九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  コラム ›  マニアな見方 新たな魅力 ロートレックと136人の画家展 佐世保で開催中

マニアな見方 新たな魅力 ロートレックと136人の画家展 佐世保で開催中

2020/12/19 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

「紙の質や色の細部まで鑑賞を」

 長崎県佐世保市の島瀬美術センターで開催中の「ロートレックと136人の画家展」(佐世保市と西日本新聞社の実行委員会主催)。「ベル・エポック(良き時代)」と呼ばれた19世紀末から20世紀初頭のパリで、市民に親しまれた作品300点以上が楽しめる。松尾真里学芸員と会場を回り、ちょっぴりマニアックな作品の見方、魅力を教えてもらった。

踊り子同士のライバル心が顔に表れているロートレック作品。
「モデルはもっときれいなんですよ」と松尾真里学芸員

 女性美化せず 

 大胆な構図と色使いで目を引くロートレックの作品群。描かれた人の多くは美しくない。というより、変な顔をしている。踊り子は口をとがらせているし、ヘアメーク中の女性は薄目で手鏡を凝視している。

ロートレックが描いた歌手。美化することなく、ありのままに表現したのか―

 「女性はきれいに描いてほしいのに、美化することなく、見たままを描いたのでしょう」と松尾さん。「でも愛嬌(あいきょう)がある。ロートレックは人が好きだったんでしょうね」。ありのままに、心の中まで描き出しているようだ。

 ロートレックはダンスホールや芸術雑誌の宣伝ポスターを手掛けた。作品はパリ市民に人気だったが、松尾さんは伝達効果に首をかしげる。「人におもねることのない性格のようで、依頼主が思い描く作品ばかりではなかったでしょうから…」

「エスタンプ・モデルヌ」の全100枚が鑑賞できる機会は貴重

 会場の一角には毎月4枚ずつ販売された人気版画集「エスタンプ・モデルヌ」の全100点が並ぶ。そこに戯曲「サロメ」を主題にした作品が2点ある。

 1点は、娘が預言者の首を手にした物語のハイライトを描いた。青白い顔は病的に見える。もう1点は王様の前で踊る娘。作者はミュシャ。健康的な肉体美で、同じ女性を描いたとは思えない。

 目線変えると金箔

 ふと、松尾さんがミュシャの作品を下からのぞくように見上げた。正面からだと茶色のように見える背景の模様が、目線の高さを変えるとキラリと光る。金色の刷りが入っているという。「本物」ならではの鑑賞法だ。

ミュシャが描いたサロメ。下から見上げると、背景の模様が金色に輝く

 「18禁じゃなくて大丈夫かな」。松尾さんがそう言って案内したのは、ドガが描いた裸婦の作品。お尻や背中の丸み、肉感。体のなまめかしさが黒単色で表現されている。

 ドガは女性を毛嫌いしていたらしい。なのに女性の体はリアル。どうやって描いたのだろう。「女性を鍵穴からのぞいていたのでは」。そんな説があるそうだ。

 ジャポニズムの影響

 展示作品からは、パリ市民の生活や流行が垣間見える。真っ黒な服と傘、ひょうたんのようにウエストを絞った服。日本人形や有田焼を思わせる青色のタイルなど、端々にジャポニズムの影響がうかがえる。

 松尾さんは「さまざまな角度から作品を見て、紙の質や色の細部にまで目を凝らしてほしい」と勧める。

ロートレックの等身大パネルが会場入り口で迎える

 島瀬美術センターは、学芸員が会場を巡回して作品を解説する「ギャラリートーク」を年末年始の休館日を除く火、土、日曜の午後2時から開催している。土曜は午後6時からもある。入場料のみで参加できる。

 会場でベル・エポックのパリを感じてみませんか。(平山成美)

=(12月16日付西日本新聞朝刊に掲載)=

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini bd59c9366d
終了間近

深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」

2021/03/12(金) 〜 2021/04/18(日)
長崎県美術館

Thumb mini 0193632b8d

井上絢子「So Close,Yet So Far Away」

2021/04/03(土) 〜 2021/04/25(日)
EUREKA/エウレカ

Thumb mini c8478f99ed

収蔵作品展
40年目のバトン
―人とエピソードから振り返る―

2021/03/16(火) 〜 2021/05/05(水)
都城市立美術館

Thumb mini 809a9eed05

魂の旅 遠藤彰子展
~巨大画に広がる一大叙事詩~

2021/03/26(金) 〜 2021/05/05(水)
鹿児島市立美術館

Thumb mini 0bdcbc4ee0

企画展
県内遺跡発掘速報展
~こぎゃんとが出た!復興への足跡~

2021/02/06(土) 〜 2021/05/09(日)
熊本県立装飾古墳館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 093d13d41b
コラム

ロートレックと136人の画家展 連載③ トゥールーズ=ロートレック「エグランティーヌ嬢一座」

Thumb mini 9d5ee3e516
コラム

ロートレックと136人の画家展 連載➁ トゥールーズ=ロートレック「ディヴァン・ジャポネ」

Thumb mini 3cb6fb7976
コラム

ロートレックと136人の画家展 連載➀ トゥールーズ=ロートレック「サーカスにて:鞍上の練習」

Thumb mini 8110d4ce12
レポート

西日本地区では佐世保だけで開催! 特別展「ロートレックと136人の画家展」のグッズをチラ見せ【レポート】

Thumb mini 22a5133fff
コラム

【オランダのアーティスト、テオ・ヤンセンの作品展など】2021年、熊本市現代美術館の注目展覧会!

特集記事をもっと見る