九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  連載記事 ›  遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<79> 【連載】オンライン依存 遠隔的な対話に欠ける何か 分断、衝突を招く危うさも

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<79> 【連載】オンライン依存 遠隔的な対話に欠ける何か 分断、衝突を招く危うさも

2023/02/27 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

 少し前に家に息子が使う地理の教科書が再送付されてきた。ぱっと見にはなにも変わらない。なんだろう、と思っていたら、驚いたことに1200カ所にも及ぶ訂正があり、再配布されたのだと先頃の報道で知った。しかも、文科省の検定にも合格しているにもかかわらず、なのだ。気になって調べてみると、南米のマゼラン海峡とか、中国の山西省とかにまつわるものまであり、けっこうとんでもない。なぜ、こんな事態になったのか。記事を読むと背景に新型コロナの感染防止で業務が在宅となり、校閲作業上でのコミュニケーション不足が絡んでのことだという。

 コロナ禍で在宅勤務が増え、オンラインでのやりとりが激増したことについては、誰もが覚えがあるはずだ。わたしも当初は四苦八苦した。ただ、これを機にオンラインで済むぶんにはオンラインで、というやり方が定着したのも事実だろう。主に会議のたぐいだが、わたしはオンライン会議なるものがひじょうに苦手で、いまだに慣れない。なんというか、対話がもっとも重んじられるはずの会議というより、間を読んで順繰りに発言する報告会のようで、臨場感にも乏しく、生産性が著しく落ちているように感じられたからだ。アートにまつわることはなにより創造性が重んじられるので、他の分野と同じには考えられないかもしれないが。

 ただ、出版や編集はコロナ禍の前からすでにおおかたがリモート・ワークに対応できていて、原稿の執筆などはもとからが自宅仕事だ。著者と編集者が必ず顔を突き合わせたのは、すでに遠い昔である。そんなふうに考えると、教科書をめぐる今回の異例な事態の本当の理由が、はたしてコロナ禍による自宅勤務の増加なのかどうか判断が難しい気もする。だが、それでも新型コロナの蔓延(まんえん)がなにがしかの影を落としているのは事実だろう。

 アートの世界でも、感染リスクとなる「密」を避けるため、美術館やギャラリーでの設置で、アーティストやキュレーターが現場に立ち会うことなく、通信だけでやりとりをし、遠隔から指示を出すリモート展示がこのところ増えている。それはそれでノウハウも蓄積しつつある。しかし先のようなことがあると、本当にそれでよいのか心配になってくる。

 わたしが思ったのは、コロナ禍を理由に遠隔的なコミュニケーションが増えることで、わたしたちはいつのまにか、対話において欠いてはならないはずの何かを失ってしまったのではないか、ということだ。少なくともコロナ禍で、わたしたちは以前にも増してオンラインとそのインフラであるネットの内部世界へと依存するようになった。その結果、他者を「実感」してやりとりすることが減り、結果的に至るところで分断と衝突、憎悪が燃え盛るようになっている。

 実は、このことは日常的なやりとりや日頃の仕事のうえだけでなく、国と国、政府と政府がやりとりする首脳陣同士でのあいだの外交や、世界の行く末を決める国際的な議論の場でさえ起きていないか。ことの重大さに違いこそあれ、ネットに頼るという点での危うさにはなんの違いもない。とすると、まさにコロナ下で勃発したロシアとウクライナとのあいだの戦争や、その後の欧米や中国、日本らも巻き込む泥沼化にも、もしかすると同じこと(たとえとして1200カ所にも及ぶ訂正)が背景にありはしないだろうか。(椹木野衣)

=(2月23日付西日本新聞朝刊に掲載)=


椹木野衣(さわらぎ・のい)
美術評論家、多摩美術大教授。1962年埼玉県生まれ。同志社大卒。著書に「日本・現代・美術」「反アート入門」「後美術論」「震美術論」など。

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini a9ebd05086
終了間近

ハウステンボス大コレクション展

2023/02/11(土) 〜 2023/05/31(水)
ハウステンボス美術館

Thumb mini b54926d82d
終了間近

神戸智行展-太宰府天満宮コレクションより

2023/02/11(土) 〜 2023/06/04(日)
太宰府天満宮宝物殿企画展示室

Thumb mini c14a4094ba
終了間近

ミュシャ展 マルチ・アーティストの先駆者

2023/04/08(土) 〜 2023/06/04(日)
福岡市美術館

Thumb mini 889cf6e1c6
終了間近

久留米市美術館のコレクションing4 
野見山暁治の見た100年

2023/04/22(土) 〜 2023/06/04(日)
久留米市美術館

Thumb mini f2adc29ffb

国立美術館 コレクション・プラス
鴨居玲のスペイン時代
― スペイン・バロックの巨匠ジュゼペ・デ・リベーラの作品とともに

2023/04/07(金) 〜 2023/06/11(日)
長崎県美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini f12b2f860d
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<78> 【連載】「反建築家」の死 相次ぐ文化人の訃報 どんな影を落とすか

Thumb mini d112123090
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<77> 【連載】コロナ「5類」へ 「遮られない世界」はどんなものだった?

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<76> 【連載】美術史と「健康」 「復旧」と違う様態こそ ポスト・コロナの可能性

Thumb mini 0168cbcbbf
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<75> 【連載】衛生と習慣  美術館でマスク着用は定着  靴は脱ぐ方が衛生的だが…

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<74> 【連載】交雑的な人類 歴史への免疫低下と 20世紀のモダニズム

特集記事をもっと見る