九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  連載記事 ›  遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<44> 【連載】五輪の文化プログラム 分断、規制され続ける中 哲学にまで高められるか

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<44> 【連載】五輪の文化プログラム 分断、規制され続ける中 哲学にまで高められるか

2021/08/03 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

 コロナ・パンデミックのもと、グローバル化の波に乗って拡大・拡張してきたアートが急激にドメスティック化し、そのことで逆説的に活況を呈し始めていることについては前回、述べた。他方、開幕までいよいよ秒読みとなった東京五輪を目前に控えた都心では、これに肩を並べるべく、過去に例を見ない規模のアート・プロジェクトが次々とお目見えしている。

 先週7月17日からは、東京駅の丸の内口に建つ超高層ビル、丸ビルと新丸ビルの壁面を使って、高さ約150メートル、幅約35メートルに達する「東京大壁画」が登場した。横尾忠則、横尾美美の親子による競演で、それぞれが水と火をテーマとする。また、その前日の16日には、アートチーム「目」による、ビルにして6階~7階分にも及ぶバルーン仕立ての巨大な顔が突如として空に浮かぶ、やはりビッグ・プロジェクト「まさゆめ」が、代々木公園の上空で決行された。

 これらは、単ににぎやかな添え物ではない。五輪憲章では、スポーツは単独で成り立つものではなく、文化との融合によってオリンピズムという哲学の次元にまで高められなければならない。世界選手権との最大の違いはここにある。五輪における文化プログラムの実施は、開催国にとって必須の義務なのだ。

 だが、いずれも緊急事態宣言下での実施となったため、そのスケールに見合うだけの多くの人が目にするのは難しい。多くの人、というのはこの場合、本来であればこの時期に世界中から東京に集まってきていたであろう、海外からの来客も含む。つまり、結果的にこれらのプロジェクトもまた、その規模の大きさにもかかわらず、極めてドメスティックな性質のものとなっている。

 さらに19日からは五輪の会場が集中する東京、神奈川、千葉、埼玉などの首都圏で、大規模な交通規制が始まった。五輪期間中に大会関係者の移動を円滑に行うことが目的で、都心での車や人の流れも大幅に制限されることになる。結果として私たちは、先のようなアートをめぐるビッグ・プロジェクトが行われても、報道や各種メディアを通じて間接的に目撃することになる。また、コロナ禍ではそれが望まれてもいる。

 先日、ちょうど用事があり、都心の会場付近を歩いてみる機会を得た。まだ大規模交通規制の前だったが、要所で大規模なバリケードにより道が封鎖され、厳重な警備が始まっていた。通過できるのは、東京五輪のための統一されたユニホームを着て、首から認証のためのカードを下げた関係者に限られる。

 その様子に私は、東日本大震災での東京電力福島第1原子力発電所のメルトダウン事故で入域が厳しく制限された、いわゆる帰還困難区域のバリケードをつい連想していた。それは放射能による被ばくや拡散を防ぐためで、今回の目的とは大きく違っている。だが、今回の都心での五輪のための封鎖もまた、ウイルスによる感染や拡散の抑制と無縁ではないはずだ。水際対策で危険性こそ大幅に減ったとは言え、テロリストの侵入もむろん阻止しなければならない。

 放射能、ウイルス、テロリズム。私たちは依然として「目に見えない」、その意味で巨大なスペクタクル(=見せ物)の対極にある敵に分断され、規制され続けている。そこから浮かび上がる、東京でのスポーツと文化の融合による「目に見える」オリンピズムの哲学とは、いったいどのようなものなのだろう。(椹木野衣)

=(7月22日付西日本新聞朝刊に掲載)=

 

椹木野衣(さわらぎ・のい)
美術評論家、多摩美術大教授。1962年埼玉県生まれ。同志社大卒。著書に「日本・現代・美術」「反アート入門」「後美術論」「震美術論」など。

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 7a861c8119
終了間近

特別展
北村直登展

2021/07/22(木) 〜 2021/09/20(月)
大分市美術館

Thumb mini 3cde26cde4

夏の特別展
THE モンスター展II-攻撃と防御-

2021/07/17(土) 〜 2021/09/26(日)
北九州市立いのちのたび博物館

Thumb mini 18e832858d

青いろの世界 いちだみなみ展

2021/07/24(土) 〜 2021/09/26(日)
長島美術館

Thumb mini 4a6c9783a8

ざんねんないきもの展 in 福岡PARCO

2021/07/31(土) 〜 2021/09/26(日)
福岡パルコ 本館5F

Thumb mini b9b8585a65

キングダム展 −信−
KINGDOM exhibition The Road of SHIN

2021/08/03(火) 〜 2021/09/26(日)
福岡市美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 4680223991
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<43> 【連載】超ドメスティック 自主運営スペースは活性化 水面下で起きる新しい動き

Thumb mini 33f1fdbd9a
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<42> 【連載】ドメスティックな時代 国際化した「祭り」の苦境 見え始めた新しい兆し

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<41> 【連載】芸術祭のリモート化 本質的な「交流」に課題 高齢者の参加に溝もなお

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<40> 【連載】不合理の世界 現実を相対化していた96年の「丸いジャングル」

Thumb mini 44cdefb8d7
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<39> 【連載】空気の欠乏事態 愛情表現か命の争奪か 「キス」が抱える矛盾

特集記事をもっと見る