九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

HOME ›  FEATURE ›  レポート ›  福岡市美術館の仮囲いに、絵本作家・荒井良二さんと子どもたちが描いた壁画が誕生!【レポート】

福岡市美術館の仮囲いに、絵本作家・荒井良二さんと子どもたちが描いた壁画が誕生!【レポート】

Thumb micro 31eaf72867
伊勢田美保
2017/11/14
LINE はてなブックマーク facebook Twitter

大濠公園に面した「福岡市美術館」が、昨年9月から休館中なのは、みなさんご存知でしょうか?2019年3月(予定)のリニューアルオープンに向けて、今着々と工事が進んでいます。その周囲を取り囲む「仮囲い」に先日、新たなアートが誕生しました。これは、福岡市美術館の開館記念日である11月3日(文化の日)に、公募で集まった子どもたちと絵本作家・荒井良二さんにより描かれたものです。

誕生した壁画がこちら!

荒井さんは、2005年に日本人として初めて、子どもの絵本の国際的な賞である「アストリッド・リンドグレーン記念文学賞」を受賞するなど、まさに日本を代表する絵本作家の一人。『たいようオルガン』、『あさになったら まどをあけますよ』などに代表される絵本のほか、NHK連続テレビ小説「純と愛」のオープニングイラストも担当されており、一度は目にしたことのある方も多いかもしれません。大人の常識に縛られず、日々の暮らしを子ども目線で見て描き出した画風やストーリーに、親子ともにファンの多い人気作家です。

その荒井さんと絵が描けるなんて!と、ワークショップには募集枠の3倍以上の子どもたちが応募。当日は、小学校3年生〜中学3年生の30人が、秋晴れの空の下に集まりました。今回はその模様をお届けしたいと思います♪

爽やかな午前中のお庭で、真っ白なパネルを前にする子どもたち。

ワークショップは美術館公園側にある「国際友好の森」というお庭で10:30にスタート。

5班に分かれ、用意された高さ1.5m×幅4mの鉄製パネル5枚に、アクリル水性ペンキを使って描いていきます。まずは、パネルの上に物を置き、落とさないよう動かしてみるなどのウォーミングアップで体の緊張をほぐして、下地塗りまで行いました。

真っ白のパネルを前に、最初は硬直していた子供たちも、手を動かすと次第にリラックスしていった様子。

 

ポカポカのお日様のおかげで、午後には下塗りのペンキもすっかり乾燥。ここからは、「未来の美術館」をテーマに、各班に分かれて考えていきます。「未来の美術館ってなんだろ?」「どんな形かな?」。水の中の美術館、浮かぶ美術館など、子どもたちから自由な発想が飛び出します。

紙にアイデアを書いてみたり。

ある程度テーマが固まったところで、白や黒の絵の具で形を描き、色を重ねていきました。

お喋りしながら進める子、一人黙々と塗り進める子など個性があります。
荒井さん自らも手を動かしながら各班をまわります。

荒井さんからは「もっと水を使うと塗りやすいよ」「線はつぶしてもいいんだよ。同じじゃつまんないから強弱をつけてみて」などぽんぽんアドバイスをしながら、「仕上げ」に向かいそうな各班の絵に、あえて絵の具をボトボト、爪でカキカキ!日頃ご自身の作品を描く際にもされているであろう、枠にとらわれない描き方に子どもたちもびっくり。

どんどん塗り重ねていく荒井さんに対し、「結構その色を作るのに時間かかったんだよ〜」と子どもに叱られ(?)、「すみません〜」と荒井さんが平謝りするという1場面も(笑)些細なやりとりに、絵で大人と子どもの垣根を超えてしまうお人柄がにじんでいました。

「いいね〜」「カッコい〜」を連呼する荒井さんに乗せられて、子ども達もぐんぐん描いていきます。

画材は、筆や刷毛に留まらず、手や爪、段ボールの切れ端・・と、これも自由!「ベタッと塗ったところ、そうでないところ、いろんな表現ができると面白いよね」という荒井さんの言葉通り、画材に縛りがないことで子どもたちのテンションもアップ。

たくさんの画材や色から好きなものを選びます。

そうして、終了時刻までラスト数分。「終わり〜!」の声にもなかなか手を止めない子供たち。約5時間かけて行われたライブペインティングが無事、終了しました。

真っ白のパネルが数時間でこんなにカラフルに!

出来上がったのは「形のない美術館」「移動できる美術館」「海の中の美術館」「電球」「春夏秋冬」の5つ。それぞれにしっかりとしたコンセプトやストーリーがあり、発想の豊かさに、見ていた大人も驚かされるばかりでした。

総評として荒井さんは、「描かれたものの良し悪しより、知らない者同士がある一つのテーマに沿って話し合って、決めていくということがワークショップの面白さ。自分の意見が通らなかったりする大変さもあるけど、自分の意見も伝えながらみんなでやるのが大切ですね」とコメント。

絵のテーマをしっかりと説明する子どもたち。荒井さんも「いいものができました。長時間お疲れ様でした」と納得のご様子。

参加者の一人に感想を尋ねると、「最初は知らない子ばかりで緊張したけどだんだん慣れてきて、話せるようになった。こんなに大きなキャンバスに描いたことないから楽しかった!」とペンキでカピカピになった手を見せてくれながら話してくれました。

最後は集合写真を撮って笑顔でフィニッシュ!各々達成感に溢れた顔でした。

 

「未来の美術館」を想像して子どもたちと荒井さんが思いを込めて描いたこのパネルは、リニューアルオープンまでの一定期間仮囲いに設置され、自由に観覧OK。ぜひウォーキングの途中などに見ていってみてください。そして再来年、この仮囲いの向こうで新たな美術館に出会えるのを楽しみに待ちましょう♪

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 9f29bd36db

ミュージアムキッズin古墳館

2018/06/23(土)
熊本県立装飾古墳館

Thumb mini 2c9ebcbe50
終了間近

長島コレクションによる小企画
小さな さつま焼展

2018/03/11(日) 〜 2018/06/24(日)
長島美術館

Thumb mini c06ddb8329
終了間近

明治150 年記念特別展
写真発祥地の原風景 長崎
~写真で振り返る幕末・明治の長崎~

2018/05/22(火) 〜 2018/06/24(日)
長崎歴史文化博物館

Thumb mini 83bf8b22cf

シネマカフェ@小倉昭和館「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」タイアップイベント

2018/06/26(火)
小倉昭和館 2号館

Thumb mini 7914c620be

記念上映会 @小倉昭和館「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」タイアップイベント

2018/06/23(土) 〜 2018/06/29(金)
小倉昭和館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini bb52984049
ニュース

草間彌生の《南瓜》が福岡城さくらまつりに出張中!【ニュース】

Thumb mini 5df594b110
レポート

天か地獄か、死者は10人の王に裁かれる -エンマと地蔵菩薩-【レポート】

Thumb mini 8e0627e387
レポート

名画の楽しみ方|知るほどに展覧会の魅力が深まる【レポート】

Thumb mini 342a711247
レポート

知るほどに作品の見方、感じ方が変化する。「至上の印象派展」勉強会【レポート】

Thumb mini 8519fc9e5f
レポート

満開の桜に負けず劣らず人々を魅了した「福岡城まるごとミュージアム」【レポート】

特集記事をもっと見る