九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

HOME ›  FEATURE ›  レポート ›  博多に新たなインスタ映えスポット!壁画&アートカフェ@福岡アジア美術館【レポート】

博多に新たなインスタ映えスポット!壁画&アートカフェ@福岡アジア美術館【レポート】

Thumb micro 6e69b4f50a
アルトネ編集部
2018/04/05
LINE はてなブックマーク facebook Twitter

福岡アジア美術館がプチリニューアル!3/31(土)にはオープンを記念したイベントが開催されるということで、ARTNE 編集部も取材に急行してきました。
博多リバレイン1階の福岡アジア美術館直行エレベーター前になにやら白い幕で覆われた壁が。こちらは中国・北京在住のアーティスト、ブー・ホァ(卜樺)さんによる約4×11メートルの壁画なのです。髙島宗一郎市長とブー・ホァさんの手によって、《最良のものはすでにある》がお披露目されました。

ブー・ホァさんは2014年に開催された「第5回福岡アジア美術トリエンナーレ2014」の参加作家。セーラー服を着たキュートな女の子が不思議な世界を飛びまわるフラッシュアニメの作品と言えば、思い出すアートファンもいらっしゃるのでは?本作でも今にも画面の中で動き出しそうな少女たちがアジ美を訪れた人たちを迎えてくれます。 髙島市長からは「博多祇園山笠や明太子、ラーメン、福岡タワーなど福岡にゆかりのあるものが散りばめられています」とのヒントが語られましたが、巨大な画面にこれでもかと言うほど様々な要素が詰まっています。まさにインスタ映えするスポットなので、お気に入りのモチーフの前で撮ってもよし、全体を撮ってもよし!

髙島市長自ら壁画の中にある福岡ならではのモチーフを解説。手で示しているのは博多祇園山笠!

ブー・ホァさんによる映像作品のフラットな色面を見事に再現しているこの壁画。制作を支えたのは福岡在住のアーティストや学生たち24人です。作家挨拶では、彼らに対する感謝の言葉が何度も語られたのが印象的でした。アジアと福岡のアーティストの交流を生み出すのもアジ美が担ってきた大切な役割の一つ。7階アジアギャラリーでは壁画制作の様子をおさめた記録動画や、他のアニメーション作品も見ることができます。

除幕式には壁画の制作をサポートした福岡のアーティストたちも。
左から、田中千智さん、加藤笑平さん、宮田君平さん、髙島市長、ブー・ホァさん。

 

そして、福岡アジア美術館7階もリニューアル!アートと本とカフェが融合したアートカフェ​がオープンしました。アジ美が所蔵するアジアやアートに関する本や雑誌、約1万冊を無料で読むことができます。福岡の書店ブックスキューブリックによる選書とブック・コーディネートで強力なラインナップになっています。時間がいくらあっても足りません!

約1万冊の本の山は圧巻です!棚の中には時折アート作品も。

新しい机と椅子は座り心地もいいし、至れり尽くせりです。打ち合わせに使えばクリエイティブなアイディアが浮かぶかも!?

1階壁画《最良のものはすでにある》の全景。壁まで下がってiPhoneを構えるとちょうど全体が入るのです。計算済み!?


益々アジアが身近に感じられそうな新スポット。足を運んでみてはいかがでしょう。

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 9f29bd36db

ミュージアムキッズin古墳館

2018/06/23(土)
熊本県立装飾古墳館

Thumb mini 2c9ebcbe50
終了間近

長島コレクションによる小企画
小さな さつま焼展

2018/03/11(日) 〜 2018/06/24(日)
長島美術館

Thumb mini c06ddb8329
終了間近

明治150 年記念特別展
写真発祥地の原風景 長崎
~写真で振り返る幕末・明治の長崎~

2018/05/22(火) 〜 2018/06/24(日)
長崎歴史文化博物館

Thumb mini 83bf8b22cf

シネマカフェ@小倉昭和館「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」タイアップイベント

2018/06/26(火)
小倉昭和館 2号館

Thumb mini 7914c620be

記念上映会 @小倉昭和館「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」タイアップイベント

2018/06/23(土) 〜 2018/06/29(金)
小倉昭和館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 5df594b110
レポート

天か地獄か、死者は10人の王に裁かれる -エンマと地蔵菩薩-【レポート】

Thumb mini 8e0627e387
レポート

名画の楽しみ方|知るほどに展覧会の魅力が深まる【レポート】

Thumb mini 342a711247
レポート

知るほどに作品の見方、感じ方が変化する。「至上の印象派展」勉強会【レポート】

Thumb mini 8519fc9e5f
レポート

満開の桜に負けず劣らず人々を魅了した「福岡城まるごとミュージアム」【レポート】

Thumb mini 7c76214cc8
レポート

初期から晩年の作品まで。画家としての真髄も感じられた「ミュシャ展」【レポート】

特集記事をもっと見る