九州、山口エリアの展覧会情報&
アートカルチャーWEBマガジン

ARTNE ›  FEATURE ›  連載記事 ›  遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<18>【連載】遠隔通信のヴィジョン提示 学校は安全かも問う先見性

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<18>【連載】遠隔通信のヴィジョン提示 学校は安全かも問う先見性

2020/07/03 LINE はてなブックマーク facebook Twitter

 新型コロナウイルス感染症の蔓延(まんえん)以降、いっせいに沈滞化した大規模エンターテインメントを尻目に、累計で160万部を突破する爆発的なヒットを記録したのが、フランスのノーベル賞作家アルベール・カミュによる、その名も『ペスト』だ。SF小説の分野では、スペイン風邪ならぬ「チベットかぜ」に端を発し、やがて生物化学兵器としての本性を剥(む)き出しにした「たかが風邪」が、またたくまに人類を滅亡の淵に追い込む小松左京『復活の日』も、1964年という前回の東京五輪開催の年に書かれたことがあり、話題となっている。小松がのちに世に問う『日本沈没』(1973年)が、あたかも東日本大震災を先取りしたかの描写に満ちていたことと併せ、まさに予言的な作家と呼ぶことができるだろう。

 だが、小松が『復活の日』を発表する2年前に生まれ、『日本沈没』の頃に思春期を迎えようとしていた私の世代にとって、ペストと聞いて真っ先に思い浮かべる作品は、日本を代表する恐怖マンガの巨匠、楳図かずおによる代表作のひとつ『漂流教室』のほうなのだ。さらにこの作品は、本連載のタイトル「遮られる世界」とも、たいへん深い関わりを示している。

楳図かずお「漂流教室」(小学館文庫)

 なぜ漂流なのか。主人公の高松翔が通う大和小学校はある朝、原因不明の大爆発により未来世界に飛ばされてしまう。だが、そこは人類が滅亡したあとの生命の糧が枯れ果てた希望なき世界だった。頼りになるはずの大人が理性を保てず、発狂して殺人鬼となり、生徒が一人またひとりと命を落としていくなか、突如としてペストが発生する。狭い学校の敷地に閉じ込められ、なすすべもなく黒い死の斑点を肌にあらわに倒れていく級友たち。やがて翔も罹患(りかん)し、絶望の果てで、時間も空間も遠く彼方(かなた)に引き離された母に、届くはずもない特効薬を懇願する。

 しかし、それが翔たちのところに届くのだ。周囲から絶望視され、爆発で全員死亡したと安易に片付けられるなか、ひとり翔たちは死んでいないと絶対に望みを捨てない母が、精神に異常をきたしたと疎まれながらも、未来世界の地下室に残されていたミイラのからだを通じて、遠隔で漂流する教室につながる道筋を発見したのである。

 私がこの『漂流教室』に、現行のパンデミック下でのリアルさを感じるのは、なにも世代的な背景だけではない。というのは、いま少しだけ触れたとおり、本作は致死性の感染症の爆発的拡大の恐ろしさを予言的に描いただけではない。そのような状況下で、遠隔通信がきわめて重要な意味をなすことを取り上げた点で、作者の楳図かずおの先見性には、きわめて特異で、なおかつ示唆に富むものがある。

 むろん、この作品が書かれた時代には、現在のようなインターネットによるリモート技術や宅配便はまったく存在していない。せいぜいが電話くらいだ。にもかかわらず作者の楳図は、空間的に距離を置くだけでなく、時間的にも遠く引き離された場所との生々しいやりとりを描くことで、当時のメディアを遥(はる)かに超えた遠隔通信のヴィジョンを提示している。

 それだけではない。はたして「学校」は安全なのか、断念してわずかでも「帰宅」の可能性を探るべきか--そして授業ができないなか、どうやって学習や成長は可能かを争点とした点で、『漂流教室』は、パンデミック下での学校のあり方や「ステイ・ホーム」の是非を先取りしていた。(椹木野衣)

=7月2日付西日本新聞朝刊に掲載=

 

椹木野衣(さわらぎ・のい)
美術評論家、多摩美術大教授。1962年埼玉県生まれ。同志社大卒。著書に「日本・現代・美術」「反アート入門」「後美術論」「震美術論」など。

おすすめイベント

RECOMMENDED EVENT
Thumb mini f92f35b568
終了間近

ねこ休み展 in 福岡

2020/07/31(金) 〜 2020/08/10(月)
福岡パルコ 5階特設会場

Thumb mini c85765d1db

白馬のゆくえ
小林萬吾と日本洋画50年

2020/06/20(土) 〜 2020/08/23(日)
久留米市美術館

Thumb mini 3a299921b6

下関市立美術館所蔵品展 No.153
藤田隆治とオリンピック/夏休み美術探偵

2020/07/15(水) 〜 2020/08/23(日)
下関市立美術館

Thumb mini 2de0f0e0ce

九州国立博物館開館15周年記念特集展示 大宰府史跡指定100年記念
筑紫の神と仏

2020/06/02(火) 〜 2020/08/30(日)
九州国立博物館

Thumb mini 3515bb263b

高鍋町美術館館蔵名品選展

2020/06/02(火) 〜 2020/08/30(日)
宮崎県高鍋町美術館

他の展覧会・イベントを見る

おすすめ記事

RECOMMENDED ARTICLE
Thumb mini b73230716b
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<17>【連載】予言的なChim↑Pom㊦ 21世紀に突如暴露された 隠された都市の野蛮な顔

Thumb mini 82321092b5
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<16>【連載】予言的なChim↑Pom㊤ 「都市の害獣」表現する集団 19世紀 英コレラ禍を作品化

Thumb mini 62c49cae77
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<15>【連載】麻生財務相発言をめぐって 透けた欧米との違い 「民度」ではなく死生観

Noimage
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣<14>【連載】芸術にとっての手や顔 不気味さに向かっていた高村光太郎の著名な彫刻

Thumb mini b58c6a36af
連載記事

遮られる世界 パンデミックとアート 椹木野衣 <13> 世界と地球の差 内へ内へと沈み込み 呼び覚まされる感覚【連載】

特集記事をもっと見る