九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  連載記事 ›  西方に極楽あり17 仏だけに「ぶつぶつ」と・・【連載】

西方に極楽あり17 仏だけに「ぶつぶつ」と・・【連載】

Thumb micro 2cf83d8d0a
末吉武史
2018/10/08
LINE はてなブックマーク facebook Twitter

仏だけに「ぶつぶつ」と・・

 

今回は仏像学芸員が多忙のため、仏像が代わりにブログを書きました。(ああ、有り難や~)

私が木造如来像残欠である

 

私は福岡市博物館の収蔵庫で来るべき展示の出番を待っている仏像じゃ。(この記事は9月11日に書かれました。現在は展示中です)

今では体の部材がバラバラとなり、ほれこのとおり、「木造如来像残欠(もくぞうにょらいぞうざんけつ)」などという無粋な名前で呼ばれておる。

私が造られたのは何しろ今から九百年くらい前のことで、今では自分が何如来だったのかもよく思い出せないほどじゃ・・

そうそう、だんだんと昔の光景が甦ってきたゾ。

当時は華やかな台座や光背があり、立派なお堂に安置され、坊さんたちの読経の中で多くの人々に拝まれていたような気がするのう。

当時はみんな「末法(まっぽう)じゃ」「世も末じゃ」と言って、56億7000万年後に現れる弥勒仏に会って救われるため、それまで阿弥陀如来のいる西方極楽浄土に往生(平たくいえば一時避難かな)しようとしていたのじゃった。

それから時代は移り変わり、お堂も無くなり、いつしか私もこのような姿になったが、やはり人の世というのは変わらぬもので、相変わらず苦しみが多いようじゃ・・

それはさておき、浄土九州展では久しぶりに当時の仲間たちに会えるようで私も楽しみじゃ。

仏(ほとけ)として拝まれないのは少し残念な気もするが、壊れても仏は仏。

もし会場でこんな「つぶやき」を聞いたらそっと手を合わせてほしいものじゃな。
Posted by 木造如来像残欠(?)

 

=2018年9月11日福岡市博物館ブログに掲載=

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini 295d5e2f24
終了間近

永青文庫展Ⅴ
細川幽斎 文華のDNA
―当代随一の教養人 幽斎―

2019/05/27(月) 〜 2019/06/29(土)
肥後の里山ギャラリー

Thumb mini d0c04aa190
終了間近

「精神の風景」

2019/06/08(土) 〜 2019/06/29(土)
EUREKA エウレカ

Thumb mini cf9735bbbe
終了間近

常設展「花鳥風月~花鳥編~」

2019/04/05(金) 〜 2019/06/30(日)
行橋市増田美術館

Thumb mini d6254284c4
終了間近

フィンランド陶芸
芸術家たちのユートピア

2019/04/20(土) 〜 2019/06/30(日)
山口県立萩美術館・浦上記念館

Thumb mini c46c37ba8d
終了間近

マリメッコ・スピリッツ フィンランド・ミーツ・ジャパン

2019/04/20(土) 〜 2019/06/30(日)
山口県立萩美術館・浦上記念館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 86df2d5b57
ニュース

笑い飯哲夫のおもしろ仏教講座 福岡市博物館で開催決定!

Thumb mini 5df594b110
レポート

天か地獄か、死者は10人の王に裁かれる -エンマと地蔵菩薩-【レポート】

Thumb mini 21182b5b9c
連載記事

追悼人間国宝中島宏展によせて 元名護屋城博物館長 東中川 忠美さん 古武雄再評価に尽力―連載【コラム】

Thumb mini 3ca7a2592d
連載記事

追悼人間国宝中島宏展によせて 写真家 山崎 信一さん 挑む姿と執念に共鳴―連載【コラム】

Thumb mini 50ea4bc07e
連載記事

追悼人間国宝中島宏展によせて 陶芸家 浦郷 好文さん 「酔陶会」で武雄をけん引―連載【コラム】

特集記事をもっと見る