九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  連載記事 ›  遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<75> 【連載】衛生と習慣  美術館でマスク着用は定着  靴は脱ぐ方が衛生的だが…

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<75> 【連載】衛生と習慣  美術館でマスク着用は定着  靴は脱ぐ方が衛生的だが…

2022/12/21 LINE はてなブックマーク facebook Twitter
美術館入口に消毒液と検温用のカメラが置かれるのは日常的な風景として定着した=2020年12月、福岡県立美術館

 以前と比べ、都心でも街でマスクを外している人を見かけるようになった。国(厚生労働省)もすでに屋外では原則マスクの着用は不要としているので、当然といえばそうなのだが、ほとんどの人は今でもマスクを着用している。コロナでなくても、冬で空気が乾燥し、風邪やインフルエンザが流行(はや)る時期ということもあるだろう。しかし、マスクの習慣はすでにしっかり定着しているようにも見える。

 マスクを着用したほうが衛生的だ、素顔を見られたくない、気持ち的に楽だ、などいろいろな理由がありそうだ。だいぶ以前はマスクをしているのは風邪などをひいている人と相場が決まっていたものだが、そのうち対人恐怖などを抱えている人が風邪でなくてもマスクを日常的に着用するようになった。そして今回のコロナ・パンデミックでマスクは今ではもうすっかり顔の一部となった。言い換えれば、日本では多くの人がもともと対人に不安を抱えていたということかもしれない。

 美術館への入場でも、手指の消毒とマスクの着用はあたりまえになっている。会話についても、以前は展示室内でずいぶん大声で話をしている観客がいたものだが、今ではすっかり影を潜めている。もちろん感染拡大防止がだいいちの理由なのだが、少し考えてみればこれは美術作品の保護という観点でもわるいことではない。

 いくら湿度や温度、明かりやケースなどの工夫を凝らして作品を守ろうとしても、観客そのものが細菌やウイルス、菌類や花粉の媒介者だということがわかってしまった以上、展示室にはいくらでも異物が侵入してくる。というより、観客そのものが作品(文化財)にとって最大の異物だったのだ。手指の消毒やマスクの着用、会話の抑制は、そうした異物性を程度の差こそあれ低減させる効果がある。

 とすると、残る最大の異物の侵入経路は靴底だろう。少し考えてみても、わたしたちが身につけているなかでこれほど汚い箇所はない。だが、いま美術館で手指の消毒は当たり前でも、靴底の消毒をしている例は見たことがない。

 なぜしないのだろう。これはコロナでなくても以前から考慮されてよかったはずだ。もしも推し進めるなら、美術館に入場する際には靴を脱いでもらうということにならざるをえない。とはいえ、海外ではあり得ないようなそうした習慣も、日本では様々な局面で当たり前になっている。

 以前、建築家の磯崎新氏が、日本の畳の間はもともと土間に対する寝台で、寝台では当然靴を脱ぐ。ところが畳の占める割合が次第に家の全体を占めるようになって、とうとう玄関で靴を脱ぐ習慣が定着したのだという。外国ではなぜ日本では玄関で靴を脱ぐのか不思議に思う向きもあるようだが、玄関から先が拡張された寝台だとしたら納得もいく。

 では、美術館はどうだろうか。美術館に寝台はないから靴は履いたままだ。寝台で靴を脱ぐのはそのほうがはるかに衛生的だからだが、感染症対策や文化財の保護ということで考えれば、鑑賞の際に靴は脱いだ方がいいに決まっている。だが、靴の管理には莫大(ばくだい)な費用や場所の確保が必要だ。だから現実的ではないのだけれども、わたしたちは美術の鑑賞において靴の脱ぎ履ぎが持つ意味についてすっかり忘れてしまっていた。コロナがそれを思い起こさせたのだ。(椹木野衣)

=(12月16日付西日本新聞朝刊に掲載)=


椹木野衣(さわらぎ・のい)
美術評論家、多摩美術大教授。1962年埼玉県生まれ。同志社大卒。著書に「日本・現代・美術」「反アート入門」「後美術論」「震美術論」など。

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini c99d3994e6
終了間近

茶の湯の意匠―春から夏へ

2024/04/19(金) 〜 2024/06/23(日)
出光美術館(門司)

Thumb mini 685b14374e
終了間近

「鹿児島睦 まいにち」展

2024/04/24(水) 〜 2024/06/23(日)
福岡県立美術館

Thumb mini 132a0ef229
終了間近

兵庫陶芸美術館所蔵 赤木清士コレクション
古伊万里のモダン
華麗なるうつわの世界

2024/04/27(土) 〜 2024/06/23(日)
山口県立萩美術館・浦上記念館

Thumb mini 7a6f16bdc9
終了間近

収蔵作品展
空間知覚

2024/05/21(火) 〜 2024/06/23(日)
都城市立美術館

Thumb mini d826191e36
終了間近

SEASON LAO フランス ニース国立東洋美術館 図録出版記念展

2024/05/25(土) 〜 2024/06/23(日)
ギャラリーモリタ

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<74> 【連載】交雑的な人類 歴史への免疫低下と 20世紀のモダニズム

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<73> 【連載】次元超えた「忘却と反復」 21世紀初頭の美術史 どう書き換えられる?

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<72> 【連載】無駄の効用 効率を重宝がることで 忘れられた大事な感覚

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<71> 【連載】「ハレ」の力の後退 計算可能な「日常」破る 創造力の可能性も停滞か

Thumb mini 72080d244a
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<70> 【連載】「風」の意味 帰還困難区域内の展覧会 期間限定公開から考える

特集記事をもっと見る