九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  EVENT ›  段々降りてゆく

段々降りてゆく

—九州の地に根を張る7組の表現者

日程  2021/03/27(土) 〜 2021/06/13(日)
会場 熊本市現代美術館
LINE はてなブックマーク facebook Twitter

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、熊本市現代美術館は、4月27日(火)から当面の間、休館中です。

※ご来場の際は熊本市現代美術館ホームページをご確認ください。

 熊本市現代美術館で「段々降りてゆく —九州の地に根を張る 7 組の表現者」を開催します。

 本展では、九州を拠点に、自らの生きる環境に根差した問題意識を持って主体的な活動を行う同時代の表現者7組を紹介します。

 九州には、首都圏のように多くの美術館やギャラリーやアートマーケットがあるわけではありません。しかし芸術は、そのような芸術インフラが整った大都市の環境の中でしか生まれないものではありません。地方には、その地方ごとの芸術の存在の仕方があるはずです。そしてまた九州で生きる作家の価値観や行動原理は、大都市に住む人々のそれに追従する必要はありません。必要なのは、自らの問題意識を持ち、自身を取り巻く環境を見つめて応答していくことであり、その先にこそこの土地が独自の文化を持ち、さらに生み出し続けていく可能性があるのではないでしょうか?

 本展のタイトルは、熊本出身の詩人・谷川雁(たにがわ がん)の詩論の中の一節を参照しています。

「段々降りてゆく」よりほかないのだ。飛躍は主観的には生れない。下部へ、下部へ、根へ、根へ、花咲かぬ処へ、暗黒のみちる所へ、そこに万有の母がある。存在の原点がある。初発のエネルギイがある。
——谷川雁「原点が存在する」1954

 自身の存在の核心をなしているものを掴もうと地道な模索を続ける作家の姿勢、あるいは自らのいる環境・状況を見定めた上でそこから自身の表現を立ち上げようとする姿勢を、この「段々降りてゆく」という言葉のイメージに重ねています。

 それぞれの場所で展開される作家たちの実践例を通して、九州の環境と状況に即した芸術や表現者のあり方、そして「私たちにとって切実な表現とは何か?」ということを、考えてみませんか。

【出展作家】
加藤笑平、すうひゃん。、畑直幸、オレクトロニカ、宮本華子、HOTEL ASIA PROJECT、山内光枝

このイベントに関する記事

Thumb mini 8896a0c6a5
コラム

九州に根ざし問題意識を作品化 熊本市現代美術館でグループ展  ※西日本新聞me有料会員限定記事

他の展覧会・イベントを見る

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 08cc9399f0
終了間近

「御大典記念 特別展 よみがえる正倉院宝物 ―再現模造にみる天平の技―」関連イベント
リレー講座

2021/05/01(土) 〜 2021/05/15(土)
九州国立博物館

Thumb mini 72cd6e6d20
終了間近

TENJIN MATSURI
梅佳代「天神さま」 川島小鳥「ピンクの光線」

2021/03/20(土) 〜 2021/05/16(日)
三菱地所アルティアム

Thumb mini 129ba6517b
終了間近

防府市制施行85周年・山口放送開局65周年記念
ふわふわシナモロール展

2021/04/02(金) 〜 2021/05/16(日)
防府市地域交流センター(アスピラート)

Thumb mini aef64f49a9
終了間近

石田スイ展[東京喰種 ▶ JACKJEANNE]

2021/04/10(土) 〜 2021/05/16(日)
福岡アジア美術館

Thumb mini b1f64c0b16
終了間近

はこのふね
ユカワアツコ個展

2021/04/29(木) 〜 2021/05/16(日)
書肆 吾輩堂

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Noimage
連載記事

光と闇を見つめて 炭鉱と美術 國盛麻衣佳<10>【連載】労働争議に刺激受けた集団 アスファルトが時代を暗喩 九州派  ※西日本新聞me有料会員限定記事

Thumb mini 9d2a2bf5b8
レポート

特別展「高畑勲展 日本のアニメーションに遺したもの」が福岡市美術館で開幕! 日本アニメの礎を作った“高畑演出”に迫る【レポート】

Thumb mini f78425750e
コラム

コロナ禍の都市型国際芸術祭のあり方は? ※西日本新聞me有料会員限定記事

Thumb mini 550d6cf336
連載記事

【連載】山出淳也 アート、まちに出る 46

Noimage
連載記事

光と闇を見つめて 炭鉱と美術 國盛麻衣佳<9>【連載】実現しなかった「鉄塔」計画 残したのは 歴史捉え直す機運 川俣正  ※西日本新聞me有料会員限定記事

今週の人気記事

WEEKLY RANKING
Thumb mini 9a05966064
コラム

再現模造ってなに? よみがえる正倉院宝物展<下>技と美意識をつなぐ

Thumb mini 0c47a66b74
コラム

再現模造ってなに? よみがえる正倉院宝物展<上>天平の輝きを現代に

Thumb mini f78425750e
コラム

コロナ禍の都市型国際芸術祭のあり方は? ※西日本新聞me有料会員限定記事

Thumb mini 8896a0c6a5
コラム

九州に根ざし問題意識を作品化 熊本市現代美術館でグループ展  ※西日本新聞me有料会員限定記事

Thumb mini 5487fb1675
コラム

「鬼」を巡る豊かな世界 福岡市博物館が館蔵品で探る企画展  ※西日本新聞me有料会員限定記事

特集記事をもっと見る