九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  コラム ›  北九州市科学館でスケスケ展開催中 スケスケ体験、小学生も大興奮 「楽しすぎるやん、ここ」【コラム】

北九州市科学館でスケスケ展開催中 スケスケ体験、小学生も大興奮 「楽しすぎるやん、ここ」【コラム】

2022/12/01 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

 最新のデジタル技術を用いて生き物や機械の内部構造を知ることができる「スケスケ展IN北九州」(西日本新聞社など主催)が、北九州市八幡東区の市科学館で開かれている。「見えない部分を見てみたい」。11月中旬、アラフォーの記者が童心に返って会場を訪ねると、社会科見学で来ていた同市内の戸畑中央小の6年生約110人と遭遇。一緒にスケスケ体験してみた。 
(文・鶴智雄、写真・古賀亜矢子)

会場入り口にある人体模型。細部まで再現されている

 入場するや否や、悲鳴と歓声がこだました。「うわっ」「やばい、やばい」「ちょっとグロテスク」…。その正体は、芸術作品と言っても過言でないほど精密で美しい男女2体の人体模型。筋肉や血管、骨、内臓の細部まで再現された模型を前に、楠本蒼馬さん(12)は「まさか自分の体がこんなになっているなんて」と目を丸くした。

体が透けて血管や骨がスクリーンに映し出される「にんげんスケスケ」。子どもたちは大はしゃぎだ

 1番人気は、自分の体が透けて骨や血管、筋肉がスクリーンに映し出される「にんげんスケスケ」と、手の骨格が透ける「スケスケハンド」。子どもたちは、スクリーンの前でジャンプしたり、踊ったり、じゃんけんしたりと、スケスケになった自分の姿に夢中になっていた。理科の授業を担当する小田佳代子教諭(24)は「人体の内部構造の理解に最適。授業では教えられない」と感心する。

手の骨格が透ける「スケスケハンド」。じゃんけんをして遊ぶ姿も
体が透けている魚に興味津々の子どもたち

 ほかにも、体が透けている魚や音が出る仕組みが分かる透明なピアノなど、多彩なスケスケ体験が用意されている。においを嗅いだり触ったりして箱の中身を当てるコーナーもあり、来場者は五感をフル活用しながら体や機械の構造を学ぶことができる。大人も十分に楽しめる内容だ。

透明なピアノは音が出る仕組みが一目瞭然になっている
ガラス瓶に入ったヤドカリを不思議そうに見つめる子どもたち

 井端彩香さん(11)は「人や物の内部は見たことがないので驚いたが、勉強になった」と満足そう。谷川世莉さん(12)は「いつも使っている日用品の中身も気になる」と好奇心をかき立てられたようだった。

生き物の動きと骨格の関係性を紹介する「どうぶつスケスケ」のコーナー

 学校のスケジュールの都合で、見学は40分間。「楽しすぎるやん、ここ。時間が足りないよー」。帰り際にも、子どもたちの「悲鳴」が会場に響いた。

=(12月1日付西日本新聞朝刊に掲載)=

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 2fc7eee340
終了間近

鎖国[Walled Garden]プロジェクト/ローレン・リー・マッカーシー+カイル・マクドナルド新作パフォーマンス
アンラーニング・ランゲージ

2022/11/12(土) 〜 2023/01/29(日)
山口情報芸術センター[YCAM]

Thumb mini b83bd0b9a7
終了間近

特別展
ビアズリーの系譜 アールヌーヴォー、日本の近代画家たち

2022/11/19(土) 〜 2023/01/29(日)
下関市立美術館

Thumb mini ba6fa922bd
終了間近

第3回タガワアートビエンナーレ「英展」

2022/12/10(土) 〜 2023/01/29(日)
田川市美術館

Thumb mini 3addff93cb
終了間近

開館20周年記念
冬の特別展「うなぎの旅展」

2022/12/10(土) 〜 2023/01/29(日)
北九州市立いのちのたび博物館

Thumb mini aed989c30c
終了間近

不知火美術館コレクション展+とびだすプロジェクト
表現は日常にこだまする

2022/12/15(木) 〜 2023/01/29(日)
宇城市不知火美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini c68e88b2b7
コラム

ミュージアムで楽しむ節分! 長崎歴史文化博物館で節分料理の食文化体験も

Thumb mini f6753aae74
コラム

女性モチーフに際立つ不条理  「岡上淑子・藤野一友」の幻想世界 9日まで福岡市美術館で特別展【コラム】

Thumb mini 5997ca7bc6
コラム

第17回 福岡アジア美術館 アーティスト・イン・レジデンスの成果展「境界を縁どる−石、呼吸、埋立地」/福岡の滞在でアーティストが制作したモノ、感じたコト (その3)ゴン・ジエションさん

Thumb mini b474fd24b0
コラム

第17回 福岡アジア美術館 アーティスト・イン・レジデンスの成果展「境界を縁どる−石、呼吸、埋立地」/福岡の滞在でアーティストが制作したモノ、感じたコト (その2)ソー・ソウエンさん

Thumb mini 4a07fd214e
コラム

新春のミュージアムでは貴重な名品を堪能! 年始限定や九州初公開の国宝も

特集記事をもっと見る