九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  コラム ›  分断の時代 曖昧な境界を縁どり 福岡アジア美術館のレジデンス成果展 【コラム】

分断の時代 曖昧な境界を縁どり 福岡アジア美術館のレジデンス成果展 【コラム】

2022/12/08 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

 近年、「分断」や「断絶」といった言葉が飛び交う。それが新型コロナウイルス禍で一層可視化された。美術家による福岡アジア美術館(福岡市)のレジデンス制作の成果展「境界を縁どる―石、呼吸、埋立地」は、その言葉を一度立ち止まって考える機会になる。

 新型コロナの影響で、同館のレジデンス企画は3年ぶり。アジア在住者対象だった募集を、海外、日本、福岡に拡大して実施した。本年度第2期の成果発表となる本展は9月中旬から福岡市内に滞在した大阪、北九州市、台湾の3人がインスタレーション作品を出品し、福岡市が旧舞鶴中校舎に整備した「アーティストカフェ福岡」と同館、銭湯「本庄湯」(同市中央区今泉)で展示している。

 大阪の大西康明(43)の「境の石 室見川」は、室見川の河原の石をかたどりした銅はく約2千個を巡らせたインスタレーション。ワークショップなどに参加した市民と、川にまつわる思い出を語り合いながら石をかたどりした。会場には、星くずが広がる銀河のように、空洞の銅はくがあちこちに散らばってつるされ、そのさまざまな大きさ、形状からは、かたどられた石が川に流される中で削り取られてきた時間の流れを想像できる。人々の断片的な記憶と時間の集合体がこの人為的に再構成された「川」に流れているかのようだ。

大西康明が制作した石をかたどりした銅はくを巡らせたインスタレーションは、立ち位置によって目線の先の窓から外の景色が見える

 北九州市のソー・ソウエン(27)の「Bellybutton and Breathing―お臍(へそ)と呼吸」は、暗い空間の床にランダムにモニターを置いた作品。モニターには、腹式呼吸する人たちの臍が映し出され、その呼吸音とともに繰り返し流れ続けている。

キャプション腹式呼吸する人の臍の映像があちこちで繰り返し流れるソー・ソウエンの作品

 人間誰しもが母と臍の緒が切れた瞬間から、独立した個人として自分のリズムで呼吸をして生き始める。いくつもの「臍」に囲まれたこの空間で一緒に呼吸をしているとそのリズムが分からなくなった。「きちんと呼吸しなければ」と意識させるほど息苦しさも感じさせ、人種や性別、肩書など属性が求められがちな現代社会への疑問やアイデンティティーの揺らぎを浮き彫りにする。

 台湾のゴン・ジエション(耿傑生、33)=台湾=の「水循環 ウォーターサイクル」は、福岡市内各地にある埋め立て地の水の行方を追う。作家自ら浴槽を背負って地域の人に水やカッパにまつわる逸話を尋ねながら、工事で水流が変化した場所や、人工的にできた川や池を巡り、ひしゃくで水をくみ取っていく。最終地点の百道浜では浴槽に漬かる。その一連の様子を映像作品にした。

ゴン・ジエションの海や池の水と区別せず循環する立体作品の奥には映像作品が流れる

 さらに、軟らかい管を鑑賞者が動かすことで中の水が左右に行き来する立体作品なども加えて空間を構成し、海水も都市の水も混ざり合って循環する現代都市の摂理を表現した。

 昨今の社会は、物事に白黒付けて合理的に線引きする傾向が強まっている。だが、現実社会はもっと不確実で、曖昧で答えが分かりにくい事象があふれる。3人が福岡の地に滞在しながら産み落とした作品群は、見えにくい境界をあえて縁どろうとすることで、カオスな現実をぼんやりと浮き彫りにしていた。
 (丸田みずほ)

=(12月8日付西日本新聞朝刊に掲載)=

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 3b164c6bd7
終了間近

セレクション展2024

2024/04/06(土) 〜 2024/04/20(土)
EUREKA/エウレカ

Thumb mini e702b48d9f
終了間近

ブルーナ絵本展

2024/03/30(土) 〜 2024/04/21(日)
福岡三越9階「三越ギャラリー」

Thumb mini e794a50fea

北九州市立美術館 開館50周年記念
「足立美術館所蔵 横山大観展」スライドトーク

2024/04/13(土) 〜 2024/05/02(木)
北九州市立美術館 本館

Thumb mini b156a79869

収蔵作品展
センス・オブ・ワンダー

2024/03/12(火) 〜 2024/05/06(月)
都城市立美術館

Thumb mini 5ac71fa77e

春の特別展「カラーズ ~自然の色のふしぎ展~」

2024/03/16(土) 〜 2024/05/06(月)
北九州市立いのちのたび博物館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini f76bc3814f
ニュース

国内外の3美術家「境界を縁どる」展 アジア美術館など【NEWS】

Thumb mini 5997ca7bc6
コラム

第17回 福岡アジア美術館 アーティスト・イン・レジデンスの成果展「境界を縁どる−石、呼吸、埋立地」/福岡の滞在でアーティストが制作したモノ、感じたコト (その3)ゴン・ジエションさん

Thumb mini b474fd24b0
コラム

第17回 福岡アジア美術館 アーティスト・イン・レジデンスの成果展「境界を縁どる−石、呼吸、埋立地」/福岡の滞在でアーティストが制作したモノ、感じたコト (その2)ソー・ソウエンさん

Thumb mini 6488cdec39
コラム

第17回 福岡アジア美術館 アーティスト・イン・レジデンスの成果展「境界を縁どる−石、呼吸、埋立地」/福岡の滞在でアーティストが制作したモノ、感じたコト (その1)大西康明さん

Thumb mini c8ee698a85
コラム

【ロートレックから佐藤健寿まで】2024年、大分市美術館の注目展覧会!

特集記事をもっと見る