究者がまさに「撰難楽」の精神で完成させた素晴らしい研究です。
    世界にはこんなに素晴らしい研究がたくさんあります。
    偉大なるイグ・ノーベル賞を垣間見る世界展。ぜひあなたも天才たちのひらめきを感じてください。
    天才とはひらめきと努力、そして本物の研究は「おもしろさ」が入っているものです。この「おもしろさ」が入っている本物の研究の結晶がここにあります。

福岡展 開催概要

「イグ・ノーベル賞の世界展」 Ig Nobel Prize Exhibition
  • 会期

    2021.9/9(木)→11/3(水・祝)

    開館時間

    9:30~18:00(最終入場は17:30まで)

    ※休館日:火曜日 ※9/9(木)は2021年授賞式開催記念無料入場DAY(展覧会公式Twitterをフォロー&リツイートしていただいた方限定入場となります)

    会場

    福岡市科学館(福岡市中央区六本松4-2-1)

  • 料金・その他

    高校生以上 小・中学生 未就学児
    1,400円 900円 無料
    (前売りは各200円引き)

    ※身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の提示者本人と介護者1人、及び特定医療費(指定難病)受給者証・特定疾患医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者本人は無料

    プレイガイド
    ARTNEチケットオンライン

    ローソンチケット

    Lコード83738

    チケットぴあ

    Pコード993-310

    [主催]西日本新聞社/テレビ西日本/ドリームスタジオ

    [企画協⼒]Marc Abrahams氏(イグ・ノーベル賞主宰)

    [協賛]大王製紙株式会社

    [お問い合わせ]「イグ・ノーベル賞の世界展」事務局

    西日本新聞イベントサービス内

    TEL:092-711-5491(平日9:30-17:30)