九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  コラム ›  ロートレックと136人の画家展 連載➃ ジュール・シェレ「虹」フォーリー・ベルジェール

ロートレックと136人の画家展 連載➃ ジュール・シェレ「虹」フォーリー・ベルジェール

2020/12/20 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

多色刷りポスターの粋

 19世紀末のパリの街を彩ったものの一つに、石版画の色鮮やかなポスターや印刷物が挙げられる。当時はポスターを使った商品広告が一番有効な宣伝方法であったため、大型化し、街中が鮮やかな色彩と大胆な文字やイラストに覆われるようになった。

 中でも、ジュール・シェレ(1836~1932)は1870年代から80年代末に活躍し、生涯で千点を超すポスターを制作するなど大変な人気があった。

「虹」フォーリー・ベルジェール

 元々、作家というよりは石版画職人として働き始めた。英国に渡って技術を習得し、最新式の機器を取り寄せ、パリで初めて多色刷り石版画の工房を開いている。さまざまな多色刷りのポスターを手掛けると作品は大評判となり、コレクターが現れたり、ポスターが盗まれたりするほどだった。

 「虹」フォーリー・ベルジェールは、産業と科学や文化が大きく発展し、夢と希望に満ちあふれるパリの華やかな雰囲気を感じさせる。画面は赤、青、黄の3色を使った明るい色彩で表現し、画面上部と左下にタイトルを表記する構成にしている。

 他の作品と同様、中央部に「シェレット」と呼ばれる陽気で優雅な、愛らしさを持つ赤髪の女性を描き、多くの人々が一目見ただけで彼の作品と判断できるのも、人気の秘密かもしれない。(福井市美術館学芸員・河野泰久)

=(12月11日付西日本新聞朝刊長崎県版に掲載)=

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini bd59c9366d
終了間近

深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」

2021/03/12(金) 〜 2021/04/18(日)
長崎県美術館

Thumb mini 0193632b8d

井上絢子「So Close,Yet So Far Away」

2021/04/03(土) 〜 2021/04/25(日)
EUREKA/エウレカ

Thumb mini c8478f99ed

収蔵作品展
40年目のバトン
―人とエピソードから振り返る―

2021/03/16(火) 〜 2021/05/05(水)
都城市立美術館

Thumb mini 809a9eed05

魂の旅 遠藤彰子展
~巨大画に広がる一大叙事詩~

2021/03/26(金) 〜 2021/05/05(水)
鹿児島市立美術館

Thumb mini 0bdcbc4ee0

企画展
県内遺跡発掘速報展
~こぎゃんとが出た!復興への足跡~

2021/02/06(土) 〜 2021/05/09(日)
熊本県立装飾古墳館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 093d13d41b
コラム

ロートレックと136人の画家展 連載③ トゥールーズ=ロートレック「エグランティーヌ嬢一座」

Thumb mini 9d5ee3e516
コラム

ロートレックと136人の画家展 連載➁ トゥールーズ=ロートレック「ディヴァン・ジャポネ」

Thumb mini 3cb6fb7976
コラム

ロートレックと136人の画家展 連載➀ トゥールーズ=ロートレック「サーカスにて:鞍上の練習」

Thumb mini 8110d4ce12
レポート

西日本地区では佐世保だけで開催! 特別展「ロートレックと136人の画家展」のグッズをチラ見せ【レポート】

Thumb mini 9b23f100f8
コラム

ロートレックと136人の画家展 連載⑤アルフォンス・ミュシャ「ノエル1896:『イリュストラシオン』誌、1896年クリスマス号の表紙」

特集記事をもっと見る