九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  コラム ›  美人画 表情の妙 伊東深水、池田蕉園、上村松園… 長崎歴史文化博物館【コラム】

美人画 表情の妙 伊東深水、池田蕉園、上村松園… 長崎歴史文化博物館【コラム】

2019/01/04 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

江戸時代末から昭和初期に人気を集めた「美人画」の魅力を紹介する特別企画展「新章ジャパンビューティ」が来年1月20日まで、長崎市の長崎歴史文化博物館で開かれている。代表的な画家の作品約130点が並ぶ。古今東西、女性美は芸術の大きなテーマ。本展が扱う近代日本画では、鑑賞者を意識した画家たちの工夫が興味深い。

深水「ほたる」
(昭和、個人蔵)

美しさは、何げない所作に秘められる。女優の故朝丘雪路さんの父でもある伊東深水(1898~1972)の「ほたる」は、若い娘が両手でホタルを捕らえた場面。うちわを口にくわえる姿が愛らしい。ホタルを逃がす瞬間なのか、手のひらから小さな光が飛び出す様子が目に浮かぶ。

蕉園「まつむし」
(明治、個人蔵)

竹久夢二に影響を与えた女性画家、池田蕉園(1886~1917)は「まつむし」で、柱にもたれかかるように抱きつく女性を描いた。暑さが残る夕刻。庭先を見つめる甘美な表情に引き込まれてしまう。

松園「花がたみ」
(大正4年、松伯美術館蔵)

展示の目玉の一つが、京都出身の第一人者、上村松園(1875~1949)の代表作「花がたみ」。世阿弥の作とされる謡曲を題材に、かつて皇子の寵愛(ちょうあい)を受けた狂女を表した。心を病んだ患者を写生し、この絵を描いたという。着物は乱れ、目はうつろ、引きつった口は半開き。異様なのに、なぜか目が離せない。

全国巡回展の長崎会場では、東京で活躍した長崎出身の女性画家、栗原玉葉(1883~1922)を特集している。39歳で早世したため、「今は知名度も作品価格も松園が上だが、トップレベルの女性画家だった」(担当の五味俊晶研究員)。大正期に「東の玉葉、西の松園」と評された2人の競演も見どころだ。

玉葉「朝妻桜」
(大正7年、個人蔵)


「朝妻桜」は、十字架を首からさげた吉原の遊女がモチーフ。禁教令に背いたため、満開の桜の下で処刑されたという。遊女の命と桜の花のはかなさが重なる。キリスト教徒の玉葉ならではの作品である。

玉葉「お夏の思い」
(大正11年、個人蔵)


玉葉も、恋に心を奪われた狂女に関心を持った。井原西鶴の作品を題材にした「お夏3部作」の一つ「お夏の思い」で、目がうつろな色白の女性を描いた。対照的に真っ赤な彼岸花が、人を狂わすほど強い思いを象徴しているようだ。
見かけの美しさだけでなく、画家の試行錯誤にも着目して鑑賞してほしい。(野村大輔)=12月20日 西日本新聞朝刊に掲載=

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 7a861c8119
終了間近

特別展
北村直登展

2021/07/22(木) 〜 2021/09/20(月)
大分市美術館

Thumb mini 3cde26cde4

夏の特別展
THE モンスター展II-攻撃と防御-

2021/07/17(土) 〜 2021/09/26(日)
北九州市立いのちのたび博物館

Thumb mini 18e832858d

青いろの世界 いちだみなみ展

2021/07/24(土) 〜 2021/09/26(日)
長島美術館

Thumb mini 4a6c9783a8

ざんねんないきもの展 in 福岡PARCO

2021/07/31(土) 〜 2021/09/26(日)
福岡パルコ 本館5F

Thumb mini b9b8585a65

キングダム展 −信−
KINGDOM exhibition The Road of SHIN

2021/08/03(火) 〜 2021/09/26(日)
福岡市美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini e7b00a340e
コラム

絵も音楽も、自分自身ポップなんだ 9月、福岡市で個展 藤井 フミヤさん/エンタメMAX

Thumb mini 573c639a53
コラム

福岡の芸術空間巡る「アートウイーク」 26日まで18会場で  ※西日本新聞me有料会員限定記事

Thumb mini a0aa1efd9a
コラム

斬新な若手芸術家を発掘 20代2人運営、博多区に新たなアートスペース  ※西日本新聞me有料会員限定記事

Thumb mini 1bb757b348
コラム

生きる私が表すことは。 鹿児島ゆかりの現代作家展【コラム】

Noimage
コラム

朝刊太郎の雑記帳 上別府 保慶=キングダム展の隠し味

特集記事をもっと見る