九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  連載記事 ›  菊畑茂久馬さん追悼連載②「油山の風土に抱かれて」【2008年コラムより】

菊畑茂久馬さん追悼連載②「油山の風土に抱かれて」【2008年コラムより】

2020/06/20 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

 ARTNEでは、2020年5月21日に他界された福岡市の画家、菊畑茂久馬さんを追悼し、過去、菊畑さんが西日本新聞で執筆した書評や本についてのコラムを連載します。

【第2回】「作物」作り続け50年 油山の風土に抱かれて

 夏目漱石は、生涯に一度だけ新聞に長編の美術批評を書いている。「夏目漱石・美術批評」(講談社文庫)である。

 この中で漱石は、作品のことを「作物(さくぶつ)」と言っている。いかにも畠(はたけ)で採れた作物(さくもつ)のようで、とても好きな言葉だ。

 油山の山麓に、小さなアトリエを建てたのは一九五八年二十三歳の時だった。日当たりのいい、小高い芋(いも)畠だったところで、電気も水道もなく、電柱を何本か立てて灯を燈(とも)した。水は井戸を掘ったが、きれいなおいしい水が出た。

 アトリエの前は、遙(はる)か山裾(やますそ)まで渺々(びょうびょう)たる水田が広がり、空気は澄み、いつも爽(さわ)やかな風が渡っていた。田植え、稲刈り、脱穀と、自然の中で働く人や牛馬が、四季折々美しい彩りを見せていた。

 私はヤギ、ニワトリ、ウサギ、ハト、イヌを飼い、生まれたばかりの子ヤギやヒヨコが遊ぶ春の日だまりで、ヤギの乳を絞り家中で飲んでいた。

 この穏やかな風土に抱かれて、どこにも行かず、私もこつこつと「作物」を作り続けてきたわけだ。今年でもう五十年になる。今は稲田も消え、アトリエも人家に埋まってしまった。漱石が生きていたら、なんと言うだろう。(画家・菊畑茂久馬)

 

▼きくはた・もくま 画家。1935年、長崎市生まれ。57年-62年、前衛美術家集団「九州派」に参加。主要作品に「奴隷系図」「ルーレット」「天動説」の各シリーズ。97年に西日本文化賞、2004年に円空賞をそれぞれ受賞。「絵かきが語る近代美術」など著作も多い。2020年5月に他界。

=2008年3月30日西日本新聞朝刊に掲載=

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 1578e64678

特別展
現代美術の最前線─タグチ・アートコレクションより─
On the Frontline of Contemporary Art: from the Taguchi Art Collection

2020/08/29(土) 〜 2020/10/11(日)
下関市立美術館

Thumb mini 35337e18a7

くんち三八六年展

2020/09/02(水) 〜 2020/10/11(日)
長崎歴史文化博物館

Thumb mini bace012fc5

原田治展「かわいい」の発見
Osamu Harada: Finding “KAWAII”

2020/09/12(土) 〜 2020/10/18(日)
福岡アジア美術館

Thumb mini d508b20adc

Distance-ディスタンス/香月泰男-“私の”シベリアⅠ

2020/09/15(火) 〜 2020/10/18(日)
山口県立美術館

Thumb mini 360a0304e5

不知火美術館コレクション展
日々是好日

2020/09/24(木) 〜 2020/11/01(日)
宇城市不知火美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini f82dc5d78c
連載記事

菊畑茂久馬さん追悼連載①「戦争と美術」【2008年書評より】

Thumb mini ddaf5cd948
連載記事

菊畑茂久馬さん追悼連載⑮「お雇い外国人 明治日本の脇役たち」【2007年書評より】

Noimage
連載記事

菊畑茂久馬さん追悼連載⑭「手づくりで頑張るゾ」【2007年コラムより】

Thumb mini 10fcb7c286
連載記事

菊畑茂久馬さん追悼連載⑬「怖い絵」【2007年書評より】

Noimage
連載記事

菊畑茂久馬さん追悼連載⑫「明治の女性の粋と矜持」【2007年コラムより】

特集記事をもっと見る