九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  連載記事 ›  遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<37> 【連載】インフォデミック 飛び交う新奇な言葉 理解追いつかず混乱

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<37> 【連載】インフォデミック 飛び交う新奇な言葉 理解追いつかず混乱

2021/04/16 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

 新年早々に発出された緊急事態宣言の全面解除後、今月に入り、一日あたりの感染者数で大阪が東京を上回るなど、第4波と思(おぼ)しき感染の再拡大が見られている。前にも書いたが、一年の推移が情緒豊かな春夏秋冬ではなく、増減する感染者数の波で測られるような心理的圧迫がもう、かれこれ一年にわたって続いている。例年より開花の早かった桜も、ゆっくり愛(め)でるまもなく、気がつけばマスク越しにすっかり散ってしまった。

SNSで「(人気アニメ)エヴァンゲリオンっぽい」と話題となった緊急事態宣言を伝える西鉄福岡(天神)駅の電光掲示板(1月、福岡市)。「緊急事態」が半ば日常化する中で、
新奇な言葉も変異し、増殖を続ける

 それに加え、全国の各所で新型コロナウイルスの変異株が次々に検出されている。新型コロナウイルス感染症をめぐる局面は、ここに来て、単一のウイルスの感染拡大から、急激に未知の変異をめぐる挙動と再拡大への不安に移ったと言えるだろう。これについては前回にも触れた通り、変異の「大ヒット」が出ないことを祈るばかりである。

 それにしても、手を替え品を替え新たな変異を繰り出す新型コロナウイルスのことを、変異株とはよく言ったものだ。グローバル資本主義とパンデミックとの類縁性については、これまで書いてきた通りだが、ウイルスを「株」と呼ぶこと自体、なにかたちの悪い冗談のようで、同時に両者の通底をひそかに暗示しているかのようではないか。

 このことひとつとっても改めて感じるのは、私たちは新型コロナウイルスについて、そもそも言葉のレベルで手に扱いかねているのではないか。パンデミックが宣言された頃、この未知のウイルスの挙動と対策について、ネットのなかで多種多様な情報が膨大に拡散され、その弊害について「インフォデミック(偽情報の爆発的拡大)」と呼ばれる現象が起きた。だが思うのは、インフォデミックなどと言う聴き慣れぬ言葉がにわかに登場して事態を収めようとすること自体が、あえて言えばインフォデミックの顕著な現れなのではないか。

 振り返れば、この疫病は当初「新型肺炎」と端的に呼ばれていた。それが正確さを期して「新型コロナウイルス感染症」と呼ばれるようになった。欧米で一般的な「COVID―19」を好んで使う向きもある。つまり、これだけの出来事にもかかわらず、いまだに名称が統一されていない。加えて、ここにきて新型コロナの変異株などという一瞬頭をひねる呼び名が使われ始めた。その変異も英国型、南アフリカ型、ブラジル型など増える一方である。感染拡大防止対策も、「緊急事態宣言」が解除されたと思えば「まん延防止等重点措置」が適用される。そういえば「東京アラート」などというのもあった。ふたたび経済に倣えば、言葉のインフレが起きているのだ。

 ここから私が想起するのは、東日本大震災でひどく放射能汚染された地域が、当初「警戒区域」「計画的避難区域」「緊急時避難準備区域」に分けられ、その後「帰還困難区域」「居住制限区域」「避難指示解除準備区域」へと推移し、現在では帰還困難区域の中に「特定復興再生拠点区域」が生まれているような、直感的な理解が極めて困難な言葉の使い方だ。これらはインフォデミックとは異なり、いずれも国が公式に定義したものだ。が、正確さを期すあまり、結果的に概念上の混乱に陥っていはしないか。

 原発事故の時のベント、シーベルト、除染などがそうであったように、新型コロナのパンデミックでも、クラスター、PCR検査、3密などの新奇な言葉が、まるでウイルスのように飛び交い、変異を繰り返し、理解を撹乱(かくらん)し、まん延し続けている。(椹木野衣)

=(4月8日西日本新聞朝刊に掲載)=

 

椹木野衣(さわらぎ・のい)
美術評論家、多摩美術大教授。1962年埼玉県生まれ。同志社大卒。著書に「日本・現代・美術」「反アート入門」「後美術論」「震美術論」など。

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 0a87889a8c
終了間近

片山雅史 個展「いのちのかたち」

2024/06/29(土) 〜 2024/07/20(土)
kenakian

Thumb mini 222fd855a9

つきなみ講座7月
フカボリ美術鑑賞「夏休みこども美術館2024」の作品を見る

2024/07/20(土)
福岡市美術館 1階 レクチャールーム

Thumb mini d310dce867

もしも… 大辻清司の写真と言葉

2024/06/08(土) 〜 2024/07/28(日)
九州産業大学美術館

Thumb mini 394d2ffd6c

軽さ・明るさ  Lightness/ Lightness Kanae Ohgi Exhibition
オーギカナエ 個展

2024/07/13(土) 〜 2024/07/28(日)
EUREKA エウレカ

Thumb mini 8505535df2

ゆうまち芸術祭 アーティスト・イン・レジデンス プレ事業
ゆうまちアートプロジェクトVol.1 山本愛子 Symbiosis - 回遊する色-

2024/04/27(土) 〜 2024/07/29(月)
iroherb

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<36> 【連載】変異 ウイルスVS資本主義 原理的に勝利者は…

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<35> 【連載】東日本大震災10年 終わりのない事前性 「本震」とは何か?

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<34> 【連載】感染リスクと日常 あらゆるところに浮かぶ 芥川の「ぼんやりした不安」

Thumb mini 7fbd7e7ac2
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<33> 【連載】仮想空間の「メガ」現象 増える公募展への応募 配信型の講演も大盛況

Thumb mini 8618ddadd8
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<32> 【連載】再拡大の余波 令和のコロナ下で開く「平成美術」の回顧展

特集記事をもっと見る