九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  コラム ›  大平由香理さん 土地、現実を描く決意

大平由香理さん 土地、現実を描く決意

2020/06/28 LINE はてなブックマーク facebook Twitter
「つなぐ」は、自信よりも巨大な大作になった

 不知火海の海岸線に山々が迫る、熊本県南部の津奈木町。町立つなぎ美術館が2014年から、毎年アーティストを招くレジデンスプログラムで、19年の作家に選ばれた。海辺の空き家に暮らし、廃校をアトリエ代わりにして、昨年夏から冬にかけて4カ月の滞在制作に臨んだ。

 「美しい風景が日常の人に向けて、何を描いたら良いのだろう」

 プレッシャーを感じた。終わってみれば、住民と交流しながら19点の日本画を生み出していた。そのメインとなる「つなぐ」は縦3・6メートル、横5メートルの大作。画面右には、町のシンボルの奇岩「重盤岩」が描かれている。岩から伸びる赤いレールは、美術館と岩山の展望所を結ぶモノレールがモチーフとなっている。

 山裾は広がりながら形を変え、やがて海になる。海は木々に姿を変える。作品では、自然界のすべては分断ではなく連環の中に存在することを体現した。ワークショップで住民が作った貼り絵も使い、津奈木という土地とのつながりも落とし込んだ。

 2度の震災に遭った経験がある。日本画を専攻した東北芸術工科大時代の2011年3月と、大分県別府市に移住後の2016年4月だ。

 「土地が人に及ぼす影響を肌で感じている。だからこそ風景を描きたい」

 「つなぐ」に描かれた荒れるような海や、重く暗い色彩をまとった岩肌の表現は、自身の被災経験と全く無関係ではないだろう。

 世界は新型コロナウイルスという自然災害とは異なる災厄に見舞われている。「どうしようもない現実に直面した時、芸術は無力であるかもしれないけど、想像力が誰かの救いになると思いながら、絵を描いている」。多くの人が息苦しい生活を送り、差別や攻撃が世の中を暗くする今、まっすぐな気持ちで絵筆を握る。岐阜県出身、32歳。別府市には「芸術祭が定着しており、地域とアートの関わり方に共感した」ため移住し、7年目。(諏訪部真)

=6月26日付西日本新聞社朝刊に掲載=

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini d326aa1474
終了間近

テレビ大分開局50周年・大分県立美術館開館5周年記念事業
MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮 2020

2020/11/21(土) 〜 2021/01/17(日)
大分県立美術館(OPAM)

Thumb mini 64f353e3f0
終了間近

冬の特別展
デビュー50周年記念 萩尾望都 ポーの一族展

2020/12/12(土) 〜 2021/01/17(日)
長島美術館

Thumb mini 014fc96740

小企画展
潮流・下関

2020/11/28(土) 〜 2021/01/24(日)
下関市立美術館

Thumb mini 565ee08290

織物に魅せられて
加賀前田家伝来の名物裂

2020/12/01(火) 〜 2021/01/24(日)
九州国立博物館

Thumb mini 58bc991791

熊本博物館企画展
ひとのすがた、いのりのかたち
-肖像彫刻の世界-

2020/12/05(土) 〜 2021/01/24(日)
熊本博物館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 287aee61d6
コラム

臨時休館に延期、中止… コロナに翻弄された2020年のアートシーン、各施設の工夫が光った一年に【コラム】

Thumb mini d6512290da
コラム

コロナ禍の一年(美術)/ 所蔵品活用へ軸足 鑑賞の意義も再認識

Thumb mini 25eb732d90
コラム

児童書挿絵原画など19点 故池田龍雄さんの追悼展 出身地の伊万里市で開幕

Thumb mini 2f94f96b78
コラム

仙厓さん、繁二郎、九州派、仏教美術・・・古美術から近現代まで多彩で個性豊かに 福岡市美術館 ㊥地元の財産

Thumb mini 9b23f100f8
コラム

ロートレックと136人の画家展 連載⑤アルフォンス・ミュシャ「ノエル1896:『イリュストラシオン』誌、1896年クリスマス号の表紙」

特集記事をもっと見る