九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  連載記事 ›  西方に極楽あり25 阿弥陀空港の話【連載】

西方に極楽あり25 阿弥陀空港の話【連載】

Thumb micro 2cf83d8d0a
末吉武史
2018/11/14
LINE はてなブックマーク facebook Twitter

阿弥陀空港の話​

 

9月15日に始まった浄土九州展もようやく11月4日に最終日を迎えました。
おかげ様で2万人を越えるお客様にご覧いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。個人的には奈良から両親が見に来てくれて少しばかり親孝行ができたのがよかったのですが、博多駅から博物館まで来るバスが分からずよたよたの珍道中だったという話を聞くにつけ、父も母も老いたなあ・・としみじみ感じます。
今回は人の死と直接関係する浄土教美術がテーマでした。お客様も両親と同じ年代の方が多く、やがてあの世に旅立つことを意識して見に来られた方も少なくなかったのではと思います。ギャラリートークでもそれを前提にいろんな話をしましたが、阿弥陀来迎図(らいごうず)の前では人を飛行機にたとえたこんな話をしていましたので、最後にご紹介しておきます。


人間は生まれたときは自分と他人の区別がつきません。だから世界と自分は一体で幸福なのです。でもやがて「パパ」「ママ」という言葉を覚えた瞬間に、おそらくは自分と他人との区別ができ、成長するとさらに多くの言葉を覚え、世界と自分はどんどん離れていきます。つまり存在として寂しくなるのです。
寂しいから家族や恋人や友だちと関係(愛情でも憎しみでも)をつくらないと不安で生きづらいのです。スマホが手放せないのも、スポーツ観戦に熱狂して一体感を味わうのも同じことかもしれません。
生きるということは飛行機が離陸して大地と離れるようなものだから、そもそも不安定でいつ墜ちるかわからないような危険を潜在的に抱えていることになります。そして飛ぶ距離や高さは人それぞれでも、必ずその飛行機は燃料がつきて再び着陸するときがきます。
♪「当機はまもなく高度を下げ、最終の着陸態勢に入ります。いまいちどシートベルトをご確認ください・・」
そのとき暗闇や霧の中でも手動操縦で着陸できるといいのですが、誰もが初めての経験だし普通の人はそんなこと無理でしょう。そこで飛行機を空港に導く誘導灯や管制レーダーが必要になってきます。
念仏によって阿弥陀如来と結ばれるという浄土思想は、結局のところ「阿弥陀空港」の管制にすべてを任せて自動操縦で安全に着陸する、つまり安心して人生を終える一つの方法だと思うのです。もちろん空港は阿弥陀空港だけではなくキリスト国際空港や観音空港、ご先祖様空港などいろいろあるわけですが。
いずれにしても安全に着陸できることが分かっていれば、フライト(人生)も楽しくなりますよね。
てなわけで、5月から(ARTNEでは9月)続けてきたこのブログもこれで最後です。恥をさらしていろいろ書きましたが、同業者をはじめ多くの方々から応援の声をいただきました。この場を借りてあつくお礼申し上げます。 m(_ _)m


=2018年11月5日福岡市博物館ブログに掲載=(最終回)

 

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini bfb2389588
終了間近

新収蔵品展2016-2019年

2019/03/28(木) 〜 2019/06/25(火)
福岡アジア美術館

Thumb mini 295d5e2f24
終了間近

永青文庫展Ⅴ
細川幽斎 文華のDNA
―当代随一の教養人 幽斎―

2019/05/27(月) 〜 2019/06/29(土)
肥後の里山ギャラリー

Thumb mini d0c04aa190
終了間近

「精神の風景」

2019/06/08(土) 〜 2019/06/29(土)
EUREKA エウレカ

Thumb mini cf9735bbbe
終了間近

常設展「花鳥風月~花鳥編~」

2019/04/05(金) 〜 2019/06/30(日)
行橋市増田美術館

Thumb mini d6254284c4
終了間近

フィンランド陶芸
芸術家たちのユートピア

2019/04/20(土) 〜 2019/06/30(日)
山口県立萩美術館・浦上記念館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 86df2d5b57
ニュース

笑い飯哲夫のおもしろ仏教講座 福岡市博物館で開催決定!

Thumb mini 5df594b110
レポート

天か地獄か、死者は10人の王に裁かれる -エンマと地蔵菩薩-【レポート】

Thumb mini 21182b5b9c
連載記事

追悼人間国宝中島宏展によせて 元名護屋城博物館長 東中川 忠美さん 古武雄再評価に尽力―連載【コラム】

Thumb mini 3ca7a2592d
連載記事

追悼人間国宝中島宏展によせて 写真家 山崎 信一さん 挑む姿と執念に共鳴―連載【コラム】

Thumb mini 50ea4bc07e
連載記事

追悼人間国宝中島宏展によせて 陶芸家 浦郷 好文さん 「酔陶会」で武雄をけん引―連載【コラム】

特集記事をもっと見る