九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  コラム ›  生きる私が表すことは。 鹿児島ゆかりの現代作家展【コラム】

生きる私が表すことは。 鹿児島ゆかりの現代作家展【コラム】

2021/09/08 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

 10月16日から24日まで、鹿児島市の長島美術館で「⽣きる私が表すことは。⿅児島ゆかりの現代作家展」が開催されます。本展を企画された原田真紀さん(インディペンデント・キュレーター)より展覧会の見どころを寄稿いただきました。

**************

 少し先の未来をも想像しづらい今。「生きる」という言葉は、ずいぶん切実さを増したように思います。この現実をどう受け止め生きるのか、生きていくのか。作家一人ひとりがその問いに向き合い、それを展覧会として形にすることは、これからどのような世界を形づくり生きていくのかを考える一つの機会になると思いました。

 実は鹿児島で同時代性を映した現代美術作家の展覧会を見る機会は多くはありません。今秋、鹿児島市立美術館で開催される「フロム・ジ・エッジ 80年代鹿児島生まれの作家たち」展(10/1-11/7)は、同館で開催される、実に20年ぶりの現代美術企画展ともいわれています。

大人倫菜 <スーパー科学者マリーの白黒の部屋> 2020年

 ともに鹿児島のアートの現場を盛り上げようと企画した本展は、鹿児島出身、在住の作家による絵画や立体作品、インスタレーションなどで構成した展覧会です。参加作家たちは、自ら表現する場を切り拓きながら、個々の経験や時代性を映した作品を真摯に制作し続けてきました。生きることがそのまま表現することでもある彼女たちが、私たちを取り巻く複雑な時代を鮮やかに切り取り、作品を通して投げかけます。そこには、あたり前とされてきた社会の制度や仕組み、ジェンダー、鹿児島の地域性などが透けて見えるかもしれません。

 かつて別府や横浜の寿町、桜島などでアートプロジェクトに関わってきた美術作家のさめしまことえ(旧姓浦田琴恵)は、子どもがいる家庭の一大イベントである運動会を手がかりに、そこに潜むアンコンシャス・バイアスの可視化を試みます。
これまで糸を編み進めることで一時的に空間を異化させてきた平川渚(美術作家)は、目の前の現実に直に針を刺し、痕跡を残していく新たな作品に挑みます。
大人倫菜(美術作家)は少女が置かれた特殊な状況を物語化することで、現実と虚構の間を揺らし問いかけます。

さめしまことえ <みんなで箱にんげん!> 2020年

 

平川渚 <空相> 2020年

 本展タイトルは、作家たちの表現について同時代を生きる私たち自身がどう受け取り、感じたことを表すかという意味も重ねています。つまり、〈生きるあなたが表すことは?〉とう問い。そこで立ち上がった思いを発し、共有する場として、会場では作品について作家や鑑賞者同士の対話を促すような仕掛けもあります。従来の「表現する側/見る側」を越えた、意識の共有や波動を感じる新たな場となれば幸いです。

(本展企画 原田真紀/インディペンデント・キュレーター)

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 7a861c8119
終了間近

特別展
北村直登展

2021/07/22(木) 〜 2021/09/20(月)
大分市美術館

Thumb mini 3cde26cde4

夏の特別展
THE モンスター展II-攻撃と防御-

2021/07/17(土) 〜 2021/09/26(日)
北九州市立いのちのたび博物館

Thumb mini 18e832858d

青いろの世界 いちだみなみ展

2021/07/24(土) 〜 2021/09/26(日)
長島美術館

Thumb mini 4a6c9783a8

ざんねんないきもの展 in 福岡PARCO

2021/07/31(土) 〜 2021/09/26(日)
福岡パルコ 本館5F

Thumb mini b9b8585a65

キングダム展 −信−
KINGDOM exhibition The Road of SHIN

2021/08/03(火) 〜 2021/09/26(日)
福岡市美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini e7b00a340e
コラム

絵も音楽も、自分自身ポップなんだ 9月、福岡市で個展 藤井 フミヤさん/エンタメMAX

Thumb mini 573c639a53
コラム

福岡の芸術空間巡る「アートウイーク」 26日まで18会場で  ※西日本新聞me有料会員限定記事

Thumb mini a0aa1efd9a
コラム

斬新な若手芸術家を発掘 20代2人運営、博多区に新たなアートスペース  ※西日本新聞me有料会員限定記事

Noimage
コラム

朝刊太郎の雑記帳 上別府 保慶=キングダム展の隠し味

Thumb mini 437a6a6d97
コラム

現代美術作家 ボルタンスキーさんを偲んで 寄稿 福満葉子  ※西日本新聞me有料会員限定記事

特集記事をもっと見る