九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  コラム ›  九州派……時代を駆け抜け、なお美術の第一線 田部光子さんトーク【コラム】

九州派……時代を駆け抜け、なお美術の第一線 田部光子さんトーク【コラム】

2019/08/14 LINE はてなブックマーク facebook Twitter
トークショーで「九州派は面白かった。私の母体だった」と振り返る田部光子さん

 福岡市中央区渡辺通3丁目で「3丁目芸術学校」を主宰する美術家田部光子さんが7月中旬、トークショーを開いた。1950~60年代に「九州派」で前衛芸術の限りを尽くし、以後も第一線で走り続けた33年生まれの大ベテラン。持ち前の歯に衣(きぬ)着せぬ弁舌でこれまでの歩みを振り返り、会場を沸かせた。
 兄に勧められ絵を始めた田部さんは、「おまえの方がうまいと褒められ絵描きになった」。57年から参加した九州派に話が及ぶと、当時の熱気を思い出したのかトークにも力がこもった。「荒くれ者ばかりで、いつも酒を飲んでは議論をし、けんかになった。警固公園(福岡市)で座っていたら、目の前に(メンバーの)オチオサムが投げ飛ばされて落ちてきた」
 当時、田部さんはグループの会計を担当。「男は飲んでお金を使ってしまうから私が管理した。だから九州派は続いた。私で持っていた」と胸を張った。
 妊娠をきっかけに61年、代表作の一つ「人工胎盤」を発表。マネキンの腰の部分を切り取りさまざまな物質を貼り付けた作品は、後にフェミニズムの文脈から高い評価を受けた。「人工胎盤があったら楽だろうな、自分で子どもを抱えんでいいし。という単純な理由」が発案の背景だったと明かした。
 90年代からニューヨークでも個展を開き好評を博したという。彼の地でも並べたもう一つの代表作、リンゴをモチーフとした作品群は、ある日、何気(なにげ)なく見たリンゴに「これは宇宙かな。宇宙がその辺に転がっとる」とほれ込み、手掛けるようになった。その一方、「リンゴは絵になるが、一生をかけたテーマではない。もう何ともできん。才能がない」とも語った。
 トークでは一貫して「思いつき」「アイデアが出てきたら即実行」と繰り返した田部さん。九州派メンバーの影響を色濃く受け、軽やかな反射神経で時代を駆け抜けた美術家の核心が垣間見えた。 (藤原賢吾)=8月5日西日本新聞朝刊に掲載=

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini f08d438c40
終了間近

川喜田半泥子展

2021/09/18(土) 〜 2021/12/12(日)
行橋市増田美術館 

Thumb mini 439983f7e0
終了間近

開館5周年記念
九州洋画Ⅱ:大地の力
— Black Spirytus

2021/09/18(土) 〜 2021/12/12(日)
久留米市美術館

Thumb mini 929fb0775e
終了間近

企画展
寄贈名品100選-肥前からアジアの陶磁器まで-

2021/10/08(金) 〜 2021/12/12(日)
佐賀県立九州陶磁文化館

Thumb mini 2bb5b2c199
終了間近

特集展示 琉球王国文化遺産集積・再興事業 巡回展
手わざ – 琉球王国の文化 –

2021/10/19(火) 〜 2021/12/12(日)
九州国立博物館

Thumb mini 7aeae399af
終了間近

DRAG QUEEN No Light, No Queen photo by nagi yoshida

2021/11/30(火) 〜 2021/12/12(日)
福岡市美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini 6b8897373d
コラム

「九州派」の作品を展示 9月末まで由布市・空想の森美術館【コラム】

Thumb mini 2e84a7ec0d
コラム

前衛芸術集団「九州派」の資料室開設へ。谷口利夫さんアトリエを改装【コラム】

Thumb mini 88f22a28d5
コラム

アートが占う九州の未来 博多阪急で「九州派」展と「Kyushu New Art」

Noimage
コラム

東京でも異彩放つ「海の幸」 ※西日本新聞me有料会員限定記事

Thumb mini 485d5345b5
コラム

半泥子の「福岡びいき」 個人蔵の茶碗や書画紹介 行橋市増田美術館  ※西日本新聞me有料会員限定記事

特集記事をもっと見る