九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  連載記事 ›  菊畑茂久馬さん追悼連載⑬「怖い絵」【2007年書評より】

菊畑茂久馬さん追悼連載⑬「怖い絵」【2007年書評より】

2020/08/10 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

 ARTNEでは、2020年5月21日に他界された福岡市の画家、菊畑茂久馬さんを追悼し、過去、菊畑さんが西日本新聞で執筆した書評や本についてのコラムを連載します。

 

【第13回】「怖い絵」中野京子著 集英社 絵って、すごいなー

 絵はいつも謎めいている。レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザ」の、あのアルカイク・スマイルと呼ばれる微笑は何を意味しているのか、今も謎は解けない。

 ルネサンス期の西洋絵画は、みんな図像が寓意(ぐうい)や象徴として描かれているから、この図像が一体何を暗示しているのか、これを解くことが絵の理解の鍵(かぎ)となる。すなわちイコノロジー、図像解釈学だ。

 著者は「マリー・アントワネット」(角川文庫)の訳などで知られる西洋文化史の学者だが、この本では、ヨーロッパの中世から近代までの名画を二十点選んで、その絵に隠された怖い話を切り口に、絵の謎を解き明かしてみせる。

 誰でも知っていて、みんなから親しまれているエドガー・ドガの通称「エトワール」と呼ばれている、例の美しいバレリーナが舞台中央でライトを浴びて踊っている絵の話だ。

 実はこのバレリーナは娼婦だという。この絵が描かれた頃(ころ)のオペラ座は、上流階級の娼館(しょうかん)だった。舞台の袖に黒い服を着て立っている男は、彼女を金で買ったパトロンなのだ。あの清楚(せいそ)で美しいバレリーナの絵が…。ショックだ。

 ジャック=ルイ・ダヴィッドの「マリー・アントワネットの最後の肖像」は、処刑のため荷車の上に後手に縛られて座らされ、市中を引き回されてコンコルド広場の断頭台へ運ばれていくところを、道端に待ちかまえてスケッチした生々しい鉛筆画だ。

 ギロチンの刃の邪魔になるため、襟首(えりくび)のうしろ髪をざんぎりにされた哀れな姿を、抜群の描写力を誇る画家が一気に描いただけあって迫真力がある。

 だが、著者の文章を読み進むうちに、次第にこの絵が、恥辱にまみれながらも、何ものにも屈せず、堂々と死におもむいていく誇り高い王妃の姿に見えてくる。新古典派の巨匠ダヴィッドの恥知らずの変節漢ぶりを激しく糾弾する著者の文章が、一枚のスケッチ画に凝結した人間の残虐さと悲しみを伝えて、胸がいっぱいになる。

 他にテオドール・ジェリコーが描いたロマン主義の幕開けを告げる名作「メデュース号の筏(いかだ)」や「ヴィナスの誕生」を描いたボッティチェリの「ナスタジオ・デリ・オネスティの物語」など、恐ろしい話がたくさん出てくる。

 読み終わった途端、われ知らずつい口に出た。絵ってすごいなあ、やっぱり絵っていいなあーと。(画家・菊畑茂久馬)

 

▼きくはた・もくま 画家。1935年、長崎市生まれ。57年-62年、前衛美術家集団「九州派」に参加。主要作品に「奴隷系図」「ルーレット」「天動説」の各シリーズ。97年に西日本文化賞、2004年に円空賞をそれぞれ受賞。「絵かきが語る近代美術」など著作も多い。2020年5月に他界。

=2007年9月2日西日本新聞朝刊に掲載=

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini d310dce867
終了間近

もしも… 大辻清司の写真と言葉

2024/06/08(土) 〜 2024/07/28(日)
九州産業大学美術館

Thumb mini 394d2ffd6c
終了間近

軽さ・明るさ  Lightness/ Lightness Kanae Ohgi Exhibition
オーギカナエ 個展

2024/07/13(土) 〜 2024/07/28(日)
EUREKA エウレカ

Thumb mini 8505535df2

ゆうまち芸術祭 アーティスト・イン・レジデンス プレ事業
ゆうまちアートプロジェクトVol.1 山本愛子 Symbiosis - 回遊する色-

2024/04/27(土) 〜 2024/07/29(月)
iroherb

Thumb mini 8aaeb4a2b5

佐賀新聞創刊140周年記念
立体切り絵SouMaの世界展

2024/07/04(木) 〜 2024/08/04(日)
佐賀県立美術館

Thumb mini 20608978b3

夏休みこども美術館2024
未来にむかって歩くなら?  ”わたしのくつ”をつくってみよう

2024/07/28(日) 〜 2024/08/04(日)
福岡市美術館 1階 アートスタジオ

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Noimage
連載記事

菊畑茂久馬さん追悼連載⑫「明治の女性の粋と矜持」【2007年コラムより】

Thumb mini 3978d0421e
連載記事

菊畑茂久馬さん追悼連載⑪「名画の言い分」【2007年書評より】

Noimage
連載記事

菊畑茂久馬さん追悼連載⑩「一流の画商たちの物語」【2007年コラムより】

Thumb mini aa88bd181b
連載記事

菊畑茂久馬さん追悼連載⑨「テオ もうひとりのゴッホ」【2007年書評より】

Noimage
連載記事

菊畑茂久馬さん追悼連載⑧「山本作兵衛さんのこと」【2007年コラムより】

特集記事をもっと見る