フィンセント・ファン・ゴッホ《夜のプロヴァンスの田舎道》
1890年5月12〜15日頃
クレラー=ミュラー美術館
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands
【ご来場に関する注意事項】

・マスク着用などのご来場に関する注意事項、および本展の予定や内容は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染状況等により変更となる場合があります。

・最新の情報は本サイト等を通じて随時お知らせいたします。必ずご確認の上でご来場頂きますようお願いいたします。

・本展に関する情報は予告なく変更する場合があります。

きあう ヘレーネフィンセント

今日、世界中で愛される画家フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)。ファン・ゴッホの作品は、没後に開催された
展覧会や伝記などを通して、そのドラマチックな人生とともに幅広く知られ、人気を獲得するようになりました。
ヘレーネ・クレラー=ミュラー(1869-1939)はその立役者の一人です。ヘレーネは20世紀初頭にファン・ゴッホの人と作品に
魅了され、20年間にわたり作品をコレクションし、公開することで画家の名を世に知らしめたのです。
本展ではヘレーネが開いたクレラー=ミュラー美術館と、ゴッホ美術館のコレクションから、52点のゴッホ作品を展示します。
〈ヒマワリ〉と並ぶ代表的なシリーズ〈糸杉〉のひとつ《夜のプロヴァンスの田舎道》をはじめ、代表作とともに各地を遍歴し、
描き続けた画家の生涯を振り返りながら、ファン・ゴッホの評価と人気が高まっていく過程にも注目します。

主な出品作品

夜のプロヴァンスの田舎道

《夜のプロヴァンスの田舎道》

クレラー=ミュラー美術館 ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands
フィンセント・ファン・ゴッホ

レストランの内部

《レストランの内部》

クレラー=ミュラー美術館 ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands
フィンセント・ファン・ゴッホ

黄色い家(通り

《種まく人》

クレラー=ミュラー美術館 ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands
フィンセント・ファン・ゴッホ

種まく人

《黄色い家(通り)》

ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)
©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
フィンセント・ファン・ゴッホ

公式Twitter

チケット情報はこちら
Top