九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  コラム ›  画家は何を見つめた/熊本・小国町の坂本善三美術館/7月まで、十人十色の風景画展 【コラム】

画家は何を見つめた/熊本・小国町の坂本善三美術館/7月まで、十人十色の風景画展 【コラム】

2019/06/26 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

画家たちは風景のどこに目を向け、心を注ぐのか―。「十人十色の風景画」と題した作品展が、新緑の山里にある坂本善三美術館(熊本県小国町)で開かれている。阿蘇の大自然を見つめる中で独自の抽象画にたどり着いた坂本善三(1911~87)をはじめとし、画家10人の収蔵作を通して、そのまなざしに触れられる。7月7日まで。

新緑の森に囲まれ、全館畳敷きの坂本善三美術館

同町出身の坂本は戦後間もない1950年代、絵筆など道具を持たず、阿蘇カルデラを一望する場所に通い続ける。渡仏修業などを経て「等価値」という新たな視座をつかみ、60年代に具象から抽象へと画風を転換した。

企画した学芸員の山下弘子さん(48)は「阿蘇の風景を描こうとするとき、どこか一部を切り取ったり、主題と背景といった捉え方をしたりするだけでは表現しきれなかったのでしょう」と解説する。

坂本善三が描いた「青の阿蘇」について説明する山下弘子さん

「大観峰の足元から、田畑が広がる阿蘇谷、雄大な五岳、無限の空と、視界を移していくうち、正面と後ろの風景がつながっていること(等価値)に気付き、ひらめきを得たのです」

展示されている油彩「青の阿蘇」(1940年)は、ちょうど今ごろの新緑の五岳を具象で描いている。60年代の作とみられる油彩「外輪山」では、空と外輪山、平野部を3層で表現した抽象画となり、変遷がうかがえる。

坂本善三が描いた「青の阿蘇」(坂本善三美術館提供)

「グレーの画家」とも呼ばれた坂本。「外輪山」の空もグレーで、山下さんは「グレーの原点には、朝霧に包まれる小国の風景があったとされます。毎日は小さな発見や喜びの積み重ねで、作家や作品もその中でつくり上げられていくのではないでしょうか」。

坂本善三の油彩「外輪山」(坂本善三美術館提供)

地平線が印象的な野見山暁治さんの「黄色い風景」▽大地に農機具や作業着が置かれた宮崎静夫さんの「農」▽野外コンサート後だろうか、チェロなどの楽器が残された久永強さんの「余韻」―など10人の作家がそれぞれの視点で捉えた風景画が展示されている。

古民家を活用した同美術館は、日本唯一の全館畳敷き。年間5、6回、テーマを設けて企画展を開く。 (佐藤倫之)=5月30日 西日本新聞朝刊に掲載=

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 3f8894e6d3

和田聡文「斬首譚」

2019/07/18(木) 〜 2019/08/04(日)
IAF SHOP*

Thumb mini 4f8387c3a5

遊べる!デジタルアート展

2019/07/31(水) 〜 2019/08/04(日)
アクロス福岡 交流ギャラリーほか

Thumb mini ed83a5f08b

日本画の革命児 堂本印象1891-1975

2019/06/29(土) 〜 2019/08/18(日)
北九州市立美術館 本館

Thumb mini ccfcdc478d

夏休み企画〈入門〉アートの疑問「目をすませば」

2019/07/17(水) 〜 2019/08/18(日)
都城市立美術館

Thumb mini ef22df3975

NTT西日本スペシャル おいでよ!絵本ミュージアム2019

2019/07/18(木) 〜 2019/08/18(日)
福岡アジア美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini b1c22f4e1b
コラム

「特別展 室町将軍」 足利将軍 菩提寺・等持院探訪【コラム】

Thumb mini cfafd23c4c
コラム

話題の「富野由悠季の世界」チケットに描かれたキャラクターを大解剖

Thumb mini c776c055b8
コラム

奥深き人間劇 「富野由悠季の世界」展 福岡市美術館で9月1日まで【コラム】

Thumb mini ad392615d4
コラム

富野監督が描く「黒歴史」【コラム】

Thumb mini 25e7d4282a
コラム

寺田政明 没後30年展 北九州市美で 画業支えた声なき弱者への慈愛【コラム】

特集記事をもっと見る