九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  EVENT ›  ラスコー展

特別展 世界遺産

ラスコー展

クロマニョン人が見た世界

日程  2017/07/11(火) 〜 2017/09/03(日)
会場 九州国立博物館
LINE はてなブックマーク facebook Twitter
大きな黒い牝ウシ(部分) © Photographie N.Aujoulat-CNP-MCC

今から2万年ほど前、フランス南西部にある洞窟に描かれた、躍動感あふれる動物たちの壁画。壁画を描いたのはクロマニョン人。この「ラスコーの壁画」の豊かな色彩、技法にすぐれた画力、600頭とも言われる数々の動物たちの姿は格別に素晴らしく、1979年には世界遺産に登録された。

本展では、謎に包まれたラスコー洞窟の全貌を紹介。1ミリ以下の精度で再現した実物大の洞窟壁画展示によって、研究者ですら入ることができない洞窟内部の世界を体験することができる。

見どころは、他の洞窟内には見られない特徴を持つ「身廊」の壁画群。線刻と色彩の2つの技法が組み合わされているのだが、この隠された線刻がライトで浮かび上がるしくみになっていて、その技術の高さをしっかり見ることができる。

また、洞窟の中で絵を描くのに使われたと考えられる「ラスコーランプ」や、ハイエナらしき動物が掘られた投槍器など、日本初公開の出土品も展示。クロマニョン人が残した芸術的な彫刻や多彩な道具の数々にも焦点を当てる。現代人と変わらぬ骨格を持っていたと考えられるクロマニョン人の頭蓋骨や、等身大の復元模型を含め、2万年前の人類の豊かな創造性や芸術の始まりに誘われる内容だ。

このイベントに関する記事

Thumb mini 159a6becb6
レポート

アートの起源について考える「世界遺産 ラスコー展」トークセッション【レポート】

Thumb mini 1974a1b5f3
レポート

大人気の≪ラスコー展≫と≪黄金のファラオ展≫両方のナイトミュージアムで楽しんできた!【レポート】

Thumb mini 928575d3d0
レポート

クロマニョン人の技とセンスに驚く「世界遺産 ラスコー展」【レポート】

Thumb mini f75227cbcc
レポート

クロマニョン人の正体と真実に迫る「世界遺産 ラスコー展」講演会

Thumb mini 585bebc45c
ニュース

クロマニョン人九州国立博物館に現る!

Thumb mini 92af38473d
コラム

【ゲストコラム】美術ライターの橋本麻里さんが語る《ラスコー展》の魅力

Thumb mini bb097a7392
ニュース

【ニュース】クロマニョン人が描いた2万年前の「ラスコー壁画」 この夏、九博に登場!

他の展覧会・イベントを見る

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini eeb5cff6a1

福岡ミュージアムウィーク2024 建築ツアー

2024/05/25(土)
福岡市美術館

Thumb mini 0fba1a017c

「ADAPTATION – KYNE」トークセッション

2024/05/25(土)
福岡市美術館 1階 レクチャールーム

Thumb mini 2a7b41662b
終了間近

第34回九州産業大学美術館所蔵品+展 『遊ぶ』−おもちゃと造形をめぐる8章−

2024/04/01(月) 〜 2024/05/26(日)
九州産業⼤学美術館

Thumb mini b8231d5305
終了間近

浦上コレクション
北斎漫画
~驚異の眼・驚異の筆~

2024/04/06(土) 〜 2024/05/26(日)
長崎歴史文化博物館

Thumb mini e9fea9a9b5
終了間近

福岡ミュージアムウィーク2024
ボランティアによるギャラリーツアー

2024/05/18(土) 〜 2024/05/26(日)
福岡市美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 2d23a0ae30
ニュース

ソー・ソウエン作品集『Handle with Care』 ― 形に残らないパフォーマンスを本として残すために/出版支援プロジェクト【NEWS】

Thumb mini 574a92f3d0
インタビュー

日々の暮らしの中にある違和感をユーモアかつシュールに描き、刺繍で温かみを。現代美術作家、難波瑞穂さん。(後編)【インタビュー】

Thumb mini 44a456da90
コラム

「谷川俊太郎 絵本★百貨展」 谷川さん絵本 楽しさの玉手箱/福岡アジア美術館、6月16日まで 【コラム】

Thumb mini 53ed074be2
インタビュー

日々の暮らしの中にある違和感をユーモアかつシュールに描き、刺繍で温かみを。現代美術作家、難波瑞穂さん。(前編)【インタビュー】

Thumb mini 8d3046a6fd
コラム

影絵にあふれる生命賛歌/藤城清治100歳展/来月5日まで、福岡市博物館 【コラム】

今週の人気記事

WEEKLY RANKING
特集記事をもっと見る