九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  連載記事 ›  【連載】山出淳也 アート、まちに出る 35

【連載】山出淳也 アート、まちに出る 35

Thumb micro 6f691dcb2f
山出淳也
2021/04/06
LINE はてなブックマーク facebook Twitter

りんごの木が覚えていること

 山口県・島根県内七つの市町で開催する事業「山口ゆめ回廊博覧会」のプロデューサーを仰せつかっている。

 昨年夏に就任し、それから何度も訪れリサーチを重ねてきた。2021年7月から12月末まで、たくさんのイベントを開催し圏域の魅力をPRするという計画だった。しかしコロナ禍の現在、当初の予定どおりに順調に進むわけもない。今すべきこととは何だろうと考える日々が続いている。

 博覧会の目玉となる企画は、特別な場所で開催するアートと食がコラボする事業。今年はプレ開催として、20人程度の招待客が出演する動画を撮影した。来年の秋の実施に向けたプロモーションの一環だ。

 山口市の国宝・瑠璃光寺五重塔では、京都の料理家でありアーティストの船越雅代が圏域の自然環境や食材を研究し、浸透をテーマに特別な時間を提供する。

 宇部市の植物館を舞台に地元のシェフと協働したのは、「指輪ホテル」を主宰する劇作家の羊屋白玉。BEPPU PROJECTが最初の企画をお願いした方だ。植物から招待状を受け取った参加者は、夜の植物園に迷い込む。本来、物言わない彼ら植物(に扮(ふん)した役者)の話を聞きながら、施設内を歩き不思議な料理を味わう。そういう演出だ。

 りんごの木の下で、僕たちは最後の一皿をいただく。そこに、客に出すために用意していたカルバドスを飲み干してしまった植物たちが現れる。酔っぱらった彼らはりんごの木に話しかける。

 「ニュートンが万有引力の法則を発見した時の木みたいだね」。りんごの木は「僕はその時のりんごの木です!」と答える。「その頃のイギリスはペストが大流行していました。大学生のニュートンはステイホームということで実家に帰って、りんごが落ちるのを見たのです。それが世紀の大発見につながりました」

 心の中で想像力の灯が消えない限り、どんな時でも希望はある。そう感じて心が震えた。

 僕はその一皿を味わいながら、ある映画のことを思い出していた。(やまいで・じゅんや=アーティスト、アートNPO代表。挿絵は鈴木ヒラクさん)

=(12月24日付西日本新聞朝刊に掲載)=

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini bd59c9366d
終了間近

深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」

2021/03/12(金) 〜 2021/04/18(日)
長崎県美術館

Thumb mini 0193632b8d

井上絢子「So Close,Yet So Far Away」

2021/04/03(土) 〜 2021/04/25(日)
EUREKA/エウレカ

Thumb mini c8478f99ed

収蔵作品展
40年目のバトン
―人とエピソードから振り返る―

2021/03/16(火) 〜 2021/05/05(水)
都城市立美術館

Thumb mini 809a9eed05

魂の旅 遠藤彰子展
~巨大画に広がる一大叙事詩~

2021/03/26(金) 〜 2021/05/05(水)
鹿児島市立美術館

Thumb mini 0bdcbc4ee0

企画展
県内遺跡発掘速報展
~こぎゃんとが出た!復興への足跡~

2021/02/06(土) 〜 2021/05/09(日)
熊本県立装飾古墳館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 6874e9f8e0
連載記事

【連載】山出淳也 アート、まちに出る 34

Thumb mini 8bddfe4966
連載記事

【連載】山出淳也 アート、まちに出る 33

Thumb mini 361df4acd0
連載記事

【連載】山出淳也 アート、まちに出る 32

Thumb mini 64aa1f0049
連載記事

【連載】山出淳也 アート、まちに出る 31

Thumb mini 70ebc405eb
連載記事

【連載】山出淳也 アート、まちに出る 30

特集記事をもっと見る