九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

HOME ›  NEWS ›  クロマニョン人九州国立博物館に現る!

クロマニョン人九州国立博物館に現る!

Thumb micro 6e69b4f50a
アルトネ編集部
2017/07/13
LINE はてなブックマーク facebook Twitter
現代の日本に突如現れたクロマニョン人を記者が激写した

今から約4万年前から1万5千年前にかけて、ヨーロッパに生息していたクロマニョン人。彼らがフランス南西部のラスコー洞窟に描いた壮大な壁画がラスコー洞窟壁画である。「芸術のはじまり」ともいわれる同壁画を再現し、それを描いたクロマニョン人の謎に迫る展覧会「世界遺産 ラスコー展」が7月11日(火)から九州国立博物館で開催されている。

なんと、このタイミングで「クロマニョン人は現在もまだ存在している」という目撃情報が編集部に寄せられた。

急きょ、目撃場所である九州国立博物館に向かった我々が目撃したもの…。それが本サイトに掲載した衝撃的な写真である。彼らは当初おびえた様子で、我々をにらみつけ、時折威嚇するような仕草を見せていた。

クロマニョン人らしき人物がこちらを見て威嚇した

 

しばらくすると、この場所が野生の動物や、不意の天災などの危険が及ばないと判断したのか、警戒を解いた。そこで我々はこれまでのイメージとは違う「クロマニョン人の姿」を目撃することになった。

詳細はこれ以上ここで発信するわけにはいかないが、しかるべき筋によると、彼らは7月15日(土)と、8月4日(金)の17時から20時にかけて断続的にこの会場に現れるらしい。それ以外の情報は下記サイトを参照いただきたい。

https://lascaux-fukuoka.jp

クロマニョン人とは何者なのか。彼らはどのような文明を築いていたのか。「原始人」と思われているクロマニョン人が当時築いていた文化や芸術、信仰などを直接目撃できる可能性がある。ぜひ自分の目でこの続きを確かめてほしい。

《大きな黒い牝ウシ》(c)Photographie N. Aujoulat-CNP-MCC

 

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini dbf7ad339d
終了間近

博物館、動物園、美術館で学ぶ動物のいろいろ
キッズ・ミュージアム・スクール

2017/10/21(土) 〜 2018/01/20(土)
九州産業大学美術館など

Thumb mini 27bde349c9
終了間近

20世紀の総合芸術家
イサム・ノグチ
-彫刻から身体・庭へ-

2017/11/17(金) 〜 2018/01/21(日)
大分県立美術館(OPAM)

Thumb mini 1ecf563f51
終了間近

シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展

2017/12/16(土) 〜 2018/01/21(日)
長島美術館

Thumb mini 8cd67732ff
終了間近

平成29年度有馬記念館企画展
「花鳥画の世界―久留米藩御用絵師の絵画から―」

2017/11/18(土) 〜 2018/01/22(月)
有馬記念館2階展示資料室

Thumb mini 50b6b6984b

平成29年度企画展Ⅳ
ヲホド大王と越の国の装飾古墳~福井県の装飾古墳~

2017/11/11(土) 〜 2018/01/28(日)
熊本県立装飾古墳館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 92af38473d
コラム

【ゲストコラム】美術ライターの橋本麻里さんが語る《ラスコー展》の魅力

Thumb mini bb097a7392
ニュース

【ニュース】クロマニョン人が描いた2万年前の「ラスコー壁画」 この夏、九博に登場!

Thumb mini 159a6becb6
レポート

アートの起源について考える「世界遺産 ラスコー展」トークセッション【レポート】

Thumb mini 1974a1b5f3
レポート

大人気の≪ラスコー展≫と≪黄金のファラオ展≫両方のナイトミュージアムで楽しんできた!【レポート】

Thumb mini 928575d3d0
レポート

クロマニョン人の技とセンスに驚く「世界遺産 ラスコー展」【レポート】

特集記事をもっと見る