九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  レポート ›  日本の女の子の夢と憧れ。「時代のアイコン」の足跡をたどる 誕生50周年記念「リカちゃん展」【レポート】

日本の女の子の夢と憧れ。「時代のアイコン」の足跡をたどる 誕生50周年記念「リカちゃん展」【レポート】

Thumb micro 6e69b4f50a
アルトネ編集部
2018/03/02
LINE はてなブックマーク facebook Twitter

1967年に日本で誕生し、半世紀以上にわたって日本の着せ替え人形界のクイーンの座を守り続ける「リカちゃん」。その歩みをたどる「誕生50周年記念 リカちゃん展」が3月28日(水)まで、福岡市早良区百道の福岡市博物館で開催されている。
リカちゃんやその家族、友達など約580体の人形を、発売当時の時代背景やファッションと共に紹介。開発ノートやリカちゃんハウスなど約70点の資料、「SWAROVSKI」など有名ブランドや著名人50組によるコラボリカちゃんなどを展示している。少女時代のワクワク感を胸に、数十年ぶりにリカちゃんに会いに行った。

福岡市博物館のエントランスの奧に、実際に入ることができる「等身大パッケージ」を発見。まずはリカちゃんになりきって、インスタにアップしたい。

リカちゃん展へ足を踏み入れると、初代と4代目がお出迎え。展示会の構成は、「開発」「初代から現在までのファッション・ライフスタイル」「コラボ」に大きく分かれる。まずは「開発」からスタート。

左:初代リカちゃん、右:4代目リカちゃん

憧れのファッションと豊かなライフスタイル。「時代のアイコン」的存在で、いつの時代も女の子を夢中にさせてきたリカちゃん。その初代を作ったのは、当時のタカラの男性社員たち。「本当に日本の女の子の喜ぶ人形が作りたい」という理念の下、女の子にヒアリングし、日本の少女漫画のヒロインのような顔立ちの人形にたどり着いた。開発ノートには、髪の毛の生え際の薄さ、一重か二重かなど、地道な検証記録がつづられている。「ものづくりニッポン」の歴史も垣間見られる。

展示コーナー「フェイスとボディの変遷」でも、女の子のわがままな要望に応える日本のおじさんの気概を感じる。手・足・首・胴の可動域、微妙なボディバランス、ハイヒールを履かせられる足など、細かなマイナーチェンジが繰り返されている。
初代から4代目までの変化を見比べるのも面白い。4代目を初代と比べると、黒目がちで目力の強い初代に対し、4代目は目が大きく、瞳の輝きの数やまつげの位置で柔らかい印象に。顔は小顔になり、鼻筋が通り下唇がぷっくりとして「愛され顔」に変化している。

リカちゃん最大の魅力は、時代を反映したファッション! 音楽家の父とファッションデザイナーの母のもとに生まれた11歳のリカちゃんは、当時最先端のファッションに身を包んでいる。まさに時代のアイコン!
展示会場の多くは、カラフルな衣装をまとったリカちゃんで埋め尽くされている。サイケ、ヒッピー、カントリー、コンサバ、現代になるとロリータ、ストリートなど、50年分のオシャレの歴史が時系列で丸わかり。

キャラクター界の重鎮、サンリオの「リトルツインスターズ」「ハローキティ」ともコラボ(左から2番目、3番目)。

シリーズには、人形、洋服、アクセサリーの他に、家や店などを模した「ハウス」がある。子どもの頃、ほしいおもちゃはたくさんあっても、買ってもらえる機会は、誕生日などのイベント時にしかない。ハウスまでそろえている子は、周囲ではわずかだった。会場では、ハウスをのぞき込んでいた40代とおぼしき女性が「医者の子どもの家にはあって、うらやましかった~」と叫んでいた。見知らぬ人と思い出が共有できるのも、リカちゃん展ならでは。

最近のものは豪華。エレベーター付き。
 

中には、リカちゃんの世界観とは遠く感じる不思議なハウスも。「ラーメン一番」は、どれほどの女の子の心をつかんだのだろう?
 

展示の最後を飾るのは、50周年を記念したコラボリカちゃん。おなじみのキャラクター、ブランド、企業がズラリ。
くまモンの顔、怪しいけど本物だモン。

スワロフスキーのキラキラがレフ版効果? 肌の白さが際立ち、かわいさ2割増し。

博多織の着物姿のリカちゃんは、福岡会場限定。

会場入り口横には、グッズの販売コーナーも。リカちゃん展限定のクリアファイル、タンブラー、Tシャツ、メモ、バッグなど。

「このドレス、似合ってるかな?」どこで使ったらいいのか分からないけど、かわいいマスキングテープ。限定商品に限らず、ついいろいろ買ってしまいそう。なお、商品の数には限りがあるので完売の可能性も。

リカちゃん展は、胸を熱くしたかつての女の子、親子、家族はもちろん、男性にもオススメしたい。女の子の世界に汗をかいた男たちの物語でもあるのだから! 「誕生50周年記念 リカちゃん展」は3月28日(水)まで好評開催中。

© TOMY

­

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 3f9b4fc104
終了間近

TOTOギャラリー・間 北九州巡回展
トラフ展 インサイド・アウト

2018/08/21(火) 〜 2018/12/23(日)
TOTOミュージアム

Thumb mini 995094216b
終了間近

アジサカコウジ冬個展 2018「nana sauvage」

2018/11/24(土) 〜 2018/12/23(日)
EUREKA エウレカ

Thumb mini 708f65093f
終了間近

Art Exhibition “Ignition Field”
発生の場

2018/12/07(金) 〜 2018/12/23(日)
佐賀大学本庄キャンパス芸術地域デザイン学部3号館ほか2か所

Thumb mini 34198aee62

巨大レゴブロック「凌風丸」初上陸イベント
ミニ「凌風丸」ワークショップ

2018/12/23(日)
佐野常民記念館 コミュニティ広場

Thumb mini e8474f8cfa
終了間近

漫画界のレジェンド
松本零士展

2018/10/27(土) 〜 2018/12/24(月)
熊本県立美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 86f8b0a981
レポート

世界遺産「三重津海軍所跡」に巨大レゴブロック「凌風丸」が初上陸!【レポート】

Thumb mini 3d2c0a4ba1
レポート

「幻の楽器」オークラウロ、九州にて初演奏【レポート】

Thumb mini 96972fb3cf
レポート

古い街並みと新しいアートの融合「博多旧市街まるごとミュージアム」【レポート】

Thumb mini 4c9d2298b7
レポート

リニューアルした福岡市美術館を大解剖!【内覧会レポート】

Thumb mini 672829afdd
レポート

鹿鳴館から皇居まで手がけた大倉組商会。コレクターの人物像と時代背景を知り見え方を深める【レポート】

特集記事をもっと見る