九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

HOME ›  FEATURE ›  インタビュー ›  ⽇本初!「ミュージアムバー」の仕掛⼈、樋⼝⼀幸さんに聞く【インタビュー】

⽇本初!「ミュージアムバー」の仕掛⼈、樋⼝⼀幸さんに聞く【インタビュー】

Thumb micro 1188b77301
西山 健太郎
2017/08/10
LINE はてなブックマーク facebook Twitter

福岡市博物館の夏季夜間開館(トワイライトミュージアム)に合わせて、同館の2階喫茶室でスコットランド産シングルモルトウイスキーを提供するイベント「ミュージアムバー」がスタートした。そこで、「ミュージアムバー」をプロデュースした樋⼝⼀幸さん(ウイスキートーク福岡実⾏委員⻑、Bar Higuchi オーナーバーテンダー)にお話を伺った。

 

監修した「ミュージアムハイボール」3種と樋口さん

 

――博物館でウイスキーを提供する、という発想はかなり斬新に感じたのですが。 

近年のハイボールブームなどにより、ウイスキーを⼝にする⼈はかなり増えましたが、まだまだその愉しみ⽅を知っている⼈は多くないように思います。同様に、⽇常的にBarへ訪れる習慣がある方もまだまだ少ないのが現状です。そうしたなか、たくさんのお客さまが訪れる博物館の喫茶室で、ウイスキーの魅力の一端に触れていただけたら、という発想から提案させていただいたのが今回の企画、「ミュージアムバー」です。 

福岡市博物館で提供しているテイスティング(飲み比べ)セット

 

――提供されている「シングルモルトウイスキー」というのは普通のウイスキーではないのですか? 
 
昭和の時代から⽇本でよく飲まれてきたのは「ブレンデッドウイスキー」といわれる、数十種類のモルト原酒と2〜3種類のグレーン原酒を配合したものです。グレーンの比率が多いほどお手頃な価格で、モルトの比率が高いほどプレミアム感が出ます。手間と時間がかかるモルト(大麦麦芽)ウイスキーに、大量生産が可能なトウモロコシ・小麦・ライ麦などのグレーン(穀物)ウイスキーを合わせるという、クラッシック音楽でいえば、“オーケストラ”的なウイスキーです。
一方、「シングルモルトウイスキー」は、“単一”の蒸留所という意味の“シングル”で、その蒸留所独自の個性がいかんなく発揮されたモルトウイスキーのこと。オーケストラではなく、ピアノやトランペット、ヴァイオリンなどのいわば“ソロ”。近年、世界で空前のブームとなっている理由が、単一の蒸留所であっても一樽(カスク)ごとにそのアロマやフレーバーが異なる「シングルカスク」まで深掘りすることができる、その多様性にあります。同じ楽器でも奏者が違えば趣が全く異なって聴こえることに似ているでしょうか。
こうしてみると、ウイスキーと芸術とは、どこか通じるところがあると思いませんか?

色の違いを見比べるのもテイスティングの楽しみの一つ

 

――なるほど、ウイスキーは奥が深いですね。それでは、今回セレクトされた3種類のウイスキーについて教えていただけますか? 

 ⼀本⽬は、スコットランドの北部、ハイランド地⽅で産出される「グレンモーレンジィ オリジナル」です。通常ウイスキーは “軟⽔” で作られることが多いのですが、このウイスキーは “硬水” で作られており、柑橘類を思わせるフレッシュな⾵味が特徴です。 
⼆本⽬は、スコットランド北⻄部に浮かぶスカイ島で産出される「タリスカー ストーム」です。黒胡椒の⼒強い⾹りとスモーキーな⽢さが特徴で、『宝島』の著者であるロバート・ルイス・スティーブンソンは、このウイスキーを「King of Drinks(酒の王様)」と評しました。
三本⽬は、スコットランド南⻄部に浮かぶアイラ島で産出される「ラガヴーリン 16年」です。“アイラの巨⼈”と称され、大変スモーキーで、ヨード、海草などの「海」の要素を含んだ風味とボディの厚さが特徴です。

「グレンモーレンジィ」だけでも、こんなに種類が!

 

――新しい飲み⽅の提案もされていますね。 
 
今回は、3種類のウイスキーをストレートで10mlずつ提供するテイスティングセットのほか、ひと⼿間加えた “ミュージアムハイボール” を提供しています。通常はBarでしか味わえないスコットランド産シングルモルトウイスキーをぜひ体験してみてください。 

気に入った銘柄が見つかったら、ワンランク上の(熟成年数が高い/生産年が古い)ボトルをBarで味わってみては?

――最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします。 

「ミュージアムバー」で好みの味わいのシングルモルトに出会ったら、ぜひBarへ⾜を運んでいただきたいですね。美術館やギャラリーでお気に⼊りの作家や作品と出逢うのと同じ感覚で、 あなたが愛する⼀本に出会っていただきたいと思います。 

――本日はありがとうございました。ミュージアムと洋酒のコラボ企画。今後も期待しています。

Bar Higuchi の代名詞的カクテル。長崎産の高級生姜を丸ごと漬け込んだウォッカをベースとした「モスコミュール」。
Bar Higuchi

==================================

「ミュージアムバー」は「黄金のファラオと大ピラミッド展」会期中に福岡市博物館2階喫茶室で毎日お楽しみいただけます。福岡市博物館HPの情報もあわせてご覧ください。(編集部)

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini dc1ea301f7

ワイングラス片手にけやき通り散策
ギャラリー梯子酒 Vol.8

2018/07/21(土)
ギャラリーモリタ (受付場所)

Thumb mini b43e4ea320
終了間近

アート&デザインの大茶会
マルセル・ワンダース、須藤玲子、ミヤケマイ

2018/06/15(金) 〜 2018/07/22(日)
大分県立美術館(OPAM)

Thumb mini b35998970a
終了間近

「本橋成一 在り処」

2018/06/16(土) 〜 2018/07/22(日)
田川市美術館

Thumb mini 1dcc27d61f

「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」関連イベント
山田全自動とめぐる!春信展みどころダイジェスト

2018/07/27(金)
福岡市博物館

Thumb mini 0138b01cf3

九州産業大学美術館「パリ→池袋→福岡・モンパルナス-芸術家が街に出る-」関連イベント
福岡モンパルナスツアー 

2018/06/30(土) 〜 2018/07/28(土)
天神・中州エリアのアートスポット

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 1974a1b5f3
レポート

大人気の≪ラスコー展≫と≪黄金のファラオ展≫両方のナイトミュージアムで楽しんできた!【レポート】

Thumb mini 78b799fe8b
レポート

吉村作治先生も驚きの大胆展示法!「黄金のファラオと大ピラミッド展」の会場へ!【レポート】

Thumb mini 768ecb61bf
レポート

吉村作治さんが熱く語る!大ピラミッド建造の秘密とは【レポート】

Thumb mini 3bb2ac3464
ニュース

【ニュース】黄金のマスクがやってくる!「黄金のファラオと大ピラミッド展」

Thumb mini 4ae4e62a93
レポート

福博ツナグ文藝社プロデュース!大人の愉しみを知るトークイベント「黄金のミュージアムバー」に潜入!【レポート】

特集記事をもっと見る