九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  コラム ›  デヴィッド・ボウイら300点展示 鋤田さん、故郷直方で初写真展

デヴィッド・ボウイら300点展示 鋤田さん、故郷直方で初写真展

2018/04/27 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

英国出身のロック歌手デヴィッド・ボウイ(2016年死去)ら世界的なミュージシャンたちを撮り続け、国際的な評価が高い福岡県直方市出身の写真家、鋤田(すきた)正義さん(79)の写真展が4月3日から故郷の直方谷尾美術館で開かれている。

 

「T・レックス」のマーク・ボラン(1972年)

鋤田さんは直方高を卒業後、大阪の写真専門学校や広告代理店を経て上京。約40年交流があったボウイをはじめ、国内外のミュージシャンらを撮影。広告や映画など幅広い分野で活躍してきた。

イエロー・マジック・オーケストラ「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァ―」アルバムジャケット(1979年)

 

シーナ&ロケッツ「Main Songs」アルバムジャケット(1985年)

写真展も国内外で開かれてきたが、直方市では初の開催。「生まれ故郷で写真展をしたい」との鋤田さんの思いに応え、地元有志で実行委員会(河野一太代表)を結成。昨年初めから準備を進めてきた。
写真展では、高校時代から最近までの写真約300点を展示。鋤田さんの写真の原点という、地元直方の祭りの日に編み笠姿の母を撮影した写真のほか初公開の写真もある。河野代表は「鋤田さんの写真の軌跡を網羅したものになる」と話す。

「母」(1956年)

 

直方市(1957年)

 写真展は5月20日まで。入場料は一般400円、高大生200円、中学生以下無料。期間中は、親交の深いロックアーティスト鮎川誠さんとのトークライブ(4月29日、ユメニティのおがた)など関連イベントもある。直方谷尾美術館=0949(22)0038。(木下良弘)=3月30日西日本新聞朝刊に連載=

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 2fc7eee340
終了間近

鎖国[Walled Garden]プロジェクト/ローレン・リー・マッカーシー+カイル・マクドナルド新作パフォーマンス
アンラーニング・ランゲージ

2022/11/12(土) 〜 2023/01/29(日)
山口情報芸術センター[YCAM]

Thumb mini b83bd0b9a7
終了間近

特別展
ビアズリーの系譜 アールヌーヴォー、日本の近代画家たち

2022/11/19(土) 〜 2023/01/29(日)
下関市立美術館

Thumb mini ba6fa922bd
終了間近

第3回タガワアートビエンナーレ「英展」

2022/12/10(土) 〜 2023/01/29(日)
田川市美術館

Thumb mini 3addff93cb
終了間近

開館20周年記念
冬の特別展「うなぎの旅展」

2022/12/10(土) 〜 2023/01/29(日)
北九州市立いのちのたび博物館

Thumb mini aed989c30c
終了間近

不知火美術館コレクション展+とびだすプロジェクト
表現は日常にこだまする

2022/12/15(木) 〜 2023/01/29(日)
宇城市不知火美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 561b69e1fb
コラム

デヴィッド・ボウイもイギー・ポップも心を開いたカメラマン、“SUKITA”とは?【コラム】

Thumb mini c68e88b2b7
コラム

ミュージアムで楽しむ節分! 長崎歴史文化博物館で節分料理の食文化体験も

Thumb mini f6753aae74
コラム

女性モチーフに際立つ不条理  「岡上淑子・藤野一友」の幻想世界 9日まで福岡市美術館で特別展【コラム】

Thumb mini 5997ca7bc6
コラム

第17回 福岡アジア美術館 アーティスト・イン・レジデンスの成果展「境界を縁どる−石、呼吸、埋立地」/福岡の滞在でアーティストが制作したモノ、感じたコト (その3)ゴン・ジエションさん

Thumb mini b474fd24b0
コラム

第17回 福岡アジア美術館 アーティスト・イン・レジデンスの成果展「境界を縁どる−石、呼吸、埋立地」/福岡の滞在でアーティストが制作したモノ、感じたコト (その2)ソー・ソウエンさん

特集記事をもっと見る