九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

HOME ›  FEATURE ›  レポート ›  【レポート】デザイナーが語る!ディック・ブルーナのシンプルの秘密とは?

【レポート】デザイナーが語る!ディック・ブルーナのシンプルの秘密とは?

Thumb micro 6e69b4f50a
アルトネ編集部
2017/06/28
LINE はてなブックマーク facebook Twitter

 

展覧会メインビジュアル BLACK BEAR © copyright: Dick Bruna


はじめまして。福岡で活動しているグラフィックデザイナーの三迫太郎です。7月2日(日)まで三菱地所アルティアムで開催中の「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン」展のオープニングトークに行ってきました。

会場は、アルティアムが入っているイムズの10階にあるセミナールーム。ゲストは展覧会のアートディレクションを手がけた菊地敦己さんと、出展デザイナーで、絵本の著作もある中村至男さん。聞き手は企画を担当されたブルーシープの服部彩子さん。普段のお仕事ではユニークな色や形を操るゲストの二人から、デザイナーとしてのディック・ブルーナについてどんなコメントが出てくるのか楽しみです。


企画のはじまり:ブルーナの「シンプル」の正体

菊地さんに展覧会のメインビジュアルを依頼する際、今回はデザイン展として成立させたいということで、企画自体についても相談があったそう。以前からブルーナの仕事に様々な形で関わり、『こどもと絵で話そう ミッフィーとフェルメールさん』などの絵本も制作されている菊地さん。この展覧会の企画について、どんな興味を持って関わられたのでしょうか。

菊地敦己さん(以下、菊):僕はもともとブルーナは好きでしたし、キャラクターではなくグラフィックデザインとして捉えていたので、面白そうだなと。ブルーナを通して、グラフィックデザインの考え方が伝わる展覧会になったら良いなと思いました。

服部彩子さん(以下、服):企画のかなり早い段階から「シンプル」がテーマになりそうだという話は出ていました。そして、ブルーナさんのデザインって、ただの「シンプル」じゃないですよね。

菊:そうですね。デザインといった時に「白くて角張ったシンプルなもの」という風潮が僕はすごく嫌いで(笑)。ミニマルなものをよしとする美意識が信用されすぎている。僕もかなり単純な図形を使ったデザインをしますけど、シンプルな中に別な意味や余分な要素をどうやって存在させることができるかが、結構大事なんです。使っている要素は似ていても、モダンデザイン的な様式とはちょっと距離があるんです。 ブルーナの形は、最初からシンプルな形があるんじゃなくて、元にちゃんと具体的なものがあって、それが簡略化されていく段階があるように感じます。だからシンプルな形にも、表情があるのではないかと思います。

123
次のページへ

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 475fd8291c
終了間近

ニコラ・デぺトリス 「人と風景」

2017/11/11(土) 〜 2017/12/16(土)
アンスティチュ・フランセ九州5Fギャラリー

Thumb mini dc981bad9f
終了間近

古唐津

2017/10/27(金) 〜 2017/12/17(日)
出光美術館(門司)

Thumb mini 10eb6bfa39

<サンシャワー展緊急企画>
爆音映像ナイト☆タイの新鋭映像作家コラクリット

2017/12/22(金)
福岡アジア美術館

Noimage

「新・桃山展」関連企画
<新・桃山展>の仲間たち

2017/09/16(土) 〜 2017/12/23(土)
九州国立博物館

Thumb mini 80502bef80

西野 達 in BEPPU

2017/10/28(土) 〜 2017/12/24(日)
別府市内各所

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 4afc8b0319
レポート

「アルチンボルドの天性のバランス感覚は秀逸!」《ルドルフ2世展》片桐仁講演会【レポート】

Thumb mini 02be3f1251
レポート

「Local Prospects 3」が開幕! 気鋭の作家4名の声【レポート】

Thumb mini 7299f0a51d
レポート

アルチンボルド風自画像も体験できる! ルドルフ2世 驚異のワンダーランドを目撃せよ!【レポート】

Thumb mini c16569418f
レポート

展覧会限定グッズが盛りだくさん!「ゲゲゲの人生展」は、グッズもすごい!【レポート】

Thumb mini 1bb092da11
レポート

福岡とアジアの繋がりも感じつつ楽しみたいアジ美の「サンシャワー展」【レポート】

特集記事をもっと見る