九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  連載記事 ›  菊畑茂久馬さん追悼連載⑫「明治の女性の粋と矜持」【2007年コラムより】

菊畑茂久馬さん追悼連載⑫「明治の女性の粋と矜持」【2007年コラムより】

2020/08/08 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

 ARTNEでは、2020年5月21日に他界された福岡市の画家、菊畑茂久馬さんを追悼し、過去、菊畑さんが西日本新聞で執筆した書評や本についてのコラムを連載します。

 

【第12回】清原玉という画家 明治の女性の粋と矜恃

 近年女性の活躍が目覚ましいが、昔こんな女性の洋画家がいた。名は清原玉、ラグーザ玉ともいう。美術書には全く出ないから、ほとんど知られていない。

 先年「彷書月刊」(彷徨舎)が彼女の特集を出すとかで、拙文を書き送ったが、届いた雑誌を見てびっくり。森まゆみ、青木茂、山梨絵美子氏ら、錚々(そうそう)たる方々が六人も稿を並べておられた。専門家はちゃんと彼女を押さえておられる。

 清原玉は、工部美術学校の外国人教師ラグーザが帰国する明治十五年に一緒にイタリアに渡った。二十二歳だった。彼(か)の地でラグーザと結婚し、以来五十二年間、本場イタリアで大活躍した。その間里帰り展とか、錦を飾るとか、そんなケチな了見は一切なし。一度も帰国しなかった。ラグーザの死去で帰国した時は、七十三歳であった。

 東京の生家に戻った玉は、西欧での名声などどこ吹く風。終日静かに画室で制作に没頭して、ひっそりと七十八歳の生涯を終えた。日本の洋画の夜明けに、異国の地で半世紀、母国ではすっかり忘れられていたが、それでもただ一人、得意の絵筆で堂々と生き抜いた明治女の粋と矜恃(きょうじ)には惚(ほ)れぼれする。(画家・菊畑茂久馬)

 

▼きくはた・もくま 画家。1935年、長崎市生まれ。57年-62年、前衛美術家集団「九州派」に参加。主要作品に「奴隷系図」「ルーレット」「天動説」の各シリーズ。97年に西日本文化賞、2004年に円空賞をそれぞれ受賞。「絵かきが語る近代美術」など著作も多い。2020年5月に他界。

=2007年11月4日西日本新聞朝刊に掲載=

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 1578e64678

特別展
現代美術の最前線─タグチ・アートコレクションより─
On the Frontline of Contemporary Art: from the Taguchi Art Collection

2020/08/29(土) 〜 2020/10/11(日)
下関市立美術館

Thumb mini 35337e18a7

くんち三八六年展

2020/09/02(水) 〜 2020/10/11(日)
長崎歴史文化博物館

Thumb mini bace012fc5

原田治展「かわいい」の発見
Osamu Harada: Finding “KAWAII”

2020/09/12(土) 〜 2020/10/18(日)
福岡アジア美術館

Thumb mini d508b20adc

Distance-ディスタンス/香月泰男-“私の”シベリアⅠ

2020/09/15(火) 〜 2020/10/18(日)
山口県立美術館

Thumb mini 360a0304e5

不知火美術館コレクション展
日々是好日

2020/09/24(木) 〜 2020/11/01(日)
宇城市不知火美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 3978d0421e
連載記事

菊畑茂久馬さん追悼連載⑪「名画の言い分」【2007年書評より】

Noimage
連載記事

菊畑茂久馬さん追悼連載⑩「一流の画商たちの物語」【2007年コラムより】

Thumb mini aa88bd181b
連載記事

菊畑茂久馬さん追悼連載⑨「テオ もうひとりのゴッホ」【2007年書評より】

Noimage
連載記事

菊畑茂久馬さん追悼連載⑧「山本作兵衛さんのこと」【2007年コラムより】

Noimage
連載記事

菊畑茂久馬さん追悼連載⑥「もう変えようがない」【2008年コラムより】

特集記事をもっと見る