九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  連載記事 ›  【連載】藤浩志 地域と美術のすきまのやもり 43

【連載】藤浩志 地域と美術のすきまのやもり 43

Thumb micro fa6a5588b3
藤浩志
2018/01/06
LINE はてなブックマーク facebook Twitter

発見! 33年後に85億!​

  最初のお米のカエルが生まれた頃、妻の妊娠がわかった。当時、僕は33歳。たまたま父親が33歳の時に僕は生まれた。父親は66歳で高齢者と呼ばれる年齢になっていた。生まれてくる子どもが今の僕の年齢になるときに僕は高齢者となる。子どもが生まれることになって、初めて世代を超えて考える視点が芽生えている。33年一世代だな。
 生まれる子どもは父親と母親の遺伝子をランダムだがちょうど半分ずつ受け継いでいるらしい。僕も父と母の両方の遺伝子を受け継ぐ。父もまたその父と母の遺伝子を受け継ぐ。あれ? ということは僕自身を構成する遺伝子には父と母、4人の祖父母、8人の祖祖父母、16人の祖祖祖父母と倍々の数の無数の遺伝子があることになる。
 倍々といえば、青年海外協力隊の訓練所で国際協力の授業の中で聞いた地球環境の変化についての話を思い出す。ある閉じた池の蓮(はす)の葉の増加の物語だ。一年で一枚の蓮の葉が2枚に分かれるとする-というたとえ話。次の年にはそれそれが2枚に分かれるので4枚に、一年たちそれがさらに2枚に分かれ8枚に、16、32、64、128、256、512、1024と増え続ける。11年後、2048枚になった蓮の葉は池の半分を埋めつくす。半分埋まるのに11年、しかし次の1年でその蓮の葉は池全体を埋め尽くし死滅するのだというたとえ話。地球環境はそれぐらいの勢いで変化しているということである。大変だ!
 この数字が興味深かったので無意味に計算を続けてみた。すると33年後、85億枚という蓮の葉の数になる。33年で85億枚か。と思った次の日の新聞の1面記事を見て驚いた。33年後、85億人! 1992年当時、世界人口は54億人だった。その33年後の2025年の世界人口予測が発表され、85億人になるのだという。蓮の葉増加の33年後に85億という数字と世界人口の33年後85億という数字の一致。なんだかすごい発見をした気になって興奮した。(美術家。挿絵も筆者)=2017年8月29日西日本新聞朝刊に掲載=

連載:地域と美術のすきまのやもり 一覧

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini e794a50fea

北九州市立美術館 開館50周年記念
「足立美術館所蔵 横山大観展」スライドトーク

2024/04/13(土) 〜 2024/05/02(木)
北九州市立美術館 本館

Thumb mini b156a79869

収蔵作品展
センス・オブ・ワンダー

2024/03/12(火) 〜 2024/05/06(月)
都城市立美術館

Thumb mini 5ac71fa77e

春の特別展「カラーズ ~自然の色のふしぎ展~」

2024/03/16(土) 〜 2024/05/06(月)
北九州市立いのちのたび博物館

Thumb mini d9d6db5602

特別企画展
オードリー・ヘプバーン 写真展

2024/03/20(水) 〜 2024/05/06(月)
鹿児島市立美術館

Thumb mini fb2248f7fb

かみよりつぐかたち -紙縒継像-
新聞紙から生まれる動物たち

2024/03/23(土) 〜 2024/05/06(月)
みやざきアートセンター

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<84> 【連載】開かれる世界 異常事態の渦中で 取り戻される日常

Thumb mini ba3135c76e
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<83> 【連載】コロナ禍の変化 国内の文化資源だけで 示唆に富んだ企画展も

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<82> 【連載】ポスト・コロナの行方 深層には恐れや執着  「夢」の推移に注目を

Thumb mini c32a1e9f35
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<81> 【連載】政府の新指針 無意識の「風景」に マスクは定着したか

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<80> 【連載】無形の「副反応」 震災の二次的被害同様 「関連死」はこれから?

特集記事をもっと見る