九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  連載記事 ›  遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<69> 【連載】不要不急 感染収束後も従来のままか? 映画監督が問う根源的な問い

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<69> 【連載】不要不急 感染収束後も従来のままか? 映画監督が問う根源的な問い

2022/09/30 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

 山岡信貴監督の新作映画『アートなんかいらない!』が東京のシアター・イメージフォーラムで公開中だ。その後、全国各地に巡回するということなのだが、これが「Session 1 惰性の王国」(98分)と「Session2 46億年の孤独」(88分)の2部構成からなる大作で、福岡ではキノシネマ天神で10月に公開が予定されている。「セッション」とあるのは、この映画がアートをめぐる現状について関係者や専門家、その周辺でアートに関心を持つ人たちに、山岡監督自身が広くインタビューをした結果をまとめたものだからだ。

 扇動的なタイトルは、2019年に開かれた「あいちトリエンナーレ2019」で「表現の自由」をめぐる大きな社会的反発が起き、それまでアートとは無縁な人たちから「アートなんかいらない!」という抗議の声が強く巻き起こったことに端を発する。だが、その直後からコロナ・パンデミックの波に世界中がのみ込まれ、今度はまた別の次元から文化や芸術の必要性が問われることになった。アートもその一端であったのは言うまでもない。

 したがって、この映画の取材はコロナ禍で行われており、その意味ではアートをめぐってコロナ禍で、なおかつアートは「不要不急」か――広辞苑によれば「どうしても必要というわけでもなく、急いでする必要もないこと」――について作られた、世界でもおそらくは初めての大作映画ということになる。

 実はこの映画、未知の新型コロナウイルス感染症を恐れて皆が家に閉じこもっていた初期の頃、私にも取材依頼が来た。けれども、その当時は外をうろつくだけでも非難の目で見られ、加えてマスクも不足していたから、おのずとインタビューそのものが困難となった。ちょうどその時分から遠隔地をネットでつなぐリモート・セッションが一気に普及することになったわけだが、私自身は「リモート」はいまだに苦手で、山岡監督もこの映画のなかでリモートでの取材は行っていない。それでもこれだけの数のインタビューが実現していたことに驚かされるが、直(じか)にコロナ禍のことが話題になっていなくても、潜在的には誰もがそのことを言わずもがなの念頭においている。その意味でも興味深い時代のドキュメントになっている。

 いまドキュメントと書いたけれども、本作は世界的な芸術家であった故・荒川修作が晩年、可能性の限界からアートの世界と手を切ったことや、山岡監督自身が縄文土器と触れる機会を得て、それ以降はアートに対して「不感症」になってしまったことが大きな製作の動機となっている。その意味では、ごく私的な疑問を他者からの答えを通じて徹底的に追いかけてみたという見方もできるのだけれども、その徹底さによって、アートはコロナ・パンデミック以降も従来のかたちのままでよいのか、感染拡大が収束すれば以前のアートを取り戻せばそれでよいのか、という根源的な問いかけにもなっている。

 話を戻すと、この映画で山岡監督から依頼された私へのインタビューは実際には実現しなかった。その代わり、私はほかの出演者の方々とはまったく別のかたちで、「影からの声」という役割で全編に関わることになった。別にナレーションを担当したわけではないのだが、結果的にそのことで、私のなかのアートとコロナ禍をめぐる無意識がこの映画を通じて炙(あぶ)り出されることになった。しかしそれはまた別の機会に譲ろう。(椹木野衣)

=(9月22日付西日本新聞朝刊に掲載)=

 

椹木野衣(さわらぎ・のい)
美術評論家、多摩美術大教授。1962年埼玉県生まれ。同志社大卒。著書に「日本・現代・美術」「反アート入門」「後美術論」「震美術論」など。

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 6328382f34

《アーティスト・イン・レジデンス2022》
ソー・ソウエンのパフォーマンス「Bellybutton and Breathing – お臍(へそ)と呼吸」 出演者募集

2022/12/10(土)
福岡アジア美術館交流スタジオ(予定)

Thumb mini d284165eb7
終了間近

開館20周年記念特別企画展
チェ・ジョンファ展「生生活活」〜あらゆるものは、輝くだろう〜

2022/10/14(金) 〜 2022/12/11(日)
鹿児島県霧島アートの森

Thumb mini 9305969297
終了間近

『DETECTIVE CONAN THE MOVIE 展 ~銀幕の回顧録(メモワール)~』

2022/11/12(土) 〜 2022/12/11(日)
JR九州ホール

Thumb mini ac6a5cb4c7
終了間近

《アーティスト・イン・レジデンス2022》
成果展 境界を縁どる ー 石、呼吸、埋立地

2022/12/03(土) 〜 2022/12/11(日)
福岡アジア美術館ほか

Thumb mini 6d96b53e53

つきなみ講座「仙厓さんのすべて(4)」

2022/12/17(土)
福岡市美術館1階 レクチャールーム

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 139714c72b
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<68> 【連載】ウィズコロナ 「アフター」ではなく「以前」の常態を想起

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<67> 【連載】第7波 出口見えない忘却と反復 世界中が「悪い場所」化

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<66> 【連載】歓迎されざる「同伴者」 移動、流通脅かすウイルス 「見え方」すらも変えるか

Thumb mini b55340b226
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<65> 【連載】問題意識の変化 潜伏する「見えない死」 「忘れない」ための芸術

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<64> 【連載】芸術祭集中する2022年 祝祭性薄め会期長期化 試される「何のため?」

特集記事をもっと見る