九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  インタビュー ›  (前編)人の喜びが、自分の喜びへとつながる。現代美術作家、オーギカナエさん【インタビュー】

(前編)人の喜びが、自分の喜びへとつながる。現代美術作家、オーギカナエさん【インタビュー】

Thumb micro b17bcab1aa
木下貴子
2022/11/08
LINE はてなブックマーク facebook Twitter

 会場に一歩ふみ入った刹那、春の陽光に包まれたような感じを覚えた。次々と目に入り込んでくる色とりどりのパステルカラー、やわらかみのある円輪に、感覚が共鳴していく。冬を乗り越え、土から這い出でて春の光を浴びた虫はきっとこんな気分なのかなと、つい妄想してしまった。「エウレカ」(福岡市中央区大手門)で開かれていたオーギカナエさんの個展「永遠はなくてもつなぐことはできるsmile∞torus」では、とても気持ちのよい温かい空気が溢れていた。

オーギカナエさん


 

「オーギカナエ展 永遠はなくてもつなぐことはできる smile∞torus」会場風景より
(2022年3月5日〜26日、EUREKA/エウレカ)


 現代美術作家であるオーギさんは、現在、福岡県久留米市を拠点に、サイトスペシフィックな作品、ワークショップ、プロジェクトなどを手がけている。福岡はもちろん、活躍の場は全国、そして国外にもおよぶ。

 オーギさんは美術大学卒業後、しばらく東京を拠点としていた。同じく現代美術作家である牛嶋均さんとの結婚を機に、久留米市に移ったのが1996年のこと。「そのころは、個展しかやりたくないという人でした」と当時のオーギさんの考えを聞いて、とても驚いた。オーギさんは、子どもから大人までいろいろな人を巻き込みながら作品制作やワークショップを行う作家として定評があるからだ。オーギさんのアート表現に「人との交流」「人と楽しむ」のイメージは欠かせない。

「オーギカナエ展 これまでとこれからpast and future」にて(2021年11月8日〜14日、SRギャラリー・福岡)にて再展示された、東京時代のインスタレーション《HOLE - 洪水を見るために》(1992年、E’スペース個展)

 

 「美術をやるって強く思っていた東京時代は、自分一人の世界を出すためにも絶対グループ展はやりたくないし、個展が最高って思っていたんですよね」。だが、福岡に移り結婚し、子どもも生まれ、どんどん関わる人が増え環境が変わっていくにつれ、グループ展やワークショップなど発表や表現の幅が広がっていった。「そうするうちにみんなでやることに対して、『あれ?なんか面白いな』って思うようになったんです。予測不可能な中にものすごく可能性を感じたり、自分では分からなかった面白さがあったり。それに、人からダメ出しされることがあっても、それをふまえてもう一回考え直してやってみると、最初に自分が思っていたものよりも良くなった経験もあったりして。人と一緒にやることが面白いなって思い始め、今に至ります」と心境の変化を振り返る。

育児中でも制作を続けられたのはパートナーである牛嶋さんの存在も大きかったという。「家庭の中に美術相談所があるみたいな感じで。子育てで感じたことを、こんなふうに作品にしたいんだけどって聞いてみると、牛嶋も面白い時は『いいね、やってみよう』と言ってくれ、それで作品として形にできたりもしましたね」。

 

 以来、その都度、状況に応じながら柔軟に、発表の仕方や作品の表現を変えてきた。「作家としてのあり方にもいろんな方向がありますよね。制作が大変な部分もありましたが、結婚することも子どもが欲しいと思って決めたのは自分だし、それも含めて自分の作品に関わってくるんだから何か道があるんだろうなって思ってて。形あるものが作れなくても、子どもが何かしたら面白いな、これって何か作品になるんじゃないかなっていうふうに、作品を作っているのと同じ気持ちで毎日いろいろ考えていました」。お子さん2人がまだ小さい頃には、例えば、溶かしたチョコレートを材料にチョコ彫刻や似顔絵チョコを作る親子で楽しめるワークショップ「chocochip sisters」(1999・2000年)、同じく子育て中の母親にインタビューした作品《Mathers Talking》(2000年)など、日常から派生した作品を生み出していった。
     

