九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  EVENT ›  白川昌生 個展 − 佐賀でダダダダか −

白川昌生 個展 − 佐賀でダダダダか −

日程  2022/01/08(土) 〜 2022/02/20(日)
会場 kenakian
LINE はてなブックマーク facebook Twitter


 kenakianで、白川昌生の個展を開催します。

 白川昌生は1948年 北九州に生まれ、70年に欧州へ渡りフランス・ドイツで思想や美術を学びました。83年に帰国してからは、群馬を拠点にしながら自身の経験や影響を受けた思想を基盤とする様々な芸術実践を展開し続けています。

 2022年の始まりに「佐賀でダダダダか」、是非ご覧ください。

 

 私は1983年以後、群馬に住んでいる。自分が住んでいる群馬で見つけられる素材、、地域の歴史、人物、風景、事件、生産物、ホームセンターで売られているものなどを表現の素材として使ってきた。自分にとってリアルな感覚を生み出せるものと関わり表現をやることが、さらなるリアルさを生み出すと考えているからだ。表現はリアルな感覚を伴うものでなければ、表現とは言えないと私は考えている。無論ヴィトゲンシュタインのような分析を行えば、そういうリアルも消滅してしまうのだが、このリアルさこそが想像力を引き立てる源泉だと思える、自分の経験からあえて自分の生活空間、時間、場所にこだわって表現へと向かっている。
自分なりのリアルにこだわる、これが私のダダになるのだ。 - 白川昌生


白川昌生(しらかわよしお)
1948年北九州市戸畑生まれ。1970年に渡欧、フランス・ドイツで思想や美術を学ぶ。81年国立デュッセルドルフ美術大学卒業。13年間欧州で暮らし、帰国後は群馬を拠点にしながら幅広い芸術実践を続けている。74年より国内外での作品発表多数。近年の主な展示には、個展「ここが地獄か、極楽か。」(丸木美術館 2021)、「表現の生態系 世界との関係をつくりかえる」(アーツ前橋 2019)、「100年の編み手たちー流動する日本の近現代美術ー」(東京都現代美術館 2019)、「あいちトリエンナーレ」(愛知県 2019)、「群馬の美術 2017ー地域社会における現代美術の居場所」(群馬県立近代美術館 2017)、「ミュージアムとの創造的対話vol.1ーMONUMENT」(鳥取県立博物館 2017)、「あいちトリエンナーレ」(愛知県 2016)、個展「白川昌生 ダダ、ダダ、ダ 地域に生きる想像の力」(アーツ前橋 2014)ほか。地域に根付いた活動や執筆活動(著書「美術、神話、総合芸術」2019(水声社)など)のほかにも、シンポジウムや対談の企画・登壇、専門学校や大学など教育の場での授業や講和など様々な活動を展開している。

他の展覧会・イベントを見る

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini eeb5cff6a1

福岡ミュージアムウィーク2024 建築ツアー

2024/05/25(土)
福岡市美術館

Thumb mini 0fba1a017c

「ADAPTATION – KYNE」トークセッション

2024/05/25(土)
福岡市美術館 1階 レクチャールーム

Thumb mini 2a7b41662b
終了間近

第34回九州産業大学美術館所蔵品+展 『遊ぶ』−おもちゃと造形をめぐる8章−

2024/04/01(月) 〜 2024/05/26(日)
九州産業⼤学美術館

Thumb mini b8231d5305
終了間近

浦上コレクション
北斎漫画
~驚異の眼・驚異の筆~

2024/04/06(土) 〜 2024/05/26(日)
長崎歴史文化博物館

Thumb mini e9fea9a9b5
終了間近

福岡ミュージアムウィーク2024
ボランティアによるギャラリーツアー

2024/05/18(土) 〜 2024/05/26(日)
福岡市美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 2d23a0ae30
ニュース

ソー・ソウエン作品集『Handle with Care』 ― 形に残らないパフォーマンスを本として残すために/出版支援プロジェクト【NEWS】

Thumb mini 574a92f3d0
インタビュー

日々の暮らしの中にある違和感をユーモアかつシュールに描き、刺繍で温かみを。現代美術作家、難波瑞穂さん。(後編)【インタビュー】

Thumb mini 44a456da90
コラム

「谷川俊太郎 絵本★百貨展」 谷川さん絵本 楽しさの玉手箱/福岡アジア美術館、6月16日まで 【コラム】

Thumb mini 53ed074be2
インタビュー

日々の暮らしの中にある違和感をユーモアかつシュールに描き、刺繍で温かみを。現代美術作家、難波瑞穂さん。(前編)【インタビュー】

Thumb mini 8d3046a6fd
コラム

影絵にあふれる生命賛歌/藤城清治100歳展/来月5日まで、福岡市博物館 【コラム】

今週の人気記事

WEEKLY RANKING
特集記事をもっと見る