九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  コラム ›  ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎 <4>   時を超え交わる盟友 久留米市美術館【コラム】

ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎 <4>   時を超え交わる盟友 久留米市美術館【コラム】

2022/12/20 LINE はてなブックマーク facebook Twitter
青木繁「漁夫挽帰」(1908年、ウッドワン美術館蔵)
坂本繁二郎「能面と鼓の胴」(1962年、石橋財団アーティゾン美術館蔵)

 青木繁と坂本繁二郎は、時に同じ題材に違う世界を見る。
 
 例えば山。青年期に青木が描いた峻厳(しゅんげん)な「神塞妙義」と、坂本が田園風景ごと描き出した「水縄山風景」を例示して福岡県久留米市美術館の森山秀子副館長は「青木はそこに神々を、坂本は住まう人々の姿を見ている」と解説する。
 
 生きた長さも好んだ題材も異なる2人。盟友なのに水と油のようにも見える。だが時をたがえて共通の題材を扱っている。能面だ。
 
 青木は学生時代、現在の東京国立博物館に足しげく通って能面に造形を学び、神話画を描く足がかりとした。坂本は、30代で見た能表現の感動を心に温め続け、還暦を過ぎてから集大成として能面の油彩画を次々に発表する。
 
 坂本が描いた能面は、能舞台さながらに無駄のない構図の中に陰り、輝き、そして静かにたたずむ。だからなのか、静物画でありながら、どこか人の存在を感じさせる。
 
 2人の“旅”は、見る者に大画面で訴えかける壁画でも交わる。
 
 坂本は、唯一の戦争画「肉弾三勇士」など3作品を受注制作した。一方、壁画に関心があったのか下絵を残している青木は、中央画壇を離れて放浪しており、依頼はついに舞い込まなかった。それでも洋館を飾る大作として注文を受けた横約1.8メートルの「漁夫晩帰」には、家族らしい群像を平面的に描くなど壁画の意識をにじませた。
 
 生涯で最大級の作品を描き上げた青木。能面の連作を描き終えた坂本。2人の“旅”は終焉(しゅうえん)へ向かう。

=(12月17日付西日本新聞朝刊に掲載)=

===================================================

生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎 来年1月22日まで、久留米市野中町の市美術館=0942(39)1131。西日本新聞社など主催。一般1000円、65歳以上700円、大学生500円。高校生以下無料。

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini d310dce867
終了間近

もしも… 大辻清司の写真と言葉

2024/06/08(土) 〜 2024/07/28(日)
九州産業大学美術館

Thumb mini 394d2ffd6c
終了間近

軽さ・明るさ  Lightness/ Lightness Kanae Ohgi Exhibition
オーギカナエ 個展

2024/07/13(土) 〜 2024/07/28(日)
EUREKA エウレカ

Thumb mini 8505535df2

ゆうまち芸術祭 アーティスト・イン・レジデンス プレ事業
ゆうまちアートプロジェクトVol.1 山本愛子 Symbiosis - 回遊する色-

2024/04/27(土) 〜 2024/07/29(月)
iroherb

Thumb mini 8aaeb4a2b5

佐賀新聞創刊140周年記念
立体切り絵SouMaの世界展

2024/07/04(木) 〜 2024/08/04(日)
佐賀県立美術館

Thumb mini 20608978b3

夏休みこども美術館2024
未来にむかって歩くなら?  ”わたしのくつ”をつくってみよう

2024/07/28(日) 〜 2024/08/04(日)
福岡市美術館 1階 アートスタジオ

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini b521fe6378
コラム

ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎 <3>   外の世界へ挑む決意 久留米市美術館【コラム】

Thumb mini 1d58419b13
コラム

ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎 <2>   圧倒的な自負と才能 久留米市美術館【コラム】

Thumb mini fffeccb88f
コラム

ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎 <1>   叙情と幻想の好対照 久留米市美術館【コラム】

Thumb mini 174f2e2487
連載記事

「生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎 」展【学芸員コラム】とことん比べてみる(その4)二人の絶筆

Thumb mini 86c131e721
連載記事

「生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎 」展【学芸員コラム】とことん比べてみる(その3)二人の「能面」

特集記事をもっと見る