左)「横浜トリエンナーレ」での小沢剛作品《トンチキハウス》内「アイス・ド・チョコチップ」(2001年、神奈川県民ホール)/中央)「第1回アジアジュニア美術展」におけるワークショップ「未来の家を作ろう」(1999年、福岡アジア美術館)/右)「アートの現場・福岡vol.7 休憩室 ちょっと休んでいきませんか?」でのワークショップ(2000年、福岡県立美術館)

 

福岡市美術館2階にある「キッズスペース 森のたね」の制作も、オーギさんが手がけた(2010年制作、2019年リニューアル制作)


 お子さんが2人とも成人し、育児が終わっても、そのスタイルは継続している。「人と一緒にやっているうちに、もともと自分は人が喜ぶということがすごく好きだったってことを思い出したんですよね。人が喜んでいるのを見るのが、私の喜びみたいな。そういう意味でも、ワークショップは私にとても適しているし、これからもみなさんと一緒になって、何か探せていけたらなと思っています」。

福岡県立美術館のある須崎公園をピクニックしながら、木の肖像画を描くワークショップ「森の肖像画」。描いた木の肖像画は、後日同館にて開催の展覧会「オーギカナエ 森で会いましょう」で展示された(2022年6月27日、福岡県立美術館)

 近年はさらに活動を広げ、より柔軟に。牛嶋さんとユニット組んだ「YAPPOTUKA(ヤポッカ)」、子ども2人も一緒に家族全員で表現活動を行う「ウシジマケ」なども展開している。

後編へ続く)

オーギさんの作品はこちらで購入できます

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini c4c11c6f59
終了間近

第1回 宮若国際芸術トリエンナーレ「TRAiART」

2021/07/30(金) 〜 2024/05/31(金)
TRIAL IoT Lab  (旧宮田西中学校) ほか2か所で開催

Thumb mini f72760e810
終了間近

所蔵品展No.163
新収蔵品紹介/春の色彩

2024/04/23(火) 〜 2024/06/02(日)
下関市立美術館

Thumb mini 49aba1e8c0
終了間近

「櫻井翔 未来への言葉展 PLAYFUL! 」福岡会場

2024/04/26(金) 〜 2024/06/04(火)
JR九州ホール(JR博多シティ9F)

Thumb mini c06fd6f11b

藤城清治 100歳 美しい地球 生きるよろこび 未来へ 展

2024/04/05(金) 〜 2024/06/05(水)
福岡市博物館

Thumb mini 1ab613f913

「ADAPTATION – KYNE」 学芸員によるギャラリートーク

2024/05/12(日) 〜 2024/06/08(土)
福岡市美術館 2階 特別展示室

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 574a92f3d0
インタビュー

日々の暮らしの中にある違和感をユーモアかつシュールに描き、刺繍で温かみを。現代美術作家、難波瑞穂さん。(後編)【インタビュー】

Thumb mini 53ed074be2
インタビュー

日々の暮らしの中にある違和感をユーモアかつシュールに描き、刺繍で温かみを。現代美術作家、難波瑞穂さん。(前編)【インタビュー】

Thumb mini ea9280df17
インタビュー

町田啓太さんにインタビュー! 音声ガイドを務める特別展「生誕270年 長沢芦雪」 九博で来年2月に開幕!

Thumb mini a8aef0aee6
インタビュー

【対談】㊤ 神に捧げた心と体 佐藤究さん(作家)×河野一隆さん(東京国立博物館)/「古代メキシコ」展、九州国立博物館

Thumb mini 00472e9c82
インタビュー

子ども驚かせるリアリズム メカデザインの〝レジェンド〟 宮武一貴さんに聞く 福岡市美術館「日本の巨大ロボット群像」展 松本零士さんとの思い出も【インタビュー】

特集記事をもっと見る