九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  レポート ›  特別展「高畑勲展 日本のアニメーションに遺したもの」が福岡市美術館で開幕! 日本アニメの礎を作った“高畑演出”に迫る【レポート】

特別展「高畑勲展 日本のアニメーションに遺したもの」が福岡市美術館で開幕! 日本アニメの礎を作った“高畑演出”に迫る【レポート】

Thumb micro d98022b6fa
秋吉真由美
2021/05/14
LINE はてなブックマーク facebook Twitter

 福岡市美術館(福岡市中央区)で特別展「高畑勲展 日本のアニメーションに遺したもの」が開催されています。演出の原点となった初の長編作品『太陽の王子ホルスの大冒険 』をはじめ、『アルプスの少女ハイジ』『赤毛のアン』『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』、遺作となった『かぐや姫の物語』など数々の名作を残した、“絵を描かない”アニメーション映画監督・高畑勲さん。多数の絵コンテや背景画、未公開資料などを織り交ぜながら、“高畑演出”の妙に迫ります。

 

初の長編作品は、集団制作の仕組みを模索

 高畑さんは1959年に東映動画(現在の東映アニメーション)に入社。第1章では、演出助手時代に手がけた『安寿と厨子王丸』(1961)、TVシリーズ『狼少年ケン』(1963~1965)などの貴重な絵コンテが並びます。

企画書やスタッフの意見などの貴重な資料も

 初の長編アニメーション初演出(監督)作品となった『太陽の王子ホルスの大冒険 』(1968)では、分業が当たり前のアニメーション制作の現場で、脚本の初稿のコピーをスタッフに配布して担当業務に限らず意見を求めるなど、当時では画期的な集団制作の仕組みを模索していたといいます。

東映動画スタジオ内観
アニメーターの机 東映アニメーション所蔵

 

 

当時では異例の海外ロケも敢行

 東映動画を去った後、『アルプスの少女ハイジ』(1974)や『母をたずねて三千里』(1976)、『赤毛のアン』(1979)など、TVの名作シリーズを手がけます。第2章では、宮崎駿さんをはじめとするチームによる絵コンテや背景画などを展示。丁寧に日常を描く演出で名作を完成させました。

『アルプスの少女ハイジ』の風景画などが一堂に
アルプスの少女ハイジ©ZUIYO 「アルプスの少女ハイジ」公式ホームページhttp://www.heidi.ne.jp 

 『アルプスの少女ハイジ』は、アニメーションでは初の海外ロケを敢行するなど、ここでも画期的なアニメ制作を展開します。大自然をそのまま描いた鮮やかな背景画は、時間を忘れて眺めてしまいます。

『パンダコパンダ』(1971-72)宮崎駿氏によるレイアウト
パンダコパンダ©TMS

 

 

描く舞台は、日本へ

 1985年に設立参画したスタジオジブリでは、『火垂るの墓』(1988)や『おもひでぽろぽろ』(1991)、『平成狸合戦ぽんぽこ』(1994)など、日本を舞台にした作品を生みだします。

火垂るの墓©野坂昭如/新潮社,1988
火垂るの墓©野坂昭如/新潮社,1988
『おもひでぽろぽろ』(1991)レイアウト
おもひでぽろぽろ©1991 岡本螢・刀根夕子・Studio Ghibli・NH
『平成狸合戦ぽんぽこ』(1994)イメージボード
平成狸合戦ぽんぽこ©1994 畑事務所・Studio Ghibli・NH

 

 

線や淡い色彩が生む躍動

 第4章では、原作の描線を生かした『ホーホケキョ となりの山田くん』(1990)や8年の歳月をかけて映画化した『かぐや姫の物語』(2013)など、手描きの柔らかい水彩画タッチの世界観が広がる作品に注目。デジタル技術で手描きの水彩画のニュアンスを実現するという、世界でも例にない技法を、映像を交えながら紹介します。

かぐや姫の物語©2013 畑事務所・Studio Ghibli・NDHDMTK

 かぐや姫が十二単を脱ぎ捨てて疾走する場面は、1枚1枚の原画と映像を見比べると線が持つ躍動感をひしひしと感じることができます。

併設するショップでは、展覧会限定のグッズも多数並んでいます

 常に新しい表現を求め、何度も議論を重ねていく、正解のない創作に向けるその姿勢に感服。個性的なキャラクターと推敲されたストーリー展開。幅広い世代に愛される作品の舞台裏がのぞける展覧会です。

 開催は7月18日まで。

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini c2fb8099a8
終了間近

下関市立美術館所蔵品展 No.158
海と美術
生誕100年 宮崎進の道程

2022/06/18(土) 〜 2022/08/14(日)
下関市立美術館

Thumb mini ca19e7babf
終了間近

はしもとみお木彫展 ー カタチの生まれるところ

2022/07/01(金) 〜 2022/08/14(日)
防府市地域交流センター(アスピラート)

Thumb mini d5732030da

国立国際美術館コレクション 現代アートの100年
ハロー、アート!世界に夢中になる方法

2022/06/11(土) 〜 2022/08/21(日)
大分県立美術館(OPAM)

Thumb mini 1e85aa4e9b

「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念
アーノルド・ローベル展

2022/06/18(土) 〜 2022/08/21(日)
長崎県美術館

Thumb mini 75764e3543

tupera tuperaのかおてん.

2022/07/01(金) 〜 2022/08/21(日)
福岡市美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 5e294c3905
レポート

 “九大のお宝”が一堂に集結! 大野城心のふるさと館で「九大のお宝、み~つけた!『知』のワンダーランドへようこそ」が開催中

Thumb mini 4d54f0a6cb
レポート

福岡アジア美術館で開催中の「絵本ミュージアム」を体感しよう♪

Thumb mini 3ae3afb27c
レポート

「tupera tuperaのかおてん.」が福岡にやってきた!

Thumb mini e75172a949
レポート

福岡市博物館のミュージアムショップで人気! 国宝「金印」グッズの人気ベスト5

Thumb mini 1b6b949419
レポート

【アート×グルメ】アートの余韻をスパイスに。ミュージアムで味わう「食」

特集記事をもっと見る