九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  コラム ›  独眼竜が来た 福岡市博物館<中>            鷹の返礼に贈った名刀【コラム】

独眼竜が来た 福岡市博物館<中>            鷹の返礼に贈った名刀【コラム】

2022/10/21 LINE はてなブックマーク facebook Twitter
伊達政宗に贈られた豊臣秀吉秘蔵の太刀「鎺国行」

 伊達政宗が晩年まで愛用した刀剣4口のうちの一振りです。「鎺国行(はばきくにゆき)」という号の由来は、鎺(鞘(さや)に刀身を固定する金具)に作者名「国行」の文字が刻まれたことによります。国行は京都の来派(らいは)の実質的な祖にあたる刀工です。

 手元と先端部の幅の差が少ない堂々とした姿に地鉄の鍛えは優れ、板目のような肌合いに地沸(じにえ)(キラキラした微粒子)が細かく付き、うっすらと乱れ映り(古刀に特徴的な地鉄に現れた白い影)が立っています。刃文の焼き幅は広く足・葉・金筋・砂流(すなが)しといった細かく多彩な模様が見どころです。

 豊臣秀吉がこの太刀を政宗に贈ったのは、政宗が鷹(たか)を献上した返礼でした。秀吉は各地の名鷹(めいよう)を集めましたが、政宗の鷹を「別しての逸物(いちもつ)」とたたえ、8カ月にわたり熱望し、ようやく入手しました。秀吉の近臣・富田一白が政宗に宛てた手紙には「殿下様(秀吉)が一段と御秘蔵の御太刀」であり「天下に隠れなき」名刀であることが述べられています。 (福岡市博物館学芸員・堀本一繁)

             ◇    ◇    ◇

 福岡市早良区の市博物館で11月27日まで特別展「独眼竜 伊達政宗」が開催中。

=(10月21日付西日本新聞朝刊に掲載)=

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini e94aa74136
終了間近

バンクシーって誰?展

2022/12/17(土) 〜 2023/03/26(日)
福岡アジア美術館

Thumb mini 102a894c51
終了間近

色絵と染付
─ 華麗なる装いのうつわ

2023/01/13(金) 〜 2023/03/26(日)
出光美術館(門司)

Thumb mini dc0dd0afdc
終了間近

KKT熊本県民テレビ開局40周年記念
ジブリパークとジブリ展

2023/01/20(金) 〜 2023/03/26(日)
熊本県立美術館

Thumb mini 09efbae035
終了間近

創業200周年記念
フィンレイソン展
―フィンランドの暮らしに愛され続けたテキスタイル—

2023/01/21(土) 〜 2023/03/26(日)
長崎県美術館

Thumb mini be736fffae
終了間近

特別展「山下清東海道五十三次展」

2023/02/25(土) 〜 2023/03/26(日)
行橋市増田美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 3bdc4c7194
コラム

独眼竜が来た 福岡市博物館<上>            遺志守った両眼の肖像【コラム】

Thumb mini b49b3309dd
コラム

武勇 教養併せ持つ「独眼竜 伊達政宗」展 福岡市博物館で 作家・加来耕三さん紹介【コラム】

Thumb mini d45e61006a
コラム

独眼竜が来た 福岡市博物館<下>            鉄砲玉に耐える防御力【コラム】

Thumb mini a9fa77a00a
コラム

【魅惑の唐三彩-シルクロードの恵み展、江戸絵画の華など!】2023年度、出光美術館(門司)の注目展覧会

Thumb mini 634a2f8946
コラム

【日本を代表する切り絵作家の展覧会など】2023年、宮崎県立美術館の注目展覧会!

特集記事をもっと見る