九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  連載記事 ›  マンモス展から 永久凍土を掘る<上>【連載】

マンモス展から 永久凍土を掘る<上>【連載】

2020/01/14 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

福岡市科学館で開催中の「マンモス展」の見どころを3回に分けて紹介する。

マンモスの全身骨格の前で、来場者に説明する野尻湖ナウマンゾウ博物館の近藤洋一館長

 原始時代を面白おかしく描いたテレビアニメ「はじめ人間ギャートルズ」(1974~76年)のオープニングで、全身を長い毛で覆われた巨大マンモスがヒトを追い回す場面がある。
  目をつり上げて半裸の原始人を追い立てる場面からは、どう猛なイメージを抱きがちだが、実際は草食でヒトを襲うことはなかった。逆にヒトに狩猟されて食用にされ、骨は住居の柱に活用された。マンモス絶滅の原因を乱獲に求める説もあるほどだ。
  どう猛なイメージは、全身を覆う褐色の長い体毛にも起因しているのだろう。氷河期の厳しい気候下、体温を維持するコートの役割を果たしていたのだが、毛むくじゃらの風貌は不気味である。

マンモスの本物の毛。触ることができる


  福岡市中央区の市科学館で開催中の「マンモス展」は、シベリアの永久凍土から出土したマンモスの本物の毛と、ふんも展示してあり、毛には触ることができる。同市中央区の草ケ江小5年、尾崎夏波さん(10)は、透明な容器に入った毛に触れ「ごわごわして硬い」と目を輝かせた。
  「マンモス校」という言葉もあるように、マンモスは巨大さに例えられる。しかし、実際はアフリカゾウよりひと回り小さかった。肩までの高さは3~3・5メートル。会場には全身骨格と復元像もあり、等身大のマンモスを確かめることができる。
  野尻湖ナウマンゾウ博物館(長野県)の近藤洋一館長によると、全身骨格はロシアを中心に世界で100体以上があるが「出所が確かで、ここまで欠損が少ない全身骨格は少ない」と話す。 (大淵龍生)=1月7日西日本新聞朝刊に掲載=

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini c3474a1438
終了間近

発掘された日本列島展-新発見考古速報2019-

2020/01/18(土) 〜 2020/02/26(水)
大野城心のふるさと館

Thumb mini 56467b9f13

「大浮世絵展」関連イベント
特別講演会「北斎か広重か」

2020/02/29(土)
福岡市美術館

Thumb mini d2ecccb02b
終了間近

日本の切り絵 5人のミューズ

2020/01/04(土) 〜 2020/03/01(日)
北九州市立美術館 分館

Thumb mini 3f458ef8b8
終了間近

収蔵作品展
絵の中のファッション

2020/01/05(日) 〜 2020/03/01(日)
都城市立美術館

Thumb mini feb3b8d25a
終了間近

木梨憲武展 Timing-瞬間の光り-

2020/01/26(日) 〜 2020/03/01(日)
福岡アジア美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 963c6646c5
コラム

マンモスの皮膚や体毛も 福岡市科学館で「マンモス展」 【コラム】

Thumb mini 3d4dbaefc1
ニュース

マンモス展、福岡市科学館でスタート【NEWS】

Thumb mini 1ec7e833ae
インタビュー

「マンモス展」福岡PR大使のゴリけんさんが、監修者2人にインタビュー

Thumb mini 5b5ad4b40f
レポート

「マンモス展」監修者2人によるサハ共和国調査報告と、展覧会にかける想い(後編)【レポート】

Thumb mini dca6c8e0dc
ニュース

大人気「マンモス展」入場者数5万人突破!【NEWS】

特集記事をもっと見る