九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

HOME ›  FEATURE ›  レポート ›  アルチンボルド風自画像も体験できる! ルドルフ2世 驚異のワンダーランドを目撃せよ!【レポート】

アルチンボルド風自画像も体験できる! ルドルフ2世 驚異のワンダーランドを目撃せよ!【レポート】

Thumb micro 6693de0621
大迫章代
2017/11/23
LINE はてなブックマーク facebook Twitter

現在、福岡市博物館で開催中の「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」。入口左手には、チラシでおなじみジュゼッペ・アルチンボルドの《ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像》のデザインが施された看板が。果たして、ルドルフ2世と、その“驚異の世界”ってどんな世界なのだろう? 興味津々で会場を訪問してきた。

展示会場入り口

まずは、プロローグでルドルフ2世のバックボーンとその時代を駆け足で予習。

ルドルフ2世は、ハプスブルク家出自の神聖ローマ帝国皇帝。

1576年マクシミリアン2世の死後、24歳で神聖ローマ帝国皇帝となったルドルフ2世は、1583年に宮廷をウィーンからボヘミアのプラハへ。古い因習と権力争い、さらに宗教対立で息苦しいウィーンから離れ、新しい首都プラハに自分だけの世界、芸術と科学分野の一大コレクションを築きあげた。稀代の収集家として、芸術作品や科学機器などのあらゆる優れた創作物、更には新たに発見された珍奇な(!)自然物などを集めていたのだそう。

ルドルフ2世のコレクション「驚異の部屋」をイメージしたコーナー(会場では後半に展示)

ルドルフ2世の時代、16世紀末から17世紀初頭は、航海技術をはじめとする科学の発達で、ハプスブルク家の領土と権益が広がった時代。宮廷にも世界中から未知の芸術・工芸品、動植物が持ち帰られた。同時に、芸術と科学をつなぐ宇宙観や占星術、錬金術、魔術まで、意識世界が拡張された時代でもある。その拡大された世界と知識の領域から、様々な品を採り集め、整理して収蔵したのがルドルフ2世のコレクション。そのため、ルドルフ2世の宮廷には、画家や彫刻家をはじめとする芸術家だけでなく、天文学や科学、数学、錬金術まで当時の最先端の科学者や技術者が集められた。
本展はルドルフ2世が愛好した芸術家たちを中心に絵画や工芸品、貴重な資料等を紹介する展覧会だ。

左:作者不詳《デンマークの天文学者ティコ・ブラーエの肖像》1596年、油彩・キャンヴァス、スコークロステル城、スウェーデン Skokloster Castle, Sweden
右:イニャス=ガストン・パルディ《パルディ天球図》17世紀後半、エングレーヴィング・紙、千葉市立郷土博物館

ルドルフ2世の宮廷に専属の数学者・天文学者として仕えていたティコ・ブラーエの肖像、そして、その後を継いだ天文学者ヨハネス・ケプラーによる天体運行表などが展示されている。天体運行表はブラーエが生涯をかけて集めた膨大な観測データを、ケプラーが引き継ぎまとめたもので、これを使えば、過去や未来のどんな惑星の位置も計算できるのだとか。他にも、ガリレオ・ガリレイの望遠鏡(複製)など、当時の天文学的研究や成果が計り知れる資料も興味深い。


こちらは展示の後半、エピローグ「驚異の世界」の部分で展示されているもの。さまざまな驚くべき万物のコレクションに、その世界観、宇宙観を見ることができる。

当時の発明品、天然物を取り入れた精巧な工芸品が並ぶ

本展の大きな見どころのひとつは、何と言っても絵画。

ルーラント・サーフェリーやヨーリス・フーフナーヘルなど、名だたる画家たちの名画がずらりと展示されている。自然画、神話や宗教のモチーフ画、植物や動物の図鑑的な素描まで。その技術と視点の多様さには、ただただ引き込まれ、その美しさ、緻密さに息をのむ。

こちらは、ウィーンにあるパルミジャニーノの有名なキューピッド象に基づくもの。振り向いたキューピッドの表情が印象的で、彼が何を考えているのか、その心の中をのぞいてみたくなる。

フランチェスコ・マッツォーラ(通称パルミジャ二ーノ)作のコピー《神話画》 17世紀、油彩・キャンヴァス、スコークロステル城、スウェーデン Skokloster Castle, Sweden


