九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  連載記事 ›  遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<78> 【連載】「反建築家」の死 相次ぐ文化人の訃報 どんな影を落とすか

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<78> 【連載】「反建築家」の死 相次ぐ文化人の訃報 どんな影を落とすか

2023/02/09 LINE はてなブックマーク facebook Twitter
昨年12月に亡くなった磯崎新さん=2019年

 去る2022年、年の瀬も押し迫った12月の末、建築家の磯崎新が亡くなった。いや、わたしは磯崎のことを「建築家」とは考えていなかった。磯崎の思索がそうした一職業の枠を遥(はる)かに超えて思想家、文明史家の次元に達していたというのもあるが、ここでは、故人の言葉を借りてあえて「反建築家」と呼びたい。というのも、磯崎は建築をまるで「災害」や「疫病」のように捉えていたからだ。このように書くと穏やかではないが、磯崎の考える「建築」には、災害が持つ突発性や疫病の特徴である連鎖性が、確かに備わっていた。

 磯崎については本連載でも開始当初、かつて彼が提示した「21世紀型オリンピックのための博多湾モデル」について書いたことがある。幻となった福岡オリンピック案として知られるが、それをこの場で取り上げたのは、主たる競技施設を主催する都市の中心部から離して海上の博多湾に設けた背景に、21世紀という時代が、突発し連鎖するテロに対しどのように向き合うか、という磯崎の見立てがあったからだった。

 いまや21世紀はテロというより疫病と戦争の時代となりつつある。だが、観客の大量動員や収容人数よりも、都心からの物理的な隔離性と、通信技術を駆使したオンラインによる中継を核に据えた磯崎によるリモート五輪の構想は、あらかじめパンデミックの時代の到来を予告しているかのようだった。

 言うまでもなく、その頃はまだオンラインもリモートも、いまのような文脈では使われていなかった。ましてや、五輪のような国家的事業=行事において、オンラインやリモートが主役となる時代が訪れるとは、いったい誰が想像しただろう。けれども、磯崎による幻の五輪モデルは、この意味で、無観客試合やソーシャルメディアによる五輪の遠隔的共有の可能性について、まるで幻視したかのように先取りしていた。

 このように、磯崎の建築観には従来の建築を超出し、パンデミックと向き合うだけの通俗的な建築への反建築性があらかじめ備えられていた。そう、私がこの連載でふたたび磯崎の名を召還したのは、故人を追悼するためだけではなく、そのことをあらためて胸に刻んでおきたかったからだ。

 もうひとつは、磯崎の死因は新型コロナではなく、それどころか年齢からして天寿をまっとうしたと言うことができるが、しかし、少なくともコロナ・パンデミックの渦中で世を去った偉大な人物のひとりとして後から振り返られるだろうと考えたからだ。

 昨年は磯崎だけでなく、すぐには思い浮かべきれないくらい多くの偉大な足跡を残した文化人、芸術家が他界した。いや、昨年だけではない。こうした訃報は今年に入ってからも続いている。パンデミックが宣言されてから、もうすぐ丸3年が経(た)とうとしている。先に昨年は、と書いたけれども、むしろこの3年、と言い換えたほうがよいかもしれない。やはり以前、20世紀最大のパンデミックである「スペイン風邪」で亡くなった数え切れないほどの犠牲者のなかに、多くの芸術家がいたことについて触れたことがある。現在、東京で大規模な展覧会が開催中のエゴン・シーレもそうだった。疫病の犠牲ということではないが、一斉とすら言いたくなる連鎖的な逝去は、はたして今後の文化や芸術にどのような影を落とすのだろうか。(椹木野衣)

=(2月9日付西日本新聞朝刊に掲載)=


椹木野衣(さわらぎ・のい)
美術評論家、多摩美術大教授。1962年埼玉県生まれ。同志社大卒。著書に「日本・現代・美術」「反アート入門」「後美術論」「震美術論」など。

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini c99d3994e6
終了間近

茶の湯の意匠―春から夏へ

2024/04/19(金) 〜 2024/06/23(日)
出光美術館(門司)

Thumb mini 685b14374e
終了間近

「鹿児島睦 まいにち」展

2024/04/24(水) 〜 2024/06/23(日)
福岡県立美術館

Thumb mini 132a0ef229
終了間近

兵庫陶芸美術館所蔵 赤木清士コレクション
古伊万里のモダン
華麗なるうつわの世界

2024/04/27(土) 〜 2024/06/23(日)
山口県立萩美術館・浦上記念館

Thumb mini 7a6f16bdc9
終了間近

収蔵作品展
空間知覚

2024/05/21(火) 〜 2024/06/23(日)
都城市立美術館

Thumb mini d826191e36
終了間近

SEASON LAO フランス ニース国立東洋美術館 図録出版記念展

2024/05/25(土) 〜 2024/06/23(日)
ギャラリーモリタ

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini d112123090
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<77> 【連載】コロナ「5類」へ 「遮られない世界」はどんなものだった?

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<76> 【連載】美術史と「健康」 「復旧」と違う様態こそ ポスト・コロナの可能性

Thumb mini 0168cbcbbf
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<75> 【連載】衛生と習慣  美術館でマスク着用は定着  靴は脱ぐ方が衛生的だが…

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<74> 【連載】交雑的な人類 歴史への免疫低下と 20世紀のモダニズム

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<73> 【連載】次元超えた「忘却と反復」 21世紀初頭の美術史 どう書き換えられる?

特集記事をもっと見る