九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  コラム ›  ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎 <3>   外の世界へ挑む決意 久留米市美術館【コラム】

ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎 <3>   外の世界へ挑む決意 久留米市美術館【コラム】

2022/12/16 LINE はてなブックマーク facebook Twitter
坂本繁二郎「海岸の牛」(1914年、北九州市立美術館蔵)
坂本繁二郎「馬」(1925年、個人蔵)

 坂本繁二郎は東京で活動していた大正時代、牛をよく描いた。絵を見た友人らは、牛を坂本の“自画像”だと捉えていたという。

 32歳で第1回二科展に出した「海岸の牛」は房総半島とみられる海岸を背に、くいにつながれた牛を描く。同じ房総で「海の幸」を描いた青木繁の死から3年後のこと。晩年、「まるで牛のように、牛を描き続けた」と言葉を残した坂本は、静かな海岸にどこか窮屈そうにたたずむ牛に、どんな思いを込めたのだろう。

 1907年の東京勧業博覧会で青木の「わだつみのいろこの宮」より高評価を得た「大島の一部」にも、情景として牛を描いた。12年発表作品からは牛そのものを大きく描き、新聞に芸術記事を連載していた夏目漱石の目にもとまった。渡仏前年の20年に発表したモノクロ調の「牛」は視線の先に柵があり、外の世界へと挑む自らの決意を重ねたようにも受け取れる。

 「海岸の牛」はどうか。久留米市美術館の森山秀子副館長は「実は、牛の右側にくいを描こうとした跡がある」という。結果的にくいは牛の視線の先に斜めに立ち、より強調された感がある。自信を付けてきた坂本がくいから解き放たれ、青木を超えんとする気概を重ねたのでは…と解釈するのは、飛躍だろうか。

 帰国の翌年、二科展に「馬」を出品。留学中に得た淡く柔らかい色彩表現で、その後の作品はさらに華やぎを増す。ただ、坂本は決して西洋の作風のみに傾倒しない。経験を昇華させ、人生の深まりに呼応するように、画業を成熟させる。

=(12月16日付西日本新聞朝刊に掲載)=

===================================================

生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎 来年1月22日まで、久留米市野中町の市美術館=0942(39)1131。西日本新聞社など主催。一般1000円、65歳以上700円、大学生500円。高校生以下無料。

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini d310dce867
終了間近

もしも… 大辻清司の写真と言葉

2024/06/08(土) 〜 2024/07/28(日)
九州産業大学美術館

Thumb mini 394d2ffd6c
終了間近

軽さ・明るさ  Lightness/ Lightness Kanae Ohgi Exhibition
オーギカナエ 個展

2024/07/13(土) 〜 2024/07/28(日)
EUREKA エウレカ

Thumb mini 8505535df2

ゆうまち芸術祭 アーティスト・イン・レジデンス プレ事業
ゆうまちアートプロジェクトVol.1 山本愛子 Symbiosis - 回遊する色-

2024/04/27(土) 〜 2024/07/29(月)
iroherb

Thumb mini 8aaeb4a2b5

佐賀新聞創刊140周年記念
立体切り絵SouMaの世界展

2024/07/04(木) 〜 2024/08/04(日)
佐賀県立美術館

Thumb mini 20608978b3

夏休みこども美術館2024
未来にむかって歩くなら?  ”わたしのくつ”をつくってみよう

2024/07/28(日) 〜 2024/08/04(日)
福岡市美術館 1階 アートスタジオ

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 1d58419b13
コラム

ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎 <2>   圧倒的な自負と才能 久留米市美術館【コラム】

Thumb mini fffeccb88f
コラム

ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎 <1>   叙情と幻想の好対照 久留米市美術館【コラム】

Thumb mini 3d07fcefd4
コラム

「没後100年 富岡鉄斎―最後の文人」展に寄せて【学芸員コラム】

Thumb mini 4434ad4f8b
コラム

剥製が大行進 進化の不思議/8月25日まで、福岡市博物館で「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」【コラム】

Thumb mini 29a89b6544
コラム

「わけてつなげて 大哺乳類展」㊦ 違っているのに同系統/福岡市博物館で7月3日から「大哺乳類展-わけてつなげて大行進」【コラム】

特集記事をもっと見る