こちらは、ターバンを巻いたトルコの擬人像を押しとどめる軍神アルスとして皇帝ルドルフを理想化して描いた寓意画。本展では他にもたくさんの寓意的場面の絵画が展示されているが、そんな象徴的な意味があるなんて、説明を読まなきゃ絶対分からない。

ディルク・ド・クワード・ファン・ラーフェステイン《ルドルフ2世の治世の寓意》1603年、油彩・キャンヴァス、プレモントレ修道会ストラホフ修道院、プラハ、チェコ共和国
Strahov Monastery - Picture Gallery, Prague

特に、ジュゼッペ・アルチンボルドの《ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像》(1591年)やヤン・ブリューゲル(父)《陶製の花瓶に生けられた小さな花束》(1607年頃)など、その自然物の多様さが特徴の代表的な絵画には、何が描きこまれているのか細かい説明がついているので、じっくり見比べるのも楽しい。

左:ヤン・ブリューゲル(父)《陶製の花瓶に生けられた小さな花束》1607年頃、油彩・板、ウィーン美術史美術館 ©KHM-Museumsverband
右は描かれている花の説明。

アルチンボルドの有名な「四季」の寓意像から着想を得た追随者による作品もある。「四季」が描かれた16世紀から1世紀以上たっても人気が衰えず、収集家を魅了し続けていた証拠なのだそう。

会場展示より。ジュゼッペ・アルチンボルドの追随者による作品たち
左:作者不詳《四季のうち春》中:作者不詳《四季のうち夏》 右:作者不詳《四季のうち秋》
3点いずれも 17世紀、油彩・キャンヴァス、エスターハージー財団、フォルヒテンシュタイン城宝物殿、オーストリア Esterhazy Privatstiftung, Forchtenstein Castle, Esterhazy-Treasury

出口付近には、アルチンボルドの四季シリーズを立体化するプロジェクトを行なっているアメリカの現代美術作家フィリップ・ハース氏とのスペシャル・コラボレーションコーナーが。こちらは、別の記事で、また次回詳しくレポートします。

フィリップ・ハース氏によるアルチンボルド絵画の立体作品 会場展示より
こちらは記念写真OK。

最後に、こんなコーナーもありました!

額縁の前に立つと自分の顔がスキャンされ、果物で自分バージョンのアルチンボルド風画像を作れてしまうもの。試しにやってみたら、こんな感じになっちゃいました。横顔もありますよ。
ルドルフ展の記念にぜひお試しを。

そのテーマの広大さ、奥深さに驚く「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」は、福岡市博物館12月24日(日)まで開催中!ぜひお見逃しなく。

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 475fd8291c
終了間近

ニコラ・デぺトリス 「人と風景」

2017/11/11(土) 〜 2017/12/16(土)
アンスティチュ・フランセ九州5Fギャラリー

Thumb mini dc981bad9f
終了間近

古唐津

2017/10/27(金) 〜 2017/12/17(日)
出光美術館(門司)

Thumb mini 10eb6bfa39

<サンシャワー展緊急企画>
爆音映像ナイト☆タイの新鋭映像作家コラクリット

2017/12/22(金)
福岡アジア美術館

Noimage

「新・桃山展」関連企画
<新・桃山展>の仲間たち

2017/09/16(土) 〜 2017/12/23(土)
九州国立博物館

Thumb mini 80502bef80

西野 達 in BEPPU

2017/10/28(土) 〜 2017/12/24(日)
別府市内各所

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini d0270ccf98
ニュース

アルトネで、お得な割引電子チケットが買える!福岡市博物館でスマホを見せるだけ

Thumb mini 745c700b67
インタビュー

必見!福岡の花屋集団・伝巧節花と「ルドルフ展」とのコラボ・パフォーマンス 【インタビュー】

Thumb mini 9c5b1faf5f
クーポン

「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」アルトネ読者特別クーポン

Thumb mini a93e7cec02
コラム

アルチンボルドから機械仕掛けの時計まで。稀代のコレクター、ルドルフ2世を巡る物語|神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の世界展【コラム】

Thumb mini c2119cf3aa
インタビュー

片桐仁ふたたび来福!アルチンボルドについて語る!【インタビュー】

特集記事をもっと見る