九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  コラム ›  細川家舟屋形 美再び 天井画修復、リニューアルオープンする熊本博物館で12月公開【ニュース】

細川家舟屋形 美再び 天井画修復、リニューアルオープンする熊本博物館で12月公開【ニュース】

2018/10/10 LINE はてなブックマーク facebook Twitter
修復を終え、報道陣に公開された「細川家舟屋形」の天井画

熊本地震まで熊本城天守閣(熊本市)で展示されていた重要文化財「細川家舟屋形」の天井画修復作業が完了し26日、九州国立博物館(九博、福岡県太宰府市)で披露された。同日中に熊本市立熊本博物館へ搬出され同館がリニューアルオープンする12月に公開される。
舟屋形は細川家が参勤交代で使った船「波奈之(なみなし)丸」の屋形部分。船は天保11(1840)年に再建新造された。明治になり屋形だけが保存され1963年から天守閣に移された。2008年ごろから絵の具の剥落が目立つようになり、16年から九博で修復する予定だった。地震被害はなかったが、予定より1年遅れ昨年9月から九博で作業が進められていた。
天井画は藩主が座る「御座の間」と家臣らの「次の間」の二つに分かれ、縦横25センチ前後の計171面にランやボタンなどの植物が描かれている。修復では天井板から浮いた絵の具をにかわで固定するなどし、ややくすんでいた発色も描かれた当時に戻った。作業の実務を担当した国宝修理装潢(そうこう)師連盟の藤井良昭・業務執行担当理事は「常設展示されていたためか、劣化が思った以上に進んでいた。処置をしたので寿命は確実に延びる」と話している。
熊本博物館では温度や湿度を管理した専用スペースで展示する。 (古賀英毅)=9月27日 西日本新聞朝刊に掲載=

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini a9e74a6b9e
終了間近

文化交流展示 特集展示
玉 古代を彩る至宝

2019/01/01(火) 〜 2019/02/24(日)
九州国立博物館

Thumb mini 245be18b71
終了間近

開館20周年記念
蜷川実花展ー虚構と現実の間にー

2019/01/05(土) 〜 2019/02/24(日)
大分市美術館

Thumb mini b254578e15
終了間近

異端のまなざし展~呼び覚まされる名品たち

2019/01/08(火) 〜 2019/02/24(日)
大川市立清力美術館

Thumb mini 85b68040e0
終了間近

『フィンランドデザインと私』 
九州北部豪雨・東日本大震災チャリティートークイベント

2019/01/19(土) 〜 2019/02/24(日)
ロバーツコーヒー福岡大名店

Thumb mini 341a945db4
終了間近

郷土にのこる卑弥呼・磐井の足跡をたどる展
ー東アジアとのつながりー

2019/02/02(土) 〜 2019/02/24(日)
九州芸文館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini c8230b4ed3
コラム

「場」を変える 地域アートへ【コラム】

Thumb mini 8a0246ba8f
コラム

ここでしか手に入らない!「京都・醍醐寺展」イチオシグッズをご紹介!!【コラム】

Thumb mini 5b903c0612
コラム

佐賀県のアートが熱い!アーティスト・ラン・スペース3件をご紹介【コラム】

Thumb mini 0c0f8addff
コラム

空海からうけつがれ1140年間 使い守った寺宝【コラム】

Thumb mini 4392cc6052
コラム

絵師、造形プロデューサーとしての空海【京都・醍醐寺展関連コラム】

特集記事をもっと見る