九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  連載記事 ›  【連載】藤浩志 地域と美術のすきまのやもり 46

【連載】藤浩志 地域と美術のすきまのやもり 46

Thumb micro fa6a5588b3
藤浩志
2018/01/13
LINE はてなブックマーク facebook Twitter

メディアガーデン​

 二中通という路面電車の停留所が鹿児島市内の中心部にある。数年前まで交通局前と呼ばれていたところ。交通局が移動したので名称が変わった。その電停の正面に父親がコンクリート造りの2階建ての自宅をつくったのが昭和30年代の初め。実はすぐ近くの別の場所に小さな土地を譲り受けて暮らしていたらしいが、現在の中洲通りを作るということで、移動させられてもらった土地らしい。
 40年経(た)つその家が廃虚のようになってしまい、僕も両親との関係が希薄になっていた時期だったので、その家に手を入れて、鹿児島での両親との活動を模索することにした。その家の床や壁、天井を外し、改装して作ったのがメディアガーデン・イイスペイスというカフェ。石段を2段上がった玄関を入るといきなり小さな池になっていて池の飛び石の上を歩いて店内に入る。池には丸々と太った金魚が数匹、おなかを池の底に擦りながら泳いでいる。
 実はこの金魚、六月燈という鹿児島のお祭りの帰りにお店に寄ってくれたお客さんが金魚すくいでもらってきた小さな金魚だった。コンクリートでならした床の上に配置されてい大きめのテーブルは、僕が100本の角材を釘(くぎ)と接着剤で張り合わせてつくった。三角形や変形四角型のテーブルは、それぞれの上に砂漠、森林、資源、岩と植物、草原、氷を象徴するようなオブジェが置かれ、世界の大陸をイメージして作られている。入り口に小さなショップ空間があり、そこに自作の作品や鹿児島の作家の作品を販売するコーナーが設けられている。日常は当時新鮮だったブライアン・イーノの環境音や現代音楽などを流していたが、イベントとしてカフェ空間全体を使って展覧会を行ったり、ライブやトークイベントなどを企画したりして、多くの人に利用してもらっていた。
 青山スパイラルガーデンでの展覧会の搬出をチャンスだと思い、作品が積み込まれたトラックに東京の自宅の家財道具とスタジオとして借りていた場所の作業道具類を全て積み込んで、東京脱出を果たした。鹿児島のイイスペイス2階に事務所を構え、藤浩志企画制作室としての活動の模索を始める。(美術家。挿絵も筆者)=2017年9月1日西日本新聞朝刊に掲載=

連載:地域と美術のすきまのやもり 一覧

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini e794a50fea

北九州市立美術館 開館50周年記念
「足立美術館所蔵 横山大観展」スライドトーク

2024/04/13(土) 〜 2024/05/02(木)
北九州市立美術館 本館

Thumb mini b156a79869

収蔵作品展
センス・オブ・ワンダー

2024/03/12(火) 〜 2024/05/06(月)
都城市立美術館

Thumb mini 5ac71fa77e

春の特別展「カラーズ ~自然の色のふしぎ展~」

2024/03/16(土) 〜 2024/05/06(月)
北九州市立いのちのたび博物館

Thumb mini d9d6db5602

特別企画展
オードリー・ヘプバーン 写真展

2024/03/20(水) 〜 2024/05/06(月)
鹿児島市立美術館

Thumb mini fb2248f7fb

かみよりつぐかたち -紙縒継像-
新聞紙から生まれる動物たち

2024/03/23(土) 〜 2024/05/06(月)
みやざきアートセンター

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<84> 【連載】開かれる世界 異常事態の渦中で 取り戻される日常

Thumb mini ba3135c76e
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<83> 【連載】コロナ禍の変化 国内の文化資源だけで 示唆に富んだ企画展も

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<82> 【連載】ポスト・コロナの行方 深層には恐れや執着  「夢」の推移に注目を

Thumb mini c32a1e9f35
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<81> 【連載】政府の新指針 無意識の「風景」に マスクは定着したか

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<80> 【連載】無形の「副反応」 震災の二次的被害同様 「関連死」はこれから?

特集記事をもっと見る