九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  連載記事 ›  遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<84> 【連載】開かれる世界 異常事態の渦中で 取り戻される日常

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<84> 【連載】開かれる世界 異常事態の渦中で 取り戻される日常

2023/05/08 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

 3年以上続いてきた本連載も、とうとう最終回を迎えた。いま確かめてみたところ、記者の方から最初の依頼がわたしのもとに届いたのが、ちょうど2020年の3月11日のことだった。この日は東日本大震災から9年目の日にあたっていたが、WHOが世界に向け「パンデミック」を宣言した日でもあった。その宣言が取り下げられたかというと、実はまだ取り下げられてはいない。つまり、世界はいまだ新型コロナ・ウイルス感染症による大流行の真(ま)っ只(ただ)中ということになる。だが、コロナ禍は着実に収束しつつある。このギャップはいったいなんだろう。

 普通に考えれば、「もはやパンデミックはない」と公認されてから解除されてよいはずのことが、どんどん前倒しされている。思い出すのは、先に触れた東日本大震災をきっかけに起きた福島第1原発事故で政府が発令した「原子力緊急事態宣言」も、同一にまだ解除されていないということだ。つまり2023年5月の時点で、わたしたちは依然として原発事故による「緊急事態」と、新型コロナによる「パンデミック」という二つの異常事態の渦中にいることになる。が、そんなことを文字通りに受け止める人は、もはやほとんどいない。

 それどころか、世界は急速にパンデミック以前の日常を取り戻そうとしている。結局わたしたちは、「ポスト・コロナ」や「ウィズ・コロナ」を通じて生き方を変えたというよりも、コロナで被(こうむ)った大損を取り返そうとするかのように、「プレ・コロナ」へと大急ぎで引き返しつつあるのだ。

 たとえば、3月末に閣議決定された「観光立国推進基本計画」(2023年度から)では、訪日外国人旅行消費額5兆円、国内旅行消費額20兆円の早期達成を目指す(観光庁HP)。宣言が解除されないまま、インバウンド事業を主軸とする「観光」モデルが、まるでコロナ禍などなかったかのように国の力で大幅に底上げされ、急激に過熱化すれば、新たな未知の感染症が発生するリスクも桁違いに上昇する。そこでは、観光の目玉としてアートも大きな働きをなすはずだ。「遮られる世界」で真っ先に後回しにされた文化・芸術は、「遮られた世界」から人々が回復するためなら、格好の口火とされる。

 いずれにしても、そうして「新型コロナウイルス感染症」は、急速に忘却されていくのだろう(ただでさえ覚えにくい名称だった)。100年前の「スペイン風邪」でさえ、そうだったのだ。それで言うと、わたしたちが未知のウイルス感染を恐れ家に閉じこもっていた頃、イタリアの作家、パオロ・ジョルダーノの『コロナの時代の僕ら』が世界26カ国で緊急出版された(日本では早川書房、翻訳=飯田亮介)その「あとがき」で彼は、「すべてが終わった時、本当に僕たちは以前とまったく同じ世界を再現したいのだろうか」、「そのうち復興が始まるだろう。だから僕らは、今からもう、よく考えておくべきだ。いったい・何に元どおりになってほしくないのかを」(傍点筆者)と記している。それはイタリアでコロナの感染者がバタバタと倒れていくなかで書かれた。でも本当は、今こそ読まれるべきものかもしれない。

 本連載も当初、単発の読み切りの提案があった。それが短期集中となり、次に毎週となり、やがて隔週となって、とうとう3年以上にわたり書き継いだ。内容もウイルスのように次々と変異した。だからこそ、これが本当の「最終回」となることを心から望む。(椹木野衣)
                                =おわり
=(5月4日付西日本新聞朝刊に掲載)=


椹木野衣(さわらぎ・のい)
美術評論家、多摩美術大教授。1962年埼玉県生まれ。同志社大卒。著書に「日本・現代・美術」「反アート入門」「後美術論」「震美術論」など。

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini e702b48d9f
終了間近

ブルーナ絵本展

2024/03/30(土) 〜 2024/04/21(日)
福岡三越9階「三越ギャラリー」

Thumb mini e794a50fea

北九州市立美術館 開館50周年記念
「足立美術館所蔵 横山大観展」スライドトーク

2024/04/13(土) 〜 2024/05/02(木)
北九州市立美術館 本館

Thumb mini b156a79869

収蔵作品展
センス・オブ・ワンダー

2024/03/12(火) 〜 2024/05/06(月)
都城市立美術館

Thumb mini 5ac71fa77e

春の特別展「カラーズ ~自然の色のふしぎ展~」

2024/03/16(土) 〜 2024/05/06(月)
北九州市立いのちのたび博物館

Thumb mini d9d6db5602

特別企画展
オードリー・ヘプバーン 写真展

2024/03/20(水) 〜 2024/05/06(月)
鹿児島市立美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<82> 【連載】ポスト・コロナの行方 深層には恐れや執着  「夢」の推移に注目を

Thumb mini c32a1e9f35
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<81> 【連載】政府の新指針 無意識の「風景」に マスクは定着したか

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<80> 【連載】無形の「副反応」 震災の二次的被害同様 「関連死」はこれから?

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<79> 【連載】オンライン依存 遠隔的な対話に欠ける何か 分断、衝突を招く危うさも

Thumb mini f12b2f860d
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<78> 【連載】「反建築家」の死 相次ぐ文化人の訃報 どんな影を落とすか

特集記事をもっと見る