九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

HOME ›  FEATURE ›  連載記事 ›  【連載】藤浩志 地域と美術のすきまのやもり 36

【連載】藤浩志 地域と美術のすきまのやもり 36

Thumb micro fa6a5588b3
藤浩志
2017/12/12
LINE はてなブックマーク facebook Twitter

食うために働く?​

 食うために働いていると人は言う。本当だろうか?もらっている1カ月分の給料すべてを使ってお米を買った。1トンのお米が買えてしまった。1トンというのは10キログラムの袋だと100袋分。節約して食べて行けば10年近くは食べて暮らせる。米と水だけがあれば生きて行けるとの幻想はある。パプアニューギニアの奥地では自然の恵みに囲まれてコミュニティーの中で暮らしていることだけで豊かで、いくらお金を持っていても使う機会がない。
 しかし、東京で暮らし始めると、その現実はどうだろう。実家を離れ、自然と離れ、親戚縁者とも離れて暮らしているので、現金に頼る生活になってしまう。たとえ無償で取り壊しになる前の廃虚に暮らしているにしても、光熱費、通信費、交通費、コンピューターやバイクのローン、たまに行く同僚や友人との付き合いや、意味がわからない将来の保険や年金、税金などで手元に残るお金は少ない。食べるためと言いながら、生きてゆくためというよりはむしろ、活きてゆくため、活動をするためにお金が必要なのだ。
 食うという点から考えると、自然との、友人や親戚や生産者との、関係をしっかり持っていて、信頼されるところにいて、自然のために、人のために、動いてゆくことができれば生きてゆける。そんなことを考えていた。
 それにしても問題は買ってしまった1トンのお米である。実は勤めていた会社の社長がアフリカなど開発途上国での飢餓問題に対して、募金と署名活動を行っていたことに対する違和感から、僕なりに何ができるかを考えた結果のデモンストレーションだった。青年海外協力隊での活動の経験から募金と署名では飢餓は無くならないという確信のようなものを持っていて、食糧問題の本質を探る過程で直面する食糧が持つ「輸送と保存が困難」という問題を身をもって体感する行為だった。
 当初は全部食べるつもりでいた。何年かかっても一切捨てずに食べ続けようとした。しかし、1年も経(た)つと、お米に虫が湧き始めた。(美術家。挿絵も筆者)=8月18日西日本新聞朝刊に掲載=

連載:地域と美術のすきまのやもり 一覧

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini dc1ea301f7

ワイングラス片手にけやき通り散策
ギャラリー梯子酒 Vol.8

2018/07/21(土)
ギャラリーモリタ (受付場所)

Thumb mini b43e4ea320
終了間近

アート&デザインの大茶会
マルセル・ワンダース、須藤玲子、ミヤケマイ

2018/06/15(金) 〜 2018/07/22(日)
大分県立美術館(OPAM)

Thumb mini b35998970a
終了間近

「本橋成一 在り処」

2018/06/16(土) 〜 2018/07/22(日)
田川市美術館

Thumb mini 1dcc27d61f

「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」関連イベント
山田全自動とめぐる!春信展みどころダイジェスト

2018/07/27(金)
福岡市博物館

Thumb mini 0138b01cf3

九州産業大学美術館「パリ→池袋→福岡・モンパルナス-芸術家が街に出る-」関連イベント
福岡モンパルナスツアー 

2018/06/30(土) 〜 2018/07/28(土)
天神・中州エリアのアートスポット

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 3e282f950a
連載記事

【連載】藤浩志 地域と美術のすきまのやもり 50

Thumb mini 5647fca133
連載記事

【連載】藤浩志 地域と美術のすきまのやもり 49

Thumb mini e2feff1ff3
連載記事

【連載】藤浩志 地域と美術のすきまのやもり 48

Thumb mini 6fe7d78448
連載記事

【連載】藤浩志 地域と美術のすきまのやもり 47

Thumb mini d8a213758a
連載記事

【連載】藤浩志 地域と美術のすきまのやもり 46

特集記事をもっと見る