九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  インタビュー ›  ヨシタケシンスケさんに聞く 例のない展覧会かもしれない 見どころは他のお客さん 福岡市科学館で初の大規模個展【インタビュー】

ヨシタケシンスケさんに聞く 例のない展覧会かもしれない 見どころは他のお客さん 福岡市科学館で初の大規模個展【インタビュー】

2023/06/12 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

 人気絵本作家、ヨシタケシンスケさんの初の大規模個展「ヨシタケシンスケ展かもしれない」(西日本新聞社など主催)が、福岡市中央区の市科学館で開かれている。ユーモラスだけど、どこかシュールなキャラクターたちが絵本から飛び出して、斬新な物の見方や考え方をつぶやいたり、日常の不安や悩みを語りかけたりする独自の世界に注目が集まっている。会場を訪れたヨシタケさんに展覧会に込めた思いや、来場者に伝えたいメッセージなどを聞いた。 
                   (聞き手・塩田芳久 写真・石田禎裕)

 ―本展のタイトルを「ヨシタケシンスケ展」だけにせず、「かもしれない」を付け加えた理由は?
 「デビュー作『りんごかもしれない』にちなみましたが、当時から一貫してやってきたのは、いろんな価値観を提案すること。あることは実はこうかもしれないし、こういう言い方もできるかもしれない、答えは一つじゃないと言ってきました。だから本展も『展覧会とはこういうものだ』と決め付けず、『今までにない展覧会かもしれない』と楽しんでほしいですね」

 ―苦心した点は?
 「普通、絵本作家の展覧会は原画展で、大きな原画で微妙な色使いや質感を見るために会場を訪れます。だけど僕の原画は絵本より小さくて、色も付いていない。原画だけ飾ると会場がもちません。だから、ここでしかできない経験を提供できる会場にすることに努めました」

【原画かもしれない】絵本より小さく色も付いていないが、細かく描き込まれている

 ―「顔はめ」など、子どもたちが楽しめるコーナーがたくさんある。
 「子どもの頃、親と展覧会に行き、絵ばかり並んでいてつまらない思いをしました。そうなると親も子も楽しめない。親が絵を見ている間に、子どもたちが遊べるスペースがあれば、昔の僕も退屈しないだろうと考えました。一方で子ども向けの展示は卒業したと思っている大人が、よくよく考えると深いテーマだなと思える展示もあります」

 ―壁面いっぱいに展示した絵本の「発想の源」、アイデアスケッチが圧巻だ。
 「記録しておかないと忘れちゃうくらいどうでもいいことに興味があるんです。何の得にもならないけど、確実に存在するものを記録したいと思い、アイデアスケッチを残してます。外付けのハードディスクに保存する感覚ですね」

【宝庫かもしれない】約2千点のアイデアスケッチはヨシタケさんの「発想の源」。
絵本の原点が詰まっている

 ―趣味で集めた私物のコレクションもある。
 「コレクションをすることは自分や世界を知ることにつながります。コレクションを面白がれば楽しみが増えるし、僕自身そんな楽しみを見つけるのが好きです。みんなコレクションをしませんか、という提案になっています。世の中ですごくきらめきながらも、消えてしまうものはたくさんあるよね、という思いも共有したいです」

【新作かもしれない】ヨシタケさんが今回福岡を訪れて描いたアイデアスケッチ。
新作は日々生まれている

 ―会場で見逃してはならないものは?
 「会場内に告知してますが、一番の見どころは他のお客さんなのです。自分と同じように、絵本に興味があるという共通点だけで会場を訪れる人が実在することを確かめる。コンサート会場の客席のような高揚感であり、一期一会でもあります。ぜひ、ヨシタケシンスケ展を見に来た人を、こっそり見てください」

■ヨシタケシンスケ 
1973年、神奈川県生まれ。絵本作家として2013年に「りんごかもしれない」(ブロンズ新社)でデビュー。イラストレーターなどとしても活躍する。最新作は「メメンとモリ」(KADOKAWA)。

ヨシタケシンスケ展かもしれない 
7月16日まで。開場時間は午前9時半~午後6時。入場料は一般1300円、中高生1000円、小学生600円、未就学児無料。西日本新聞イベントサービス=092(711)5491。

=(6月10日付西日本新聞朝刊に掲載)=

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini df6be896a3
終了しました

つきなみ講座4月  アメリカ美術とウォーホルのことなど

2024/04/13(土)
福岡市美術館1階 レクチャールーム

Thumb mini 3b164c6bd7

セレクション展2024

2024/04/06(土) 〜 2024/04/20(土)
EUREKA/エウレカ

Thumb mini e702b48d9f

ブルーナ絵本展

2024/03/30(土) 〜 2024/04/21(日)
福岡三越9階「三越ギャラリー」

Thumb mini e794a50fea

北九州市立美術館 開館50周年記念
「足立美術館所蔵 横山大観展」スライドトーク

2024/04/13(土) 〜 2024/05/02(木)
北九州市立美術館 本館

Thumb mini b156a79869

収蔵作品展
センス・オブ・ワンダー

2024/03/12(火) 〜 2024/05/06(月)
都城市立美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini ea9280df17
インタビュー

町田啓太さんにインタビュー! 音声ガイドを務める特別展「生誕270年 長沢芦雪」 九博で来年2月に開幕!

Thumb mini a8aef0aee6
インタビュー

【対談】㊤ 神に捧げた心と体 佐藤究さん(作家)×河野一隆さん(東京国立博物館)/「古代メキシコ」展、九州国立博物館

Thumb mini 00472e9c82
インタビュー

子ども驚かせるリアリズム メカデザインの〝レジェンド〟 宮武一貴さんに聞く 福岡市美術館「日本の巨大ロボット群像」展 松本零士さんとの思い出も【インタビュー】

Thumb mini 8994e4f42b
インタビュー

展覧会「ヨシタケシンスケ展かもしれない」が開催中! 絵本作家・ヨシタケシンスケさん【インタビュー】

Thumb mini e7c977fb32
インタビュー

美術監督の三池敏夫さんに聞く 特撮 創意工夫を継承 「特撮のDNA-ゴジラ 特撮の科学展-」福岡市科学館で14日まで【インタビュー】

特集記事をもっと見る