九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  コラム ›  【ARTNEコラム|Book】坂口恭平ドローイング作品集「God is Paper」

【ARTNEコラム|Book】坂口恭平ドローイング作品集「God is Paper」

Thumb micro 6e69b4f50a
アルトネ編集部
2017/05/23
LINE はてなブックマーク facebook Twitter

ARTNE(アルトネ)では、九州・山口各地に目を向け、アート関連の読み物を届ける。【Book】では、アート関連書籍に関するコラムを各地の書き手に寄せてもらう。
 第2回目の書き手は、熊本市で本と喫茶と雑貨を味わう橙書店を営む田尻久子氏。熊本出身の坂口恭平氏による最新作品集を取り上げてもらった。(編集部)

 

坂口恭平著「God is Paper」

 

坂口恭平は、作家であり建築家であり、音楽家でもある。そして、絵も描いている。本書は、彼のドローイング作品、290点を掲載した作品集である。
躁鬱病を公言している坂口恭平は、鬱に入ると世間と交流が出来なくなる。死にたくなることすら、あるという。しかし、眼前に紙があれば、書くあるいは描くことで、彼は生き延びる。その思いを込めて、この作品集には"God is paper”というタイトルが付けられた。紙への感謝を込めて。

苦しいとき、何を描いているのかわからないと言いながらも、膨大な数の作品を彼は生み出す。それは、言葉でも絵でも、音楽であっても構わない。鬱から抜け出したときは、創ること自体が重要なのだと本人も確信出来ている。

溢れだした言葉は、文章という枠を飛び越えて自在に紙の上を動きまわり、空間を必要としない建築物を作り出す。絵は、道具が手と一体化しているのかと思うほどの速さで、次々と描かれる。五分で仕上がることもあるというが、彼があちらの世界で苦しんでいる長い時間が、その五分を生み出すのだろう。そうやって描かれた絵は、平面という枠をはみ出して、私たちの想像力をかき立てる。音を感じる人もいれば、物語を読み取る人もいるだろう。見ているうちに、紙という物体は物体でなくなり、そこに描かれているものは、描かれていないものを見せ始める。

彼がいつも心配している「不必要なもの創り出しているのではないか」という不安は、まったくの杞憂に過ぎないのだが、その不安も作品を作り出す原動力となっているのかもしれない。目の前にある捉えどころのない何かを、紙に置換する。その行為が彼を救い、こちらへと引き戻す。誰もがそう出来ればいいのかもしれない。しかし、かけないという人は、まずは彼の絵を見てみることから始めてはどうだろうか。救われるとは言わないが、こちらへとどまることは、そう難しいことではない、と思えるかもしれない。

 

田尻 久子(たじり・ひさこ)

熊本市出身。会社員を経て、2001年喫茶と雑貨の店
orangeを開店。2008年橙書店を開店。
同店舗は、熊本文学隊の拠点も兼ねている。
文芸誌アルテリの責任編集者。

 

※下記の日程で,橙書店にて『God is Paper』刊行記念Exhibition開催中
2017年6月10日(土)~6月25日(日)
http://www.zakkacafe-orange.com/category/event/

 

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 206c681cbd
終了間近

北九州市ゆかりの漫画家
陸奥A子 資料展示

2018/08/18(土) 〜 2018/10/26(金)
北九州市漫画ミュージアム

Thumb mini be4725ac86

Rhizomatiks Architecture 企画・演出によるSalyu出演の1夜限りのイベント
日田の山と川と光と音

2018/10/27(土)
大分県日田市某所

Thumb mini 33507488c8
終了間近

エキソニモ+YCAM共同企画展
メディアアートの輪廻転生

2018/07/21(土) 〜 2018/10/28(日)
山口情報芸術センター[YCAM]

Thumb mini e7539af84d
終了間近

コロガル公園コモンズ

2018/07/21(土) 〜 2018/10/28(日)
山口情報芸術センター[YCAM]

Thumb mini aa2e5de69a
終了間近

版画の時間 坂本善三美術館コレクション

2018/09/12(水) 〜 2018/10/28(日)
宇城市不知火美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 33aa757557
コラム

100億をも惜しまない稀代のパトロン 日本美術を世界に伝える|オークラコレクション展(下)【コラム】

Thumb mini f2ea8a45eb
コラム

「混沌」を映し出す 上海現代アートの最前線 熊本で企画展【コラム】

Thumb mini e8897d6d36
コラム

大倉集古館創設 大倉喜八郎 守る父 古美術の散逸阻止し公開|オークラコレクション展(上)【コラム】

Thumb mini 62a5078ed5
コラム

細川家舟屋形 美再び 天井画修復、リニューアルオープンする熊本博物館で12月公開【ニュース】

Noimage
コラム

「アートで町おこし」に効果はあるか 美術家・白川昌生【コラム】

特集記事をもっと見る