九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  インタビュー ›  『ジブリの大博覧会』内覧会 これが、もう一つのジブリストーリー!その2【レポート】

『ジブリの大博覧会』内覧会 これが、もう一つのジブリストーリー!その2【レポート】

Thumb micro 6693de0621
大迫章代
2019/04/08
LINE はてなブックマーク facebook Twitter

福岡市博物館で3月15日より開催中の『ジブリの大博覧会~ナウシカからマーニーまで~』。開会前日に行われた内覧会と、開会式のために来福した、スタジオジブリのプロデューサー、鈴木敏夫氏の囲み取材の模様をレポート。

開会式に参加したスタジオジブリ代表取締役・プロデューサーの鈴木敏夫氏
(開会式の鈴木プロデューサーあいさつ)

「この企画は、映画を作って皆さんに見ていただく、その前の段階にある“宣伝”という視点から、ジブリ作品を紹介する展示です。みなさんの中に点と点のように残っているジブリ作品の記憶を、つなぐような展示になればと思い作りました。スタジオジブリ30年の歩みを総括する展示会の顔として選んだのは、ジブリ作品第1作目の『風の谷のナウシカ』の公開当時のポスタービジュアルです。当時大人気だった「スター・ウォーズ」を意識して作ったものなのですが、ヒロインのバックに描かれている王蟲を見ながら、30年目の今年、福岡会場で「『風の谷のナウシカ』王蟲(おうむ)の世界」」を行うことになったのも、何かの縁かなと思っています。私も先ほど展示を見たばかりですが、あまりの迫力と精巧さに、他の展示の影が薄くなってしまうのではと思ったほど(笑)。ちなみに、王蟲が住む腐海のモデルは、鹿児島の屋久島です。30年目の今年、おなじ九州の福岡で「ジブリの大博覧会」を開催できることをうれしく思っています。」

マスコミの取材を受ける鈴木氏

 

開会式後には囲み取材が行われた。

Q ジブリ作品第1作目となった「風の谷のナウシカ」への思いや、思い出は?
「当時、勤めていたアニメ雑誌『アニメージュ』に連載していた原作を、「自分たちで映画にできたら」と考えたのが、「風の谷のナウシカ」誕生のきっかけです。宮崎駿(監督)との長い付き合いの始まりとなった作品ですから、僕にも特別な作品です。ついでに申し上げますと、これを作った後、監督は「二度と映画を作らない」と言いました。監督として映画を作るためには、手伝ってくれる知人や友人に嫌なことも言わなければならない。映画作りは彼にとって、友だちを失う作業でもあったわけです。」

Q これからのアニメ業界とジブリについて
「アニメ業界のことはあまりよく分からないのですが、手法に関して言えば、手書きのアニメーションは減って、コンピューターグラフィックスが主流になってくると思います。そんな中で、どんな企画をやっていくかをジブリは考えています。かつては、世界中、その国ごとに違う問題や描くべきテーマがありましたが、現在は世界の問題が1つになっていると思うのです。その問題を解決するために、何をやっていくか、それが今後の企画のテーマになっていくのではないかと思います。」

Q ジブリの30年という節目を経て、今後のジブリの展望は?
「振り返ると、平成は女性が大きく変わった“女性の時代”ではないかと思います。だからこそ、これからは男の子(少年)の物語を作りたいと思っています。今、宮崎監督が作っているのも、男の子が主人公の作品です。これまでジブリ作品のヒロインは、ほとんどが女性なので、ファンに納得いただけるかは心配ですが(笑)」。

Q 「ジブリの大博覧会」は各地で開催されているが、各地を巡回し鈴木さんが思うことは?
ジブリ人気のすごさに驚いています(笑)。スタジオジブリは、宮崎駿と僕の2人で作ったものですが、ジブリ作品の人気に、僕らが支配されているようなところがあるのです。その影響力から、いかに脱却するかが今後の課題です(笑)」。

個人的にも福岡が大好きだという鈴木プロデューサー。質疑応答でも答えていたように、作り手の意図を超えて、ジブリ人気は高まる一方。今回の大博覧会も、「見る人それぞれがどう自由に楽しんでくれるか、その想像を超える反応に期待している」と語ってくれた。

 

多彩なジブリグッズや、本会場から新登場の「王蟲」のフィギュアなど、ついつい財布の紐が緩みそうなグッズショップまで、見どころが満載の『ジブリの大博覧会』。友だちや家族を誘って、早めに出かけよう。

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini e794a50fea

北九州市立美術館 開館50周年記念
「足立美術館所蔵 横山大観展」スライドトーク

2024/04/13(土) 〜 2024/05/02(木)
北九州市立美術館 本館

Thumb mini b156a79869

収蔵作品展
センス・オブ・ワンダー

2024/03/12(火) 〜 2024/05/06(月)
都城市立美術館

Thumb mini 5ac71fa77e

春の特別展「カラーズ ~自然の色のふしぎ展~」

2024/03/16(土) 〜 2024/05/06(月)
北九州市立いのちのたび博物館

Thumb mini d9d6db5602

特別企画展
オードリー・ヘプバーン 写真展

2024/03/20(水) 〜 2024/05/06(月)
鹿児島市立美術館

Thumb mini fb2248f7fb

かみよりつぐかたち -紙縒継像-
新聞紙から生まれる動物たち

2024/03/23(土) 〜 2024/05/06(月)
みやざきアートセンター

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 4f3ef87c3c
ニュース

祝!20万人突破!「ジブリの大博覧会~ナウシカからマーニーまで~」【NEWS】

Thumb mini ea9280df17
インタビュー

町田啓太さんにインタビュー! 音声ガイドを務める特別展「生誕270年 長沢芦雪」 九博で来年2月に開幕!

Thumb mini a8aef0aee6
インタビュー

【対談】㊤ 神に捧げた心と体 佐藤究さん(作家)×河野一隆さん(東京国立博物館)/「古代メキシコ」展、九州国立博物館

Thumb mini 00472e9c82
インタビュー

子ども驚かせるリアリズム メカデザインの〝レジェンド〟 宮武一貴さんに聞く 福岡市美術館「日本の巨大ロボット群像」展 松本零士さんとの思い出も【インタビュー】

Thumb mini 8994e4f42b
インタビュー

展覧会「ヨシタケシンスケ展かもしれない」が開催中! 絵本作家・ヨシタケシンスケさん【インタビュー】

特集記事をもっと見る