九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  連載記事 ›  遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<42> 【連載】ドメスティックな時代 国際化した「祭り」の苦境 見え始めた新しい兆し

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<42> 【連載】ドメスティックな時代 国際化した「祭り」の苦境 見え始めた新しい兆し

2021/07/13 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

 東京五輪の開会式まで、いよいよ1カ月に迫った。6月20日をもって、沖縄県を除き全国に出されていた緊急事態宣言は解除されたが、東京では微増の傾向も見られる。延期の決定当初に「人類がコロナに打ち勝った証し」を掲げていたのとは程遠い状況だ。

 国の内外で人の移動を可能な限り抑制するのが感染症対策の基本だとしたら、それこそ人類最大規模の国際的な祭典である五輪をコロナ禍で強行するのは、どう考えても矛盾している。平成のアートを牽引(けんいん)してきた国際芸術祭の苦境も、スケールこそ違えども基本は同じ理由による。

 しかし、そんななか改めて考えてみれば、「国際芸術祭」とは奇妙な呼称かもしれない。もともと「祭り」はローカルなもので、文字通り土着のものだ。人の移動も地域内に限られていた。それが「国際化」するとは、どういうことだろう。もっとも、コロナ前の観光の急激な過熱のなかで、国内の祭りはとっくに国際化していた。宿は何カ月も前からネットを通じて争奪戦になっていたし、観光客は世界の隅々から飛行機を乗り継いで集まってきた。ローカルなものがそのまま世界と接続される――それがグローバル時代の祭りの典型なのだ。基本的には国際芸術祭もこの時代の流れをくんでいる。

 とはいえ、両者を接続した「グローカル」なる言葉が一時もてはやされたように、ローカルとグローバルはもとより相性がよかった。ローカルは中心に対する周縁として位置付けられる概念だから、長く中心の位置をしめた中央(東京)が世界化すれば、おのずと中心は複数化し地球全体へと拡散される。そしてグローバルはなにより、世界化した資本主義を原動力とする。市場へ投入される新奇な領域を常に欲し、開拓し続けているのだ。ローカルであるがゆえに希少な文化資源は、そのための格好の材料と言えた。

北九州市八幡東区のJRスペースワールド駅近くで
北九州未来創造芸術祭をPRする看板(4月)。
同市で開催中の文化事業「東アジア文化都市北九州」は、
コロナ感染拡大で同芸術祭など多くの催しが延期や中止など影響を受けた

 ところがコロナ・パンデミックは、世界をローカルの集合からグローバルとは無縁なドメスティックの点在へと一瞬にして変えてしまった。ドメスティックは「国内の」などと訳されるが、いま起きていることは「都道府県」単位まで縮減され、さらに言えば感染予防のための飲食の集いが家族に限られるなど、「家庭内」にまで抑制されている。

 もっとも、ドメスティックと聞いてすぐに連想するのは、「DV=ドメスティック・バイオレンス(家庭内暴力)」かもしれない。事実、リモートワークや遠隔授業で家族が家に篭りがちになる傾向のなかで、DVが増えているという話はかねてから出ていた。としたら、グローバル化の極限で現れたコロナのパンデミックと「相性」がいいのは、ローカルではなくむしろドメスティックかもしれない。コロナの時代、私たちはインターナショナル(国際)でもグローバル(世界)でもなく、結果としてドメスティックな時代に入り込んでいる。

 それならアートにおいても、私たちはドメスティックな時代の条件を前提に思索し、行動する必要がある。これはグローバル時代の「国際芸術」とも「祭り」ともまったく異なる。むろん、ドメスティックには多くの影がつきまとう。DVはその最たるものだろう。その危惧がないとは言えない。それでもなお、ここへきて国内では次々とドメスティックな新しいアートの兆しが見え始めた。これはずいぶん前に触れたネットを介するリモート・アートとは決定的に違っている。次回はそのことについて触れたい。(椹木野衣)

=(6月24日付西日本新聞朝刊に掲載)=

 

椹木野衣(さわらぎ・のい)
美術評論家、多摩美術大教授。1962年埼玉県生まれ。同志社大卒。著書に「日本・現代・美術」「反アート入門」「後美術論」「震美術論」など。

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 0294599656
終了間近

和田千秋「障碍の美術ⅩⅣ ー 日々是得日」

2021/10/05(火) 〜 2021/10/24(日)
EUREKA/エウレカ

Thumb mini 1f6915ad9f
終了間近

⽣きる私が表すことは。
⿅児島ゆかりの現代作家展

2021/10/16(土) 〜 2021/10/24(日)
長島美術館

Thumb mini e402186791
終了間近

糸島芸農 - 糸島国際芸術祭2021

2021/10/16(土) 〜 2021/10/24(日)
福岡県糸島市二丈松末、深江地区

Thumb mini 5e0e93e45c

LANDIC presents
バンクシー展 天才か反逆者か

2021/07/02(金) 〜 2021/10/31(日)
UNITEDLAB (ユナイテッドラボ)

Thumb mini 70af7b3e35

藤井フミヤ展
デジタルとアナログで創造する 多様な想像新世界ーThe Diversity

2021/09/04(土) 〜 2021/10/31(日)
福岡アジア美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<41> 【連載】芸術祭のリモート化 本質的な「交流」に課題 高齢者の参加に溝もなお

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<40> 【連載】不合理の世界 現実を相対化していた96年の「丸いジャングル」

Thumb mini 44cdefb8d7
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<39> 【連載】空気の欠乏事態 愛情表現か命の争奪か 「キス」が抱える矛盾

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<38> 【連載】生死との距離 いかに埋めるのか 迫られる態度変更

Thumb mini 3b9ba2183a
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<37> 【連載】インフォデミック 飛び交う新奇な言葉 理解追いつかず混乱

特集記事をもっと